「農家(ノーカー)・オブザイヤー」全国2,700名以上のカリスマ農家からNo.1が決定!

「農家(ノーカー)・オブザイヤー」全国2,700名以上のカリスマ農家からNo.1が決定!

第14回「農家(ノーカー)・オブザイヤー」で全国2,700名以上のカリスマ農家のおいしいNo.1が決定!福島の生産者「福島わかば会」の“きゅうり”が金賞を受賞しました!


第14回「農家(ノーカー)・オブザイヤー」が決定!

全国2,700名以上のカリスマ農家の中から最も多くの消費者に感動を与えた農家を表彰

福島県の生産者団体「福島わかば会」のきゅうりが最高金賞に

N-1サミット実行委員会(事務局:オイシックスドット大地株式会社内)は、本年3月5日に全国の農業者が集まるイベント「N-1サミット2018」を東京都品川区にて開催しました。

 全国2,700名以上のカリスマ農家の中から最も多くの消費者に感動を与えた農家を表彰する「農家(ノーカー)・オブザイヤー」の発表・表彰式を行い、第14回目となる今回は、総勢23名のノミネート者の中から福島県の生産者団体「福島わかば会」のきゅうりが最高金賞に選ばれました。

「農家・オブザイヤー」は、消費者の「おいしい」という声を評価基準に生産農家の方々を表彰する賞で、経営や農業技術などの観点から受賞を決定する既存の賞とは異なった独自の賞です。

福島わかば会は、福島の野菜が思うように売れない中でも、“本当の野菜の味”にこだわり、手間をかけた「手作り野菜」を心がけ、お客様からは「味が濃い」「パリッとみずみずしく香りが豊か」といった感想が寄せられました。

銀賞には「みつトマト」、銅賞には「かがやケール」が受賞

 銀賞には、「みつトマト」をつくる伊原 努さん(千葉県)が選ばれました。みつトマトは土ではなく、"薄い透明なフィルム"を活用し、僅かな水分だけを通す性質があるそのフィルムを活用することで、糖度の高いトマトの育成に成功しています。伊原さんは今回で8年連続入賞となります。
 銅賞には、「かがやケール」をつくる小山 竜平さん(兵庫県)が選ばれました。土で育てるケールが多い中、かがやケールは水耕栽培を採用。特殊な赤と青のLEDライトの光を絶妙に調整することで、食べやすいやわらかさや味わいを実現しています。

農家・オブザイヤー 2018 受賞者

最高金賞:福島わかば会(福島県)・・・代表商品:「きゅうり」
銀賞 :伊原努(いはら つとむ)さん(千葉県)・・・代表商品:「みつトマト」
銅賞 :小山竜平(こやま りゅうへい)さん(兵庫県)・・・代表商品:「かがやケール」

▲(左から)農家オブ・ザイヤー受賞者の伊原努さん、福島わかば会のみなさん(4名)、小山竜平さん

受賞者の商品特徴

最高金賞:【きゅうり】福島県の生産者団体「福島わかば会」

きゅうり作り一筋50年「本当に美味しい野菜を」

・生産者:福島わかば会(福島県)
・商品名:きゅうり

<商品特徴>
今年の最高金賞(第1位)は、福島の生産者団体、福島わかば会が作る きゅうりとなりました。
福島わかば会は、東日本大震災の影響で自宅が倒壊した生産者が数多くいる中、地域の復興に協力しながら運営を続けてきました。
福島の野菜が思うように売れない中でも、手間をかけた「手作り野菜」を心がけ、「食べる人に『本当の野菜の美味しさはこれだ!』と分かってもらえるような野菜作り」を目標としています。
福島わかば会のきゅうりは味が濃く、みずみずしいというお客様の声を多数頂いています。

銀賞:【みつトマト】伊原 努さん(千葉県)

