炊きたてごはんのおいしさを科学する

炊きたてごはんのおいしさを科学する

炊きたてのホカホカごはんがおいしい秘密は何でしょう。輝くような白いごはんからほのかに立ち上がる湯気とおいしそうな香り。口に入れた途端に広がるふっくらした食感とかすかな甘さ。想像しただけで食欲をそそる炊きたてごはんのおいしさの理由をちょっと科学的に探ってみましょう。


炊きたてのごはんがおいしい理由(わけ)。

五感で味わうごはんのおいしさの要素。

人はごはんのおいしさを五感で感じ取っています。炊きあがったごはんの白さや光沢を視覚で感じ、立ちのぼるほのかな香りは嗅覚で感じ取ります。口に入れると米粒の粘りや弾力、噛んだ時の歯ごたえや舌ざわりが触覚を刺激し、噛むほどに広がるかすかな甘みを味覚で味わうことで「炊きたてのごはんはおいしい」ということになります。

五感とお米の食味

視覚光沢と白さ
嗅覚ほのかな香り
味覚かすかな甘さ
触覚適当な粘り、弾力性、歯ごたえ、舌ざわり

こうしたごはんの食味はお米の品種・産地・栽培方法によって微妙に違ってきますし、収穫後の乾燥や保管の仕方も影響を与えます。また炊く前のお米の洗い方や水に浸けておく時間、炊きあがった後の蒸らし時間なども食べた時のおいしさと深い関係があります。
お米を生産する人から流通に携わる人、調理する人から食べる人まで、ごはんのおいしさは多くの人にリレーされて、私たちの食卓に届きます。

炊きあがった瞬間から始まるごはんの「老化」。

デンプンの変化

デンプンの糊化(α化)

お米にはアミロースとアミロペクチンという2種類のでんぷんが含まれています。日本人が好むふっくらと粘り気のあるごはんになるお米は、アミロースが20%以下のうるち米で、水と熱を加えるとでんぷんが糊のような状態(糊化=α化)になって粘りが出ます。お米を水に浸けて炊くというのはこのプロセスです。

デンプンの老化(β化)

ところが炊きあがったごはんをそのままにしておくと一旦糊化したでんぷんがまた元の状態に戻ってしまいます。これがでんぷんの老化=β化と呼ばれる現象で、老化が進むとせっかくのごはんがパラパラになったり硬くなったりしてしまいます。炊きあがったごはんは水分を多く含んでおり、pHも中性になっているので老化が進みやすい状態です。またごはんのおいしさの素であるアミロースも老化が早いので、炊飯ジャーなどに入れておいても炊きたてのおいしさを保てるのは5時間ぐらいと言われます。

ごはんの老化に影響すること

温度・60℃以上の温度で放置しておくと、老化は起りにくい。
・2~3℃の温度は、老化しやすい。
★冷蔵庫にごはんやパンを入れると、老化が進む。
水分・水分10~15%では、老化は起らない。
・水分30~60%では、最も老化しやすい。
★ごはんやパンは老化しやすい。
pH・中性は老化しやすい。
・酸性、アルカリ性は老化しにくい。
★白飯は中性で老化しやすく、酢飯は酸性で老化しにくい。
アミロース/アミロペクチン・アミロペクチンより、アミロースの方が老化しやすい。
★アミロース含量の高いうるち米は、もち米よりも老化しやすい。

おいしさを閉じ込めておく方法がある。

でも炊きたてのおいしさを保つ方法もあります。
ごはんをそのまま冷蔵庫に入れるのは逆効果。2~3℃の温度ではでんぷんの老化が進んでしまいます。保存するなら、炊いたごはんを小分けにしてラップ上にふんわりと広げ、粗熱が取れた後で冷凍しましょう。でんぷんの老化が始まる前に冷凍することで炊きたてのおいしさを閉じ込めることができます。また酢飯にしたり、梅干しと一緒におにぎりにすると中性のごはんが酸性になって老化の進行を遅らせることができます。

最も上手なごはんの保存方法

目に見えないお米のでんぷんの変化がごはんの味を大きく左右します。炊きたてのほかほかごはんのおいしさは、ある意味で生鮮食品のようなフレッシュな味と言えるかもしれませんね。

1. 炊上がったごはんは、粗熱をとり、ラップに小分けし平らにします。

2. 冷めないうちに冷凍することで、鮮度が保たれます。

3. 電子レンジなどを利用し、おいしくいただくことができます。
★冷凍したご飯は、2~3週間で使い切りましょう。

この記事のライター

関連する投稿


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


奥渋で味わう福井の味 ビブグルマンに選ばれた「四季ごはん 晴れ間。」

奥渋で味わう福井の味 ビブグルマンに選ばれた「四季ごはん 晴れ間。」

「ビブグルマン」レストランでも初めておにぎりやさんが選ばれたと話題になっています。今回ご紹介する代々木八幡「四季ごはん 晴れ間。」も、お米が評判でビブグルマンに毎年連続して選出されています。Daisyも惚れ込んだこのお店、ばっちりルポしました♪


【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

下北沢の「イニングプラス」は、かつてヤクルト・西武・日本ハムに在籍されていた元野球選手米野智人さんが引退後にオープンされたグルテンフリーのお店。こだわり食材を使ったお料理がとても美味しいので、グルテンフリーに興味のある方も、そうでない方もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか♪


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【和良自由が丘工房】岡山県産コシヒカリ米粉で作る米粉パン専門店

【和良自由が丘工房】岡山県産コシヒカリ米粉で作る米粉パン専門店

私たちが毎日食べるお米(うるち米)は、粉砕し米粉としても多く利用されています。 今回ご紹介する「和良自由が丘工房」は、岡山県吉備中央町産コシヒカリで作られた吉備しあわせ米粉を8割使用した米粉パン専門店です。米粉で作るモチモチ食感のパンは、アミノ酸を多く含み健康にも優れ、腹持ちも良いですよ。


最新の投稿


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第13回】真夏の冷たいおみそ汁、ツナ缶の「冷汁」

昼も夜も暑さが続いて、食欲減退している方も多いのではないでしょうか。そんなとき、さっぱりと栄養が摂れるお助けメニューが「冷汁」です。宮崎の郷土料理で、本式は少々手間がかかりますが、ご家庭で手軽に作れるようツナ缶でアレンジしてみました。お好みの香味野菜と合わせて、夏の食欲増進にお役立てください。


【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

【お米クイズ】第57回:お米の品種と用途

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第57回はお米の品種と用途についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第12回】甘くてクリーミー!とうもろこしの「すり流し」

とうもろこしの美味しい季節。茹でたり焼いたりもいいですが、汁物もおすすめです。今回はトロリとまろやかな「すり流し」に仕立ててみました。一般的なおみそ汁とは見た目もお味もずいぶん違いますが、お出汁と味噌で作った立派なおみそ汁の一種です。旬の甘いとうもろこしで、ぜひお試しください。


【お米クイズ】第56回:作況指数とは

【お米クイズ】第56回:作況指数とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第56回は作況指数についてです。