地方の注目のお米まとめ

地方の注目のお米まとめ

全国の注目のお米をピックアップしてみました。美味しいお米を食べたい!でもたくさん種類がありすぎて分からない・・・という方はぜひ参考にしてみてください。 今回は日本穀物検定協会の平成28年度、27年度の「米の食味ランキング」にて特Aランクに選ばれたお米をご紹介します。


ななつぼし(北海道)

ななつぼしは、「ひとめぼれ」と「あきほ」をかけあわせた品種で、北海道内の生産量・消費量ともに1位になっているお米です。平成28年度産で、7年連続で最高ランクの特Aの評価を受けている実力も素晴らしいですね。
お米に艶、粘り、コシがあって、甘味のバランスも絶妙です。冷めてもおいしさが長持ちするので、お弁当やお寿司にぴったり合います。

つや姫(山形)

つや姫は山形県発祥のお米で、大変人気のある品種です。発売以来特Aランクを取得していてお米の美味しさも折り紙つきです。名前の通りつやが印象的なお米で、炊き上がりはツヤツヤとしていて、もちもちとした食感が特徴です。甘味と旨味と粘りのバランスが絶妙で日本食にぴったりなお米です。
人気のつや姫は山形県以外でも多く生産されていて、他の地域でも特Aランクを取得しています。産地ごとにつや姫を食べ比べてみてもいいですね。

なすひかり(栃木 県北)

なすひかりは母が「コシヒカリ」、父は「愛知87号」の栃木県のオリジナルのお米です。名前の由来は那須高原の「なす」と「コシヒカリ」の特徴を引き継いでいることから「ヒカリ」をとって「なすひかり」と命名されました。
お米の粒が大きくて、しっかりとした味わいが特徴。ツヤと甘味と香りがしっかりあり、粘りはコシヒカリよりも強めで食べごたえがあるお米です。平成27年度に特Aランクを取得しています。

あきさかり(福井)

あきひかりは福井県で生まれたブランド米です。「美白米」と言われるほど精米白度が高いお米です。
粘りがあり、もちもちしたお米で炊き込みご飯との相性が合うでしょう。2012年にはANA国際線のファーストクラスとビジネスクラスの機内食として採用されています。平成27年度から2年連続で特Aランクを取得しています。

秋の詩(滋賀)

「秋の詩(あきのうた)」は滋賀県で開発されたオリジナル米。「コシヒカリ」と「吟おうみ」をかけあわせた品種で、滋賀県内だけで生産されている近江米です。特徴は粒が大きめで食べごたえがあること。冷めてもおいしいお米なので、お弁当やおにぎりと相性が合います。平成27年度に特Aランクを取得しています。

きぬむすめ(鳥取)

きぬむすめは、鳥取県産のお米で初めて特Aランクを取得した品種で注目されているお米です。
炊き上がりがとても白くつややかで、粘りが強く、柔らかい食感が特徴です。冷めても美味しくおにぎりやお弁当にも最適です。平成28年度産も特Aランクを取得しました。

この記事のライター

日本全国のお米の銘柄を食べるのが夢。おにぎりが大好き!具は鮭推し。1児のパパ。息子にもごはん好きになってほしいな!

関連する投稿


“日本一厳しい” 7つの独自基準を満たす最高級米「ASAKAMAI887」プロジェクト始動!

“日本一厳しい” 7つの独自基準を満たす最高級米「ASAKAMAI887」プロジェクト始動!

郡山市米消費拡大推進協議会は、郡山産のブランド米「あさか舞(まい)」のフラッグシップとなる最高級ブランド「ASAKAMAI887(アサカマイハチハチナナ)」の生産に挑む「ASAKAMAI887」プロジェクトを始動しました。


無洗米 - 手間いらずだけではない、無洗米のメリット

無洗米 - 手間いらずだけではない、無洗米のメリット

精白米の表面に付着しているヌカを、あらかじめ機械処理で取り去ってある無洗米は、炊く前にお米を研がなくてもすむ便利なお米として、忙しい人たちに人気があります。でも無洗米はお手軽なだけではなく、環境にも優しいお米でもあるのです。


注目の「新ブランド米」まとめ

注目の「新ブランド米」まとめ

毎年全国からたくさんの新しいブランド米がデビューをしています。食文化の多様性から日本人の米離れと言われている中で、各県は高品質で安全な美味しいお米の開発に力を入れています。今回はこれから市場に流通する新ブランド米から、注目されている新しいブランド米をピックアップしました。


炊きたてごはんのおいしさを科学する

炊きたてごはんのおいしさを科学する

炊きたてのホカホカごはんがおいしい秘密は何でしょう。輝くような白いごはんからほのかに立ち上がる湯気とおいしそうな香り。口に入れた途端に広がるふっくらした食感とかすかな甘さ。想像しただけで食欲をそそる炊きたてごはんのおいしさの理由をちょっと科学的に探ってみましょう。


お米の品種

お米の品種

あなたはお米のブランド名、いくつあげることができますか? 最近のお米売り場は、全国各地から届けられたさまざまな銘柄のブランド米が所せましと並んでいます。どれを買おうか、迷っちゃいますね。日本は1年間で30種類以上の新しい銘柄が登場するお米のブランド王国。お米が主食の日本だからこそ、これだけのブランド米が誕生するのです。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング