【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


【第27回】問題:お米を研ぐ、とは?

さて今回のお米クイズは「洗米」についてです。
以前はお米(白米)を調理する際に「お米を研いで」いましたが、今は「研ぐ」よりは「お米を洗う」「洗米する」と言う場合が多いようです。

言葉の意味としては「砥ぐ」は「力を入れてごしごし洗う」、「洗う」は「優しく水で洗い流す」といったところでしょうか。

もちろん、「洗米する」とは言っても洗剤で洗うわけではありませんが…(笑)。

問題
さて、このように以前は「研ぐ」行為が今では「洗う」行為に変わった背景につき、
正しく説明している文章を次のア~エから選び、記号で答えて下さい。

ア.お米を研ぐ目的は、米粒の表面に付着している糠を取るためであり、今は昔ほど表面に糠が残っていないから。
イ.お米を研ぐ目的は、米粒をバラバラに砕いておかゆにしやすくするためであり、今はおかゆの調理方法が変わったから。
ウ.お米を研ぐ目的は、米粒の中に時々いる虫を取り除くためであり、今は昔ほどお米に虫が着かなくなったから。
エ.お米を研ぐ目的は、米粒(白米)の発芽を促すためであり、今は昔ほど発芽した状態のお米を食べなくなったから。

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!








正解は…
アの「お米を研ぐ目的は、米粒の表面に付着している糠を取るためであり、今は昔ほど表面に糠が残っていないから。」でした!

お米の表面を力を入れてごしごし研ぐのは、
お米の表面に糠層がまだまだたくさんついていたからです。

いっぽう、今は精米機の性能が昔と比べて各段に良くなったので、
そこまで力を入れて研がなくても既に充分、磨かれているのです。

仮に研がずにお米を炊いても、問題になるほど味の違いはありません
(もちろん、どのような精米をしているかによりますが…)。

また、お米の糠層と、でんぷんの間にアリューロン層という「旨味」の
もととなるアミノ酸の層があります。

あまり強くごしごし研ぐとこの「旨味成分」を取り除いてしまうことになりますので、研いだ後の水が少しくらい濁っていても問題ありません。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第43回はお米と廃棄物についてです。


【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第42回は玄米を美味しく食べる方法についてです。


【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

お彼岸が近づくと、春がやって来た感じがしますね。 お墓参りして、お花をお供えして、ご先祖様に手を合わせる。 さて、そのあとは「おはぎ」ですか?「ぼたもち」ですか? 諸説あるようです。


【お米クイズ】第41回:冬でも水が張ってある田んぼの目的は?

【お米クイズ】第41回:冬でも水が張ってある田んぼの目的は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第41回はふゆみず田んぼについてです。


【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第40回はお米由来の工業製品についてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

【お米クイズ】第43回:お米と廃棄物

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第43回はお米と廃棄物についてです。


ららぽーと史上初開催!お米を楽しむための商品が大集結!「ごはんフェス® in ららぽーと新三郷」開催!

ららぽーと史上初開催!お米を楽しむための商品が大集結!「ごはんフェス® in ららぽーと新三郷」開催!

「ごはんの魅力を眠らせない。」をコンセプトに、東京表参道で過去5回開催してきた、株式会社honshokuが企画する「ごはんフェス」がららぽーと新三郷で開催 されます!全国から厳選したご飯のお供やお米に関する商品のマルシェやお米マイスターとお弁当コンサルタントによるワークショップの開催、日本各地の食材をアレンジしてオーダーメイドのおむすび屋「山角や」によるキッチンカー販売が行われます。ららぽーと新三郷で、お米の魅力を存分にお楽しみください!ららぽーとでの開催は初です!


【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

わかめは一年中いつでも手に入る食材ですが、実は旬の時期があります。海水温が上昇する春に収穫された「新わかめ」は、塩蔵や乾燥などの加工をせず、生のままで市場に出回ります。この時期だけの若々しい味わい、ぜひ美味しいおみそ汁で堪能してください。


【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

【お米クイズ】第42回:玄米を美味しく食べる方法は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第42回は玄米を美味しく食べる方法についてです。


【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

お彼岸が近づくと、春がやって来た感じがしますね。 お墓参りして、お花をお供えして、ご先祖様に手を合わせる。 さて、そのあとは「おはぎ」ですか?「ぼたもち」ですか? 諸説あるようです。