【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

そろそろお花見の季節ですね。桜を愛でながらの一献も粋ですが、「花より団子」とおっしゃる方も多いことでしょう。桜といえば「桜餅」。今月はごはんからちょっと寄り道をして和菓子の世界へ。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月はおやつメニューの「桜餅」です。

関東では「長命寺」、関西では「道明寺」。

そもそも関東と関西では「桜餅」の呼び名も姿かたちも違います。

関東ではピンク色のクレープみたいな薄い餅であんこをはさみこんだものが桜餅です。江戸時代に初めてこの形の和菓子を作ったのが江戸・向島にあった長命寺の門番だったという言い伝えに因んで「長命寺」とも呼ばれます。

関東の桜餅、「長命寺」。

かたや関西の桜餅は、薄いピンク色のつぶつぶのある餅皮であんこをくるんだ饅頭のような形。餅皮の原料である道明寺粉に因んで「道明寺」と呼ばれています。
塩漬けにした桜の葉で包まれているのは共通していますが、関東風は桜の葉を外してから食べるようですが、関西風はお餅の表面に粘りがあって葉っぱを剥がしにくいので、葉っぱごと食べることのほうが多いようです。食べ方にも差が出るんですね。

関西の桜餅、「道明寺」。

同じ餅でも原料も違う。

長命寺は小麦粉、道明寺はもち米。

関東風の「長命寺」の皮は小麦粉をこねて薄く延ばしたものですからクレープ皮と同じ材料ですが、関西風の「道明寺」の皮は、もち米を蒸してから乾燥させた後に砕いた道明寺粉が原料ですから、クレープではなくてお餅に近いもの。大阪・藤井寺市にある道明寺で、神前にお供えしたもち米から保存食として作っていた糒(ほしいい)が元祖なので道明寺粉と呼ばれるそうです。

クレープっぽい「長命寺」とお餅っぽい「道明寺」。同じ「桜餅」と名乗っていても原料の違いで形も食感もずいぶん違いますね。

勢力地図も互角。

「長命寺」も「道明寺」も今では両方の桜餅を置く和菓子屋さんも増え、ともに全国区の知名度を持っているようですが、「長命寺」は昔から島根や鳥取でもよく見かけるようですし、「道明寺」は北海道や青森・秋田・山形など東北でもずっと人気があるようです。北陸地方はもともと両方の桜餅が共存する地域だったようです。

小麦栽培が盛んだった関東では小麦粉を使った「長命寺」、稲作が中心だった関西ではもち米を使った「道明寺」。それぞれの地域で地元産の原料を活かした「桜餅」が作られてきたということでしょうか?ローカル色ならぬローカル食らしい特長があって面白いですね。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


8月5日は「ハッコーの日」!愛知県犬山市で開催する発酵サミットってなんだ!?

8月5日は「ハッコーの日」!愛知県犬山市で開催する発酵サミットってなんだ!?

ここ数年ブームになっている発酵食品。米糀やお味噌などお米を使った発酵食品も多く、お米好きには馴染みの深い食材で、8月5日がハッコーの日として定められているのはご存知ですか?このハッコーの日に合わせ、愛知県犬山市で開催される「発酵サミット2018」の情報をキャッチ。発酵サミット2018とはなにか?サミット実行委員会にお話を伺いました。


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


【お米クイズ】第26回:稲の病気ってなに?

【お米クイズ】第26回:稲の病気ってなに?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第26回は稲の病気についてです。


最新の投稿


【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。