【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

そろそろお花見の季節ですね。桜を愛でながらの一献も粋ですが、「花より団子」とおっしゃる方も多いことでしょう。桜といえば「桜餅」。今月はごはんからちょっと寄り道をして和菓子の世界へ。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月はおやつメニューの「桜餅」です。

関東では「長命寺」、関西では「道明寺」。

そもそも関東と関西では「桜餅」の呼び名も姿かたちも違います。

関東ではピンク色のクレープみたいな薄い餅であんこをはさみこんだものが桜餅です。江戸時代に初めてこの形の和菓子を作ったのが江戸・向島にあった長命寺の門番だったという言い伝えに因んで「長命寺」とも呼ばれます。

関東の桜餅、「長命寺」。

かたや関西の桜餅は、薄いピンク色のつぶつぶのある餅皮であんこをくるんだ饅頭のような形。餅皮の原料である道明寺粉に因んで「道明寺」と呼ばれています。
塩漬けにした桜の葉で包まれているのは共通していますが、関東風は桜の葉を外してから食べるようですが、関西風はお餅の表面に粘りがあって葉っぱを剥がしにくいので、葉っぱごと食べることのほうが多いようです。食べ方にも差が出るんですね。

関西の桜餅、「道明寺」。

同じ餅でも原料も違う。

長命寺は小麦粉、道明寺はもち米。

関東風の「長命寺」の皮は小麦粉をこねて薄く延ばしたものですからクレープ皮と同じ材料ですが、関西風の「道明寺」の皮は、もち米を蒸してから乾燥させた後に砕いた道明寺粉が原料ですから、クレープではなくてお餅に近いもの。大阪・藤井寺市にある道明寺で、神前にお供えしたもち米から保存食として作っていた糒(ほしいい)が元祖なので道明寺粉と呼ばれるそうです。

クレープっぽい「長命寺」とお餅っぽい「道明寺」。同じ「桜餅」と名乗っていても原料の違いで形も食感もずいぶん違いますね。

勢力地図も互角。

「長命寺」も「道明寺」も今では両方の桜餅を置く和菓子屋さんも増え、ともに全国区の知名度を持っているようですが、「長命寺」は昔から島根や鳥取でもよく見かけるようですし、「道明寺」は北海道や青森・秋田・山形など東北でもずっと人気があるようです。北陸地方はもともと両方の桜餅が共存する地域だったようです。

小麦栽培が盛んだった関東では小麦粉を使った「長命寺」、稲作が中心だった関西ではもち米を使った「道明寺」。それぞれの地域で地元産の原料を活かした「桜餅」が作られてきたということでしょうか?ローカル色ならぬローカル食らしい特長があって面白いですね。

この記事のライター

関連する投稿


日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

本場スペインの技術と、和の要素を取り入れた、日本人好みのパエリア専門店「PAEZO(パエゾー)」にて、2018年クリスマスディナーの予約受付スタート! 銀座の極上の夜景を楽しみながら至福のひとときを過ごすことができる、毎年大好評の特別プランでクリスマスの夜をお楽しみください。


奥渋で味わう福井の味 ビブグルマンに選ばれた「四季ごはん 晴れ間。」

奥渋で味わう福井の味 ビブグルマンに選ばれた「四季ごはん 晴れ間。」

「ビブグルマン」レストランでも初めておにぎりやさんが選ばれたと話題になっています。今回ご紹介する代々木八幡「四季ごはん 晴れ間。」も、お米が評判でビブグルマンに毎年連続して選出されています。Daisyも惚れ込んだこのお店、ばっちりルポしました♪


【お米クイズ】第36回:北陸地方のお米

【お米クイズ】第36回:北陸地方のお米

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第36回は北陸地方のお米についてです。


【お米クイズ】第35回:お米の食味計って?

【お米クイズ】第35回:お米の食味計って?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第35回はお米の食味計についてです。


お米と野菜だけでつくった、子供向けのパフ菓子「SUKUSUKU BALL」が新発売

お米と野菜だけでつくった、子供向けのパフ菓子「SUKUSUKU BALL」が新発売

小さな子供を対象にしたパフ菓子「SUKUSUKU BALL(スクスクボール)」。砂糖や食塩を加えておらず、化学農薬を使わず大切に育てられた高知県産の「鶴こい米(R)」と野菜だけでつくっているため、子供たちに安心して与えることができます。


最新の投稿


お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社は、「ライスジュレ」によって主食米の需要低迷など全国の米生産者、農業団体が抱える課題を解決する取り組みとして、「JAぎふ」とコラボレーションし、岐阜県産の米粉を使用したオリジナルのグルテンフリーフィナンシェ「お米でできたフィナンシェ」を発売しました!


「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

本場スペインの技術と、和の要素を取り入れた、日本人好みのパエリア専門店「PAEZO(パエゾー)」にて、2018年クリスマスディナーの予約受付スタート! 銀座の極上の夜景を楽しみながら至福のひとときを過ごすことができる、毎年大好評の特別プランでクリスマスの夜をお楽しみください。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?