地方の注目のお米まとめ

地方の注目のお米まとめ

全国の注目のお米をピックアップしてみました。美味しいお米を食べたい!でもたくさん種類がありすぎて分からない・・・という方はぜひ参考にしてみてください。 今回は日本穀物検定協会の平成28年度、27年度の「米の食味ランキング」にて特Aランクに選ばれたお米をご紹介します。


ななつぼし(北海道)

ななつぼしは、「ひとめぼれ」と「あきほ」をかけあわせた品種で、北海道内の生産量・消費量ともに1位になっているお米です。平成28年度産で、7年連続で最高ランクの特Aの評価を受けている実力も素晴らしいですね。
お米に艶、粘り、コシがあって、甘味のバランスも絶妙です。冷めてもおいしさが長持ちするので、お弁当やお寿司にぴったり合います。

つや姫(山形)

つや姫は山形県発祥のお米で、大変人気のある品種です。発売以来特Aランクを取得していてお米の美味しさも折り紙つきです。名前の通りつやが印象的なお米で、炊き上がりはツヤツヤとしていて、もちもちとした食感が特徴です。甘味と旨味と粘りのバランスが絶妙で日本食にぴったりなお米です。
人気のつや姫は山形県以外でも多く生産されていて、他の地域でも特Aランクを取得しています。産地ごとにつや姫を食べ比べてみてもいいですね。

なすひかり(栃木 県北)

なすひかりは母が「コシヒカリ」、父は「愛知87号」の栃木県のオリジナルのお米です。名前の由来は那須高原の「なす」と「コシヒカリ」の特徴を引き継いでいることから「ヒカリ」をとって「なすひかり」と命名されました。
お米の粒が大きくて、しっかりとした味わいが特徴。ツヤと甘味と香りがしっかりあり、粘りはコシヒカリよりも強めで食べごたえがあるお米です。平成27年度に特Aランクを取得しています。

あきさかり(福井)

あきさかりは福井県で生まれたブランド米です。「美白米」と言われるほど精米白度が高いお米です。
粘りがあり、もちもちしたお米で炊き込みご飯との相性が合うでしょう。2012年にはANA国際線のファーストクラスとビジネスクラスの機内食として採用されています。平成27年度から2年連続で特Aランクを取得しています。

秋の詩(滋賀)

「秋の詩(あきのうた)」は滋賀県で開発されたオリジナルのお米。「コシヒカリ」と「吟おうみ」をかけあわせた品種で、滋賀県内だけで生産されている近江米です。特徴は粒が大きめで食べごたえがあること。冷めてもおいしいお米なので、お弁当やおにぎりと相性が合います。平成27年度に特Aランクを取得しています。

きぬむすめ(鳥取)

きぬむすめは、鳥取県産のお米で初めて特Aランクを取得した品種で注目されているお米です。
炊き上がりがとても白くつややかで、粘りが強く、柔らかい食感が特徴です。冷めても美味しくおにぎりやお弁当にも最適です。平成28年度産も特Aランクを取得しました。

この記事のライター

日本全国のお米の銘柄を食べるのが夢。おにぎりが大好き!具は鮭推し。1児のパパ。息子にもごはん好きになってほしいな!

関連する投稿


奥渋で味わう福井の味 ビブグルマンに選ばれた「四季ごはん 晴れ間。」

奥渋で味わう福井の味 ビブグルマンに選ばれた「四季ごはん 晴れ間。」

「ビブグルマン」レストランでも初めておにぎりやさんが選ばれたと話題になっています。今回ご紹介する代々木八幡「四季ごはん 晴れ間。」も、お米が評判でビブグルマンに毎年連続して選出されています。Daisyも惚れ込んだこのお店、ばっちりルポしました♪


【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

下北沢の「イニングプラス」は、かつてヤクルト・西武・日本ハムに在籍されていた元野球選手米野智人さんが引退後にオープンされたグルテンフリーのお店。こだわり食材を使ったお料理がとても美味しいので、グルテンフリーに興味のある方も、そうでない方もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか♪


宮城県産の新ブランド米『いざ初陣』『丸森町産こしひかり』販売開始!

宮城県産の新ブランド米『いざ初陣』『丸森町産こしひかり』販売開始!

地域ならではのブランド米の活躍がどんどん活発になっています!宮城県・丸森町の地域活性を目的に、丸森町産の新たなブランド米『いざ初陣』が10月10日(水)より、『生産者限定・丸森町産こしひかり』が10月9日(火)より販売開始になりました。


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


新之助×sirocaタイアップ記念プレゼントキャンペーン!

新之助×sirocaタイアップ記念プレゼントキャンペーン!

米どころ・新潟県が2017年秋に世に送り出したプレミアム米『新之助』。2018年の『新之助』は、世界初の本物の土鍋で炊き上げる炊飯器『かまどさん電気』を開発したシロカ株式会社とのタイアップを記念し、幸せな食卓をプレゼントするキャンペーンを実施します。


最新の投稿


お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社は、「ライスジュレ」によって主食米の需要低迷など全国の米生産者、農業団体が抱える課題を解決する取り組みとして、「JAぎふ」とコラボレーションし、岐阜県産の米粉を使用したオリジナルのグルテンフリーフィナンシェ「お米でできたフィナンシェ」を発売しました!


「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

本場スペインの技術と、和の要素を取り入れた、日本人好みのパエリア専門店「PAEZO(パエゾー)」にて、2018年クリスマスディナーの予約受付スタート! 銀座の極上の夜景を楽しみながら至福のひとときを過ごすことができる、毎年大好評の特別プランでクリスマスの夜をお楽しみください。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?