朝日山だからこそ話せるエピソードを紡ぐ「朝日山で、話そう。」

朝日山だからこそ話せるエピソードを紡ぐ「朝日山で、話そう。」

新潟の日本酒蔵元「朝日酒造」の代表銘柄「朝日山」の新TVCM「朝日山で、話そう。同級生篇」が、2018年4月2日(月)より新潟県内で放送されます。これに併せて特設WEBページを開設し、TVCMのストーリーをより深く楽しめるショートムービーを公開します。


朝日山で、話そう。

新潟県にある日本酒の蔵元「朝日酒造」の代表銘柄である「朝日山」は、新潟県内を中心に親しまれている淡麗辛口の新潟清酒です。普通酒から純米大吟醸まで、幅広いラインナップを取り揃えています。

TVCMとショートムービーは、朝日山がつなぐ、日常の中での友人や家族、恋人などとの話を表現しています。第1弾「朝日山で、話そう。同級生」篇では、久々に会った同級生同士の、今だから話せる想い出話を描いています。5月に第2弾、6月に第3弾の放送、さらに、フォトグラファー市橋織江さんによるグラフィックの公開も予定しており、朝日山だからこそ話せるエピソードを“普段の生活の中で共感できる物語”として紡いでいきます。

「朝日山でなら話せること、話したいことがある。朝日山で、話そう。」

朝日山が人と人とをつなぐものでありたい、という想いを込めて、ロゴは朝日をイメージした赤のラインで、重なり合うお猪口を一筆書きで表現。朝日酒造は、2020年の会社設立100周年に向けて、一人ひとりのお客様にとってのストーリーと、日本酒を通じた新しい美味しさの追求に取り組んでいきます。

TVCM概要

タイトル:「朝日山で、話そう。同級生」篇 30秒
放送開始日:2018年4月2日(月)
放送地域:新潟県内
音楽:EVISBEATS 「いい時間」
4月放送の「同級生」篇を皮切りに、5月に第2弾、6月に第3弾の公開を予定しています。

「朝日山で、話そう。同級生」篇 CMストーリー

久々に会った友に、謝りたかった小さなこと。外回りしている営業マン(左:山ちゃん)が小学校の同級生(右:タケ)と美容室で偶然出会う。タケは美容師をしており、せっかくなので山ちゃんはタケに髪を切ってもらうことに。山ちゃんはタケに髪を切ってもらいながら、ふと何かを思い出す。小学校の時、自分が窓ガラスを割ったのに、タケのせいにしてしまったことを。
仕事が終わった後、二人は飲むことに。山ちゃん「あん時は、本当ごめん!」。タケ「謝られてもオレ、全然覚えてないし。」と笑う。山ちゃんは救われたような、安堵したような表情で「朝日山 純米吟醸」を味わう。あの頃と変わらない友達と飲める夜に感謝する二人。ずーっと謝りたかったことがある。酒の力をかりる夜があってもいいよね。朝日山で、話そう。

「朝日山で、話そう。」特設ページ

朝日酒造ホームページ内に、「朝日山で、話そう。」特設ページを4月2日(月)から公開します。特設ページでは、TVCMの他、TVCMのストーリーをより深くお楽しみいただけるショートムービーも公開します。さらに、話したい内容に合わせた朝日山の商品も紹介します。
URL:http://www.asahi-shuzo.co.jp/asahiyama-hanasou
公開日:2018年4月2日(月)

グラフィック

数々の広告や雑誌、アーティストの写真や映画の映像撮影を手掛けるほか、写真展や写真集での作品発表も行なっている、今話題のフォトグラファー、市橋織江(いちはし・おりえ)さんによるグラフィックも公開。6月から展開を予定しています。

朝日山について

1830(天保元)年に創業した新潟県長岡市にある酒蔵「朝日酒造株式会社」の代表銘柄です。丸いラベルに髭文字で書かれた朝日山は、長年、新潟県内で広く親しまれている淡麗辛口の新潟清酒です。

この丸いラベルに加えて、これまでのロゴから刷新した新たなラベルで「朝日山 純米吟醸」を2016年7月に新発売し、今回のCMには、本商品を起用しています。透き通った穏やかな香りで、口に含むと爽やかなうまみを感じる純米吟醸酒です。

5月、6月と新たなストーリーが展開するなかで、朝日山シリーズの商品が登場します。

朝日酒造株式会社 | 新潟の日本酒蔵元

http://www.asahi-shuzo.co.jp/

新潟県にある日本酒の蔵元「朝日酒造」公式サイト。新潟の米と水を使って醸す「朝日山」「久保田」「越州」「越乃かぎろひ」をはじめ、季節限定酒、日本酒へのこだわり、お近くの販売店などをご紹介。

この記事のライター

関連する投稿


「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


浅田真央さん、“第二の故郷”新潟で稲刈り初挑戦!  ♪また 新潟に来ました 可憐な歌声もCMで披露

浅田真央さん、“第二の故郷”新潟で稲刈り初挑戦! ♪また 新潟に来ました 可憐な歌声もCMで披露

フィギュアスケート元世界女王の浅田真央 さんをCMキャラクターに起用した、全国農業協同組合連合会 新潟県本部(JA/JA 全農にいがた)の新TVCM「新潟米コシヒカリ 収穫篇」が2018年10月1日(月)より関東・関西・中部・ 新潟・静岡で放映開始されました!!


【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

佐賀県の株式会社峰松酒造場は、2018年5月26日(土)より『幻の米「龍の瞳」で40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒』をコンセプトに、九州初となる佐賀県産「龍の瞳」100%使用の日本酒『肥前浜宿 龍の瞳 純米吟醸 無濾過原酒』を数量限定各1000本で同時販売開始します。


父の日限定のお酒「お父さん日本一」が福光屋から

父の日限定のお酒「お父さん日本一」が福光屋から

2018年6月17日(日)の父の日に向け、「お父さん 日本一」のメッセージを配した数量限定の純米大吟醸、特別純米菰冠、八年熟成本格米焼酎などが福光屋から発売されました。


クラウドファンディング風酒米作り2018 参加者募集中!

クラウドファンディング風酒米作り2018 参加者募集中!

おこめディア編集部も応援している「クラウドファンディング風酒米作り」。酒米の「愛山」を自ら育てて、茨城県の磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しめるという体験型のプロジェクトが、好評につき、2018年も参加者を募集しています!


最新の投稿


お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社は、「ライスジュレ」によって主食米の需要低迷など全国の米生産者、農業団体が抱える課題を解決する取り組みとして、「JAぎふ」とコラボレーションし、岐阜県産の米粉を使用したオリジナルのグルテンフリーフィナンシェ「お米でできたフィナンシェ」を発売しました!


「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

本場スペインの技術と、和の要素を取り入れた、日本人好みのパエリア専門店「PAEZO(パエゾー)」にて、2018年クリスマスディナーの予約受付スタート! 銀座の極上の夜景を楽しみながら至福のひとときを過ごすことができる、毎年大好評の特別プランでクリスマスの夜をお楽しみください。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?