【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

そろそろお花見の季節ですね。桜を愛でながらの一献も粋ですが、「花より団子」とおっしゃる方も多いことでしょう。桜といえば「桜餅」。今月はごはんからちょっと寄り道をして和菓子の世界へ。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月はおやつメニューの「桜餅」です。

関東では「長命寺」、関西では「道明寺」。

そもそも関東と関西では「桜餅」の呼び名も姿かたちも違います。

関東ではピンク色のクレープみたいな薄い餅であんこをはさみこんだものが桜餅です。江戸時代に初めてこの形の和菓子を作ったのが江戸・向島にあった長命寺の門番だったという言い伝えに因んで「長命寺」とも呼ばれます。

関東の桜餅、「長命寺」。

かたや関西の桜餅は、薄いピンク色のつぶつぶのある餅皮であんこをくるんだ饅頭のような形。餅皮の原料である道明寺粉に因んで「道明寺」と呼ばれています。
塩漬けにした桜の葉で包まれているのは共通していますが、関東風は桜の葉を外してから食べるようですが、関西風はお餅の表面に粘りがあって葉っぱを剥がしにくいので、葉っぱごと食べることのほうが多いようです。食べ方にも差が出るんですね。

関西の桜餅、「道明寺」。

同じ餅でも原料も違う。

長命寺は小麦粉、道明寺はもち米。

関東風の「長命寺」の皮は小麦粉をこねて薄く延ばしたものですからクレープ皮と同じ材料ですが、関西風の「道明寺」の皮は、もち米を蒸してから乾燥させた後に砕いた道明寺粉が原料ですから、クレープではなくてお餅に近いもの。大阪・藤井寺市にある道明寺で、神前にお供えしたもち米から保存食として作っていた糒(ほしいい)が元祖なので道明寺粉と呼ばれるそうです。

クレープっぽい「長命寺」とお餅っぽい「道明寺」。同じ「桜餅」と名乗っていても原料の違いで形も食感もずいぶん違いますね。

勢力地図も互角。

「長命寺」も「道明寺」も今では両方の桜餅を置く和菓子屋さんも増え、ともに全国区の知名度を持っているようですが、「長命寺」は昔から島根や鳥取でもよく見かけるようですし、「道明寺」は北海道や青森・秋田・山形など東北でもずっと人気があるようです。北陸地方はもともと両方の桜餅が共存する地域だったようです。

小麦栽培が盛んだった関東では小麦粉を使った「長命寺」、稲作が中心だった関西ではもち米を使った「道明寺」。それぞれの地域で地元産の原料を活かした「桜餅」が作られてきたということでしょうか?ローカル色ならぬローカル食らしい特長があって面白いですね。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。


日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

earth grace株式会社は、書道家の武田双雲氏が結成した「TEAM地球」がプロデュースする創作おみそ汁専門店「MISOJYU」(ミソジュウ)を2018年6月5日、浅草にオープンしました。おしゃれなお店で美味しいおにぎりと味噌汁が楽しめます。


【ごはん歳時記 6月】梅雨から連想する食材は何?

【ごはん歳時記 6月】梅雨から連想する食材は何?

じめじめした梅雨の季節がやってきました。イヤですねえ。梅雨から食べ物を連想すると何に繋がりますか?梅雨→梅→梅干しでしょうか?この梅干し、梅雨時には欠かせない食材、かもしれません。


【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第22回は稲作と連作障害についてです。


グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

国内産米でグルテンフリーに。お米の精米・卸売事業を手掛ける株式会社むらせが「メープル味」「きなこ味」「和風だし味」の3種類の「ライスグラノーラ」をリニューアル。2018年6月5日(火)より全国で新発売します。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。