ころんと真っ赤な“みつトマト”/特殊なフィルムを活用し甘いトマトを実現

・生産者:伊原 努さん(千葉県)
・商品名:みつトマト

<商品特徴>
若手生産者、伊原さんのみつトマトは、名前のとおり“みつ”のように甘いトマトで、お子さんを含む多くのお客様の心をつかみました。
ビニールハウスで作る土を使わない水耕栽培で、医療分野でも使われている特殊なフィルムを活用し、根から吸収する水分を細かく調整し制限することで、甘みやうまみが凝縮されたフルーツのようなトマトにする高い技術を持っています。

銅賞:【かがやケール】小山竜平さん(兵庫県)

おいしく食べてキレイをサポート “かがやケール”/LEDを活用した栽培で受賞

・生産者:小山竜平さん(兵庫県)
・商品名:かがやケール

<商品特徴>
ケール独特の嫌味がなく、やわらかい葉のため、サラダとして生で食べることができます。土で育てるケールが多い中、特殊な赤と青のLEDライトの光による水耕栽培によって、食べやすい柔らかさや味わいを実現し、多くのお客さまから評価されています。昨年に初ノミネート、初受賞(銀賞)をし、2年連続の受賞となりました。

「農家・オブザイヤー」の選考方法について

消費者の“おいしい!”が評価基準

 「農家・オブザイヤー」は、全国2,700名以上のカリスマ農家の中から最も多くの消費者に感動を与えた農家を表彰するアワードです。
 経営や農業技術などの観点から受賞者(評価)を決定するのではなく、消費者の「おいしい」という声を評価基準とする、独自の表彰制度です。2005年から開始し、今年で14回目の開催となります。各部門総勢23名のノミネート者から受賞者が選ばれました。

<選考方法について>
受賞者の決定では、より広く消費者の声を集めるために、「Oisix」「大地を守る会」に寄せられた年間を通しての消費者の声の数」に「ウェブ上での消費者投票」、「カタログでの消費者投票」数を加算し、すべての要素の合計点が高い方を受賞者とし表彰します。
(1) ノミネート農家(受賞候補者)の決定方法
  年間を通じて、消費者から反響数が多かった農家を候補者として選出
(2) 受賞者の決定方法
  年間消費者の声  +  ウェブ、カタログによる消費者投票  = 受賞者の決定

農業界の活性化を目指す「N-1サミット」とは

 「N-1サミット」は、将来の農業界を背負って立つ、自信と気概を持って農業に取り組む人たちが集い、学び、考え、交流し、称えあう場として、農業界の活性化を目指すイベントです。
<N-1サミット2018 開催概要>
・日時:  2018年3月5日(月)13:30~18:00
・会場:  品川区立総合区民会館「きゅりあん」(東京都品川区東大井5-18-1)
・主催:  N-1サミット実行委員会

オイシックスドット大地株式会社

https://www.oisixdotdaichi.co.jp/

有機や特別栽培野菜など安全性に配慮した食品宅配のオイシックスドット大地

この記事のライター

関連する投稿


ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える、日本を代表する収穫祭・東京ハーヴェスト。今年は10月11日(木)から13日(土)の3日間開催します。たくさんのワークショップから編集部が注目するのは「47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!」です。


【お米クイズ】第3回:田植えの後の作業は?

【お米クイズ】第3回:田植えの後の作業は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第3回は生産者さんが田植え後から稲刈りまでの間に行う作業についてです!


楽しくて美味しい!『第二の故郷づくりプロジェクト』

楽しくて美味しい!『第二の故郷づくりプロジェクト』

「第二のふるさと」を持てる、楽しくて美味しいプロジェクトを発見しました。故郷のなり手にふさわしい理解のある農家さんと繋がって、農家さんがいつも食べているお米を直接送ってもらって、会いにも行ける。そんな温かい試みです。


日本の米の作り手に聞く[1] - 小田原 志村屋米穀店 志村成則さん -

日本の米の作り手に聞く[1] - 小田原 志村屋米穀店 志村成則さん -

自らが生まれ育った小田原で、明治から続く米穀店を盛り立てながら、米作りに取り組む人がいます。 その人の目には、米づくりをめぐる環境や地域のこと、田んぼのこれからはどのように映っているのでしょうか。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング