ごはんと癒し:恵方巻で、「気」も食す。

ごはんと癒し:恵方巻で、「気」も食す。

「食と癒し」。 仕事柄、人の悩みを聴いている一方で、母親としてのごはん作りも欠かせない私が大切にしているテーマです。 以前から食には、栄養補給と同じくらい大切な「気」の補給という役割があり、中でも太古から日本人になじみのあるお米には、素材自体に気が宿っているような気がしています。


節分の定番ごはんメニュー、「恵方巻」のお話

節分では、昔から、魔目(まめ)を祓う意味で大豆をまく「豆まき」が主流でしたが、最近は、恵方を向いて太巻きを食べる、「恵方巻」が定番行事になりました。
恵方とは、その年の福の神がおられる方角のことで、今年は北北西。

元は大阪で生まれた風習で、具材は七福神に因み7種類と定められています。
定番具材は、椎茸、かんぴょう、海老、卵焼き、でんぶ、きゅうり、うなぎ(または穴子)、高野豆腐がはいることもあるそうです。

一方、七福神は、
大黒天(だいこくてん)様、
恵比寿天(えびすてん)様、
毘沙門天(びしゃもんてん)様、
弁財天(べんざいてん)様、
寿老人(じゅろうじん)様、
福禄寿(ふくろくじゅ)様、
布袋(ほてい)様、
の七神。
日本で信仰されている縁起のいい七柱の神様です。

神様といえば、恵方巻の一番の立役者「お米」は、食物・穀物の神様、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)が授けたといわれています。

恵方巻の儀式は、静寂による癒しの時間

最近、手作り恵方巻を試作していて、「どの具材がどの神様?」、なんてちょっぴり不謹慎で楽しい空想をしていたとき、ハッとすることがありました。

この恵方巻の儀式は、静寂による癒しの時間、「気」を込めながらいただく食事ではないか!と気づいたのです。
つまり、忙しい現代人がおそらく1年に1度だけ、無音の中で瞑想をしながら黙々と食べる食事、願いを込めながら食べる食事、恵方巻は「気」を込めながら摂る食事なのです。

祈る時間も、初詣やお墓参りでは、長くて1分くらいですが、恵方巻を食べ続ける間の祈りは長く、そして深いに違いありません。
7種類の具材のいわれを知っている人なら、七福神に想いを馳せながら食べているかもしれませんね。

そんな訳で、恵方巻は、「気」の注入と思ってぜひ食べていただきたいです。
それを意識するだけで、身が浄まり、心もお腹も福でいっぱいになりますよ。
ここ数年、手作り恵方巻も流行っているので、手作りなら「気」はダブル、作りながら願い、食べながら更に願う最高の「気」の注入ですね。

恵方巻で心願成就。願い事や決意、七福神と宇迦之御魂神への感謝もこめて、ゆっくりじっくり召し上がれ。

七福神の役割
七福神とは、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神です。
恵比寿 ・・・・・・ 商売繁盛、除災招福、五穀豊穣、大魚守護の神様
大黒天 ・・・・・・ 五穀豊穣、子孫愛育、出世開運、商売繁盛の神様
弁才天 ・・・・・・ 恋愛成就、学徳成就、諸芸上達、福徳施与の神様
毘沙門天 ・・・・・ 武道成就、降魔厄除、家内安全、夫婦和合の神様
布袋尊 ・・・・・・ 千客万来、家運隆盛、家庭円満、商売繁盛の神様
寿老人 ・・・・・・ 幸福長寿、家庭円満、延命長寿、福徳智慧の神様
福禄寿 ・・・・・・ 財運招福、延命長寿、立身出世、招徳人望の神様

この記事のライター

関連する投稿


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

代々木八幡の「リトルバード」は外国人観光客に圧倒的な支持を得ているグルテンフリーカフェ。メインだけでなくスープや副菜もグルテンフリーという徹底ぶりがその人気の秘密です。今回Daisyはリトルバードで食事を楽しみながら、改めてグルテンフリーと米粉について考えてみました。


女子1人でも入れる!おいしい土鍋/かまどごはんランチのお店まとめ

女子1人でも入れる!おいしい土鍋/かまどごはんランチのお店まとめ

土鍋やかまどで炊いた炊き立てごはんは、ふっくらつやつやで格別の美味しさ。今回は全国の土鍋/かまどごはんのランチが楽しめるお店をご紹介します。お昼休みや旅先で、女子1人でも楽しめるお店を集めました♪


日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

earth grace株式会社は、書道家の武田双雲氏が結成した「TEAM地球」がプロデュースする創作おみそ汁専門店「MISOJYU」(ミソジュウ)を2018年6月5日、浅草にオープンしました。おしゃれなお店で美味しいおにぎりと味噌汁が楽しめます。


【ごはん歳時記 6月】梅雨から連想する食材は何?

【ごはん歳時記 6月】梅雨から連想する食材は何?

じめじめした梅雨の季節がやってきました。イヤですねえ。梅雨から食べ物を連想すると何に繋がりますか?梅雨→梅→梅干しでしょうか?この梅干し、梅雨時には欠かせない食材、かもしれません。


最新の投稿


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。


【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

三重県伊勢市にある伊勢神宮のおひざ元に位置する、創業江戸文化13年という老舗の「糀屋」。醤油や味噌の醸造をしていた糀屋さんが作る糀を使ったこだわりのプリンはお取り寄せしてでも食べておきたいおすすめ糀スイーツです。 甘いものが苦手な方でも食べやすい甘さで、まるで和菓子のようなプリンです。手土産にも、自分へのご褒美にもおすすめの糀ぷりんをご紹介します。