“日本一厳しい” 7つの独自基準を満たす最高級米「ASAKAMAI887」プロジェクト始動!

“日本一厳しい” 7つの独自基準を満たす最高級米「ASAKAMAI887」プロジェクト始動!

郡山市米消費拡大推進協議会は、郡山産のブランド米「あさか舞(まい)」のフラッグシップとなる最高級ブランド「ASAKAMAI887(アサカマイハチハチナナ)」の生産に挑む「ASAKAMAI887」プロジェクトを始動しました。


「ASAKAMAI887」プロジェクトの背景

明治時代、「猪苗代湖」の豊富な水源を都市づくりに生かし原野を拓いた“安積(あさか)開拓”により、福島県郡山市は豊かな水田が広がる県内一の米どころとなりました。米づくりに最適な内陸型の気候と粘土質の土壌、猪苗代湖がもたらす清らかな水に恵まれ、郡山産のブランド米「あさか舞」は美味しいお米として評価されています。

しかし、震災以降、郡山産米の価格は全国平均から大きく下がり、現在も価格差は縮まることなく、多くの米が業務用として安価に扱われています。

このような状況の中、郡山産米の価値を向上し、先人たちが築いた米どころ郡山の地位と誇りを取り戻すべく、独自に設けた7つの高い基準を全て満たす“あさか舞コシヒカリ”「ASAKAMAI887」の栽培に取り組み始めました。

国内で毎年のように新品種が生まれ、いわば「ブランド米戦国時代」である昨今。本プロジェクトでは、米づくりの匠21人の技術と想いを結集し、日本の水稲の作付面積の3分の1以上を占める“お米の王様「コシヒカリ」”を極限まで磨き上げた「ASAKAMAI887」で挑みます。

「ASAKAMAI887(アサカマイハチハチナナ)」について

名称の由来について

米作りには、88の手間がかかると言われています。さらに、7つの厳格な基準をクリアしたお米のみが、この最高級米となります。名称は、この「88」と「7」という数字を組み合わせたものとしました。

ブランドロゴ

「887」になぞらえて、8角形2つと7角形1つを組み合わせて制作。

ASAKAMAI887の基準について

ASAKAMAI887は、次の7つの基準をクリアした「あさか舞」コシヒカリです。
1. 食味値:88点以上
2. タンパク質含有量:6.1%以下
3. ふるい目:2.0mm
4. 整粒歩合:80.0%以上
5. 特別栽培米
6. 農業生産工程管理(GAP)へ取り組むこと
7. エコファーマー認定者

詳細は下記のリンクをご覧ください。

日本一厳しい、7つの基準|ASAKAMAI 887

https://www.asakamai.com/#criteria

ASAKAMAI 887に設定された厳格な7つの生産基準は、どこよりも安全で美味しい最高級の米とその生産者の誇りを届けるために、全量全袋検査、風評払拭、特別栽培米、環境配慮など客観的指標を駆使して設定した、揺るぎない証です。

郡山産米「あさか舞(まい)」とは

「あさか舞」は、郡山市内でとれた「コシヒカリ」と「ひとめぼれ」の一等米です。
広大で肥沃な安積平野と郡山市の発展の礎となった安積開拓の「あさか」と、「美味しくて舞うような気持ち」になるという意味を組み合わせました。郡山のブランド米として市内のほか、東京や関西でも販売されています。

安積(あさか)開拓・安積疏水

明治時代、水利が悪く荒地が広がっていた郡山・安積の大地に、遠く猪苗代湖から山を越えて水を引いた安積疏水の開さく事業。そして、全国から約2,000人余りの士族が集い、原野を切り拓いた安積開拓。国営第1号となるこの大事業により、郡山は水田が広がる実り豊かな土地へと生まれ変わりました。安積開拓に懸けた先人たちの想いは、開拓者精神として現在も脈々と市民に受け継がれています。平成28年4月には、この安積開拓・安積疏水にまつわるストーリーが「日本遺産」に認定されました。

郡山市米消費拡大推進協議会について

「郡山市米消費拡大推進協議会」は、郡山市、福島さくら農業協同組合、福島県、市内の米穀業者等により構成された団体(会長:品川萬里 郡山市長)です。
郡山産米の生産体制の確立と販売促進、消費拡大を推進し、全国に誇れる一大産地としての地位を確保するとともに、米食を中心とする伝統的な日本型食生活の定着を進めるための活動を行っています。

究極の郡山ブランド米|ASAKAMAI 887

https://www.asakamai.com/

福島県郡山市のブランド米「ASAKAMAI 887(あさか舞)」。米どころ郡山の地位と誇りを取り戻すべく、独自に設けた7つの高い生産基準を全て満たす米「ASAKAMAI 887」の栽培に取り組むプロジェクトをご紹介しています。

この記事のライター

関連する投稿


宮城県産の新ブランド米『いざ初陣』『丸森町産こしひかり』販売開始!

宮城県産の新ブランド米『いざ初陣』『丸森町産こしひかり』販売開始!

地域ならではのブランド米の活躍がどんどん活発になっています!宮城県・丸森町の地域活性を目的に、丸森町産の新たなブランド米『いざ初陣』が10月10日(水)より、『生産者限定・丸森町産こしひかり』が10月9日(火)より販売開始になりました。


新之助×sirocaタイアップ記念プレゼントキャンペーン!

新之助×sirocaタイアップ記念プレゼントキャンペーン!

米どころ・新潟県が2017年秋に世に送り出したプレミアム米『新之助』。2018年の『新之助』は、世界初の本物の土鍋で炊き上げる炊飯器『かまどさん電気』を開発したシロカ株式会社とのタイアップを記念し、幸せな食卓をプレゼントするキャンペーンを実施します。


注目の新品種・新ブランド米まとめ

注目の新品種・新ブランド米まとめ

毎年全国からたくさんの新しいお米たちがデビューをしています。食文化の多様性から日本人の米離れと言われている中で、各県は高品質で安全な美味しいお米の開発に力を入れています。今回はこれから市場に流通するお米から、注目されている新品種や新ブランド米をピックアップしました。(2017年3月時点の記事です)


地方の注目のお米まとめ

地方の注目のお米まとめ

全国の注目のお米をピックアップしてみました。美味しいお米を食べたい!でもたくさん種類がありすぎて分からない・・・という方はぜひ参考にしてみてください。 今回は日本穀物検定協会の平成28年度、27年度の「米の食味ランキング」にて特Aランクに選ばれたお米をご紹介します。


最新の投稿


お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社は、「ライスジュレ」によって主食米の需要低迷など全国の米生産者、農業団体が抱える課題を解決する取り組みとして、「JAぎふ」とコラボレーションし、岐阜県産の米粉を使用したオリジナルのグルテンフリーフィナンシェ「お米でできたフィナンシェ」を発売しました!


「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

本場スペインの技術と、和の要素を取り入れた、日本人好みのパエリア専門店「PAEZO(パエゾー)」にて、2018年クリスマスディナーの予約受付スタート! 銀座の極上の夜景を楽しみながら至福のひとときを過ごすことができる、毎年大好評の特別プランでクリスマスの夜をお楽しみください。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?