日本初!創業330年の老舗酒蔵が朝食専用のあま酒『あさあま』を発売開始

日本初!創業330年の老舗酒蔵が朝食専用のあま酒『あさあま』を発売開始

元禄元年創業、佐賀県の合資会社光武酒造場が、4月3日(火)より、佐賀県のもち米を使用した朝専用あま酒『あさあま』を新発売します。『あさあま』は、「時間がない朝、朝食代わりに!!~コップ一杯のあさあまを~」をコンセプトに、今までになかった朝に飲む専用の甘酒です。


時間がない朝、朝食代わりに!!~コップ一杯のあさあまを~

朝専用あま酒の開発背景

忙しい一日のスタートであっても、美味しく健康的で豊かな朝食をとってもらいたい。

そんな想いから、光武酒造場は330年もの間培ってきた醸造技術をもとに、手軽に飲める「朝専用」あま酒『あさあま』を商品化しました。
『あさあま』は、そのまま飲むことができ、尚且つ優しい甘さとスッキリとした味わいに仕上がっています。

あま酒は、疲労回復効果や寝起きの身体を温めてくれる効果があり、朝に飲まれることの多いドリンクです。中でも『あさあま』は、もち米を使うことで白米から造られたあま酒よりも腹持ちが良く、朝食に適しています。

このように日本で初めて朝食に特化させた『あさあま』は、登校前の子供や、忙しい朝の主婦、サラリーマン、OLの方たちの栄養補給にオススメです。
ノンアルコールなので、子供やご年配の方でも安心して飲むことができます。

『あさあま』がなぜ「朝専用」なのか?

①忙しい朝の時間でもすぐに飲めるから
②朝に効く疲労回復麹ドリンクだから
③もち米製法で昼まで続く満足感を得られるから
④朝にふさわしいスッとした酸味と、フゥと落ち着く甘味だから

佐賀県産もち米「ヒヨクモチ」と長年の酒造りの技術を活かして造った麹を使用することで、従来のあま酒に比べて癖のないやさしい甘さになりました。
糖類は一切使用せず、麹のデンプンを糖化させて自然な甘さを引き出しています。あま酒は、江戸時代より夏に飲む栄養ドリンクとして親しまれてきた健康飲料です。夏はもちろん、冬には温めて飲んでも美味しく飲むことができます。

また、もち米を使用することにより、白米よりももち米のほうが腹持ちが良く、食物繊維も豊富なのでダイエットにもおすすめです。

もち米あま酒『あさあま』商品概要

商品名:もち米あま酒『あさあま』
価格:780円(税別)/個
内容量:500ml
原材料:もち米(国産)、米糀(国産)
販売期間:2018年4月3日(火)

光武酒造場について

光武酒造場のある鹿島市浜町は、江戸時代から酒造りが盛んで、酒蔵が多く残っています。その街並みは通称「酒蔵通り」とも呼ばれています。数ある酒造の中でも光武酒造場は「伝統の中からの革新」を合言葉に、時流を的確につかみ、昔からの酒造りの伝統は守りながらも一つ一つの製品の品質向上のため絶え間のない努力を続けています。目指すのは、お酒の美味しさが人々の気持ちを豊かにし、沢山の人々が幸せを感じられるような酒造り。飲んでいただいているお客様、販売に携わっている方々、そして社員全員が誇れる蔵元を目標に、今日も一生懸命酒造りに励みます。

創業:元禄元年(1688年)
企業理念:酒造りは人づくり

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第16回:もち米と○○米について

【お米クイズ】第16回:もち米と○○米について

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第16回はもち米と○○米についてです。


甘酒にセラミドをプラス。養命酒製造から美容系の甘酒が登場。

甘酒にセラミドをプラス。養命酒製造から美容系の甘酒が登場。

養命酒製造株式会社から、セラミドを配合した「甘酒」が2018年3月26日(月)より発売されます。健康にも美容にも嬉しいちょっと新しい甘酒です。


【ごはん歳時記 3月】ひな祭りとお米の、切っても切れない関係

【ごはん歳時記 3月】ひな祭りとお米の、切っても切れない関係

ひな祭りには欠かせないメニューがいっぱいありますね。 「ちらし寿司」「ひし餅」「雛あられ」「白酒」、これみんな素材は「お米」。 お米の国ニッポンのお祭りとお米の、切っても切れない深い縁です。


【2017年好調カテゴリーランキング】今年も甘酒がトップ!

【2017年好調カテゴリーランキング】今年も甘酒がトップ!

2017年の「消費者の平均購入金額がアップした日用消費財」を見てみると、伸び率のトップ3に「甘酒」「米飯用穀物(もち麦など)」がランクイン!意識調査の結果から好調の理由がクローズアップされました。


おしゃれごはんカフェ「GOHANYA' GOHAN」でごはんもスイーツも楽しむ

おしゃれごはんカフェ「GOHANYA' GOHAN」でごはんもスイーツも楽しむ

みなとみらいのオフィスビルの入り口にあるごはんカフェ。今年8月にオープンした「GOHANYA' GOHAN」は、かわいいインテリア内装がうれしい、気軽に入れる本格ごはん定食のお店です。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。