地方の注目のお米まとめ

地方の注目のお米まとめ

全国の注目のお米をピックアップしてみました。美味しいお米を食べたい!でもたくさん種類がありすぎて分からない・・・という方はぜひ参考にしてみてください。 今回は日本穀物検定協会の平成28年度、27年度の「米の食味ランキング」にて特Aランクに選ばれたお米をご紹介します。


ななつぼし(北海道)

ななつぼしは、「ひとめぼれ」と「あきほ」をかけあわせた品種で、北海道内の生産量・消費量ともに1位になっているお米です。平成28年度産で、7年連続で最高ランクの特Aの評価を受けている実力も素晴らしいですね。
お米に艶、粘り、コシがあって、甘味のバランスも絶妙です。冷めてもおいしさが長持ちするので、お弁当やお寿司にぴったり合います。

つや姫(山形)

つや姫は山形県発祥のお米で、大変人気のある品種です。発売以来特Aランクを取得していてお米の美味しさも折り紙つきです。名前の通りつやが印象的なお米で、炊き上がりはツヤツヤとしていて、もちもちとした食感が特徴です。甘味と旨味と粘りのバランスが絶妙で日本食にぴったりなお米です。
人気のつや姫は山形県以外でも多く生産されていて、他の地域でも特Aランクを取得しています。産地ごとにつや姫を食べ比べてみてもいいですね。

なすひかり(栃木 県北)

なすひかりは母が「コシヒカリ」、父は「愛知87号」の栃木県のオリジナルのお米です。名前の由来は那須高原の「なす」と「コシヒカリ」の特徴を引き継いでいることから「ヒカリ」をとって「なすひかり」と命名されました。
お米の粒が大きくて、しっかりとした味わいが特徴。ツヤと甘味と香りがしっかりあり、粘りはコシヒカリよりも強めで食べごたえがあるお米です。平成27年度に特Aランクを取得しています。

あきさかり(福井)

あきさかりは福井県で生まれたブランド米です。「美白米」と言われるほど精米白度が高いお米です。
粘りがあり、もちもちしたお米で炊き込みご飯との相性が合うでしょう。2012年にはANA国際線のファーストクラスとビジネスクラスの機内食として採用されています。平成27年度から2年連続で特Aランクを取得しています。

秋の詩(滋賀)

「秋の詩(あきのうた)」は滋賀県で開発されたオリジナルのお米。「コシヒカリ」と「吟おうみ」をかけあわせた品種で、滋賀県内だけで生産されている近江米です。特徴は粒が大きめで食べごたえがあること。冷めてもおいしいお米なので、お弁当やおにぎりと相性が合います。平成27年度に特Aランクを取得しています。

きぬむすめ(鳥取)

きぬむすめは、鳥取県産のお米で初めて特Aランクを取得した品種で注目されているお米です。
炊き上がりがとても白くつややかで、粘りが強く、柔らかい食感が特徴です。冷めても美味しくおにぎりやお弁当にも最適です。平成28年度産も特Aランクを取得しました。

この記事のライター

日本全国のお米の銘柄を食べるのが夢。おにぎりが大好き!具は鮭推し。1児のパパ。息子にもごはん好きになってほしいな!

関連する投稿


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


新之助×sirocaタイアップ記念プレゼントキャンペーン!

新之助×sirocaタイアップ記念プレゼントキャンペーン!

米どころ・新潟県が2017年秋に世に送り出したプレミアム米『新之助』。2018年の『新之助』は、世界初の本物の土鍋で炊き上げる炊飯器『かまどさん電気』を開発したシロカ株式会社とのタイアップを記念し、幸せな食卓をプレゼントするキャンペーンを実施します。


【和良自由が丘工房】岡山県産コシヒカリ米粉で作る米粉パン専門店

【和良自由が丘工房】岡山県産コシヒカリ米粉で作る米粉パン専門店

私たちが毎日食べるお米(うるち米)は、粉砕し米粉としても多く利用されています。 今回ご紹介する「和良自由が丘工房」は、岡山県吉備中央町産コシヒカリで作られた吉備しあわせ米粉を8割使用した米粉パン専門店です。米粉で作るモチモチ食感のパンは、アミノ酸を多く含み健康にも優れ、腹持ちも良いですよ。


“日本一厳しい” 7つの独自基準を満たす最高級米「ASAKAMAI887」プロジェクト始動!

“日本一厳しい” 7つの独自基準を満たす最高級米「ASAKAMAI887」プロジェクト始動!

郡山市米消費拡大推進協議会は、郡山産のブランド米「あさか舞(まい)」のフラッグシップとなる最高級ブランド「ASAKAMAI887(アサカマイハチハチナナ)」の生産に挑む「ASAKAMAI887」プロジェクトを始動しました。


無洗米 - 手間いらずだけではない、無洗米のメリット

無洗米 - 手間いらずだけではない、無洗米のメリット

精白米の表面に付着しているヌカを、あらかじめ機械処理で取り去ってある無洗米は、炊く前にお米を研がなくてもすむ便利なお米として、忙しい人たちに人気があります。でも無洗米はお手軽なだけではなく、環境にも優しいお米でもあるのです。


最新の投稿


【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。