【お米クイズ】第17回:お米の生産量と消費量どちらが多い?

【お米クイズ】第17回:お米の生産量と消費量どちらが多い?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第17回は「お米の生産量と消費量」はどちらが多いか?についてです。


【第17回】問題:お米の生産量と消費量どちらが多い?

さて、今回のお米クイズは「お米の消費」についてです。

今更ながら申し上げるまでもなく、いま、お米は余っています。
しかし、かつてはお米が不足して不足して困る…そんな時代がありました。

小池精米店は昭和5年の創業ですが、そのわずか11年後に太平洋戦争が勃発。
昭和17年(1942年)には国が食糧を統制するようになり、小池精米店も小売店からお米の配給所へと変わりました。

国が食糧を統制する必要があるほどに、戦中戦後はお米が不足していたのです。
戦争前後の食糧難時代を経て、国、そして生産者がお米の増産に注力した結果、お米の生産量が飛躍的に増えました。

しかしそのいっぽう、お米の消費量は減少傾向にあります。

お米の消費量が減った要因としては、食生活の洋風化が挙げられます。
パンや乳製品や肉などの畜産物、油脂製品の消費が伸びたことによるものです。

問題
お米の生産量が消費量を上回るようになったのはいつ頃のことでしょうか?
次のア~エから選び、記号で答えて下さい。

ア.1950年代
イ.1960年代
ウ.1970年代
エ.1980年代

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!









正解は…
イの「1960年代」でした!

米の需要量は、1963年の1,341万トンをピークとして減少傾向に転じています。

いっぽうで、米の生産量は1967年から1,400万トンを超える高水準が続き、大幅な生産過剰となりました。

お米の生産量を意図的に減らす「生産調整」は1971年から本格的に実施が開始されています。
米の消費は毎年減少しています。いまでは一人当たりの年間消費量は60キロを切っています。
これは、最も多かった1962年の118キロの約半分です。

お腹を満たす手段が増えたのは消費者の皆さんにとって喜ばしいことですが、米屋の立場からするともう少し皆さんにお米を食べて頂きたいですね(笑)。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第115回:日本の食料自給率

【お米クイズ】第115回:日本の食料自給率

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第115回は日本の食料自給率についてです。


【お米クイズ】第114回:生産者の技術

【お米クイズ】第114回:生産者の技術

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第114回は生産者の技術についてです。


【お米クイズ】第113回:お米を選ぶ基準は

【お米クイズ】第113回:お米を選ぶ基準は

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第113回はお米を選ぶ基準についてです。


【GOHANYA’GOHAN×JA山形おきたま】山形おきたまフェアを期間限定で開催!

【GOHANYA’GOHAN×JA山形おきたま】山形おきたまフェアを期間限定で開催!

株式会社ミツハシと山形おきたま農業協同組合は、ミツハシライスが運営するGOHANYA’GOHANみなとみらい店にて、2020年11月9日(月)から12月25日(金)までの期間限定で「山形おきたまフェア」を開催します!


【お米クイズ】第112回:田植えの間隔

【お米クイズ】第112回:田植えの間隔

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第112回は田植えの間隔についてです。


最新の投稿


【毎日でも食べたいお餅】ホットな夜を演出するお酒に合う大人のお餅『もっちりナイト』「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始

【毎日でも食べたいお餅】ホットな夜を演出するお酒に合う大人のお餅『もっちりナイト』「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始

有限会社川田餅本舗は、お餅には珍しい刺激の強い香辛料や具材を搗きこみ、お酒に合うお餅、そしておかずにも夜食にもなるお餅『もっちりナイト』を2020年11月20日より「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始しました。お正月だけじゃもったいない、毎日でも食べたくなる刺激強めなお餅の詰合せです。


【お米クイズ】第115回:日本の食料自給率

【お米クイズ】第115回:日本の食料自給率

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第115回は日本の食料自給率についてです。


発酵文化と蔵元ならではの醸造技術から生まれた、 自然由来の化粧品ブランド『reint(れいんと)』が誕生

発酵文化と蔵元ならではの醸造技術から生まれた、 自然由来の化粧品ブランド『reint(れいんと)』が誕生

八海醸造株式会社より新たな化粧品ブランド「reint(れいんと)」が誕生しました。第1弾は、米の栄養素と天然の雪解け水でつくった高保湿フェイスマスク3種を発売。開発理念に掲げている「米・麹・発酵」をテーマに開発され、保湿力に優れ、肌に優しい成分で敏感肌の人も使いやすい処方です。


【お米クイズ】第114回:生産者の技術

【お米クイズ】第114回:生産者の技術

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第114回は生産者の技術についてです。


コロナに負けない!生産者と贈り手の愛を「寒天米」で見える化

コロナに負けない!生産者と贈り手の愛を「寒天米」で見える化

寒天育ちのコシヒカリと山岡細寒天の新コラボ! 岐阜県恵那市山岡町の寒天生産者 水野寒天は、2020年10月21日より、日本一のブランド寒天「山岡細寒天」の肥料で育ったコシヒカリとカット細寒天のコラボ商品【水野寒天米(みずのかんてんまい)】を開発・新発売致しました。同時に、ギフト向けオンラインショップ『水野寒天ギフトショップを新設し、ワクワクするギフトに最適な商品の販売をスタートしました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング