お米の安全

お米の安全

日本人はほとんど毎日ごはんを口にします。それだけにお米の安全性についてはさまざまなルールが定められていますし、生産者や流通業者も安全と品質を高めるためにたゆまない努力を続けています。最近では自然の力をうまく利用する農法も試みられています。日本のお米は味だけでなく、安全性でも世界に誇れるお米です。


日本のお米は、クリーンで安全。

どこの誰が作ったお米なのか、ちゃんとわかる。

「トレーサビリティ」という言葉を聞かれたことがありますか?

トレーサビリティとは、店頭で売られている食品などについて「どこのだれが作って、どのようにして店頭までやってきたのか」という生産・流通経路の記録をたどれる仕組みのこと。
食品に関する安全性への関心が高くなったため、お米の世界でも米トレーサビリティ法が2009年に施行されました。

トレーサビリティ法でわかること

この仕組みがあれば、スーパーでお米を買ったり、飲食店でご飯を食べたりする時に、自分が口にしようとしているお米がいつどこで生産されたものなのかを知ることができます。また生産者や流通業者は、エンドユーザーへの責任を目に見える形で果たさなくてはなりませんから、お米の品質や安全性をより重要視するようになります。

日本人は主食としてほとんど毎日ごはんを食べるのですから、お米の安全性は日本の食の安全性の基本と言っても過言ではありません。それだけにお米のトレーサビリティが保証されているということは、消費者にとってとても大事なことなのです。
市場で人気のある「銘柄米」の場合では、もし違う品種のお米が混じっていたりしたらブランドの信用は地に堕ちてしまいます。異品種の混合を防ぐために田んぼに違う品種のモミが残らないようにしたり、収穫時には農機具の清掃を徹底するなど、安全だけでなく品質を保つための努力も続けられています。

自然の力だけでも、お米は育てられる

お米は温室やビニールハウスで育つ作物ではなく、屋根のない田んぼで育ちます。ですから害虫や病気にさらされるリスクも高くなります。
戦後すぐの時代、お米の収穫を増やすことが最優先だったころは、害虫からイネを守るために強力な農薬や殺虫剤が大量に使われたこともありました。
しかし食糧事情が改善された現在では、農薬が健康に及ぼす影響を考えて、農薬の使用規制や輸入米の残留農薬チェックなどが厳しく行われています。農薬の量を普通の半分以下に抑えて栽培したお米は「特別栽培米」として売られていますし、農薬や化学肥料を使わずに育てたお米には有機JASマークが付いています。

特別栽培米の基準

参考:農林水産省 特別栽培農産物に係る表示ガイドライン

有機JASマーク:
有機栽培された農産物など、有機JAS 規格を満たす食品につけられます。有機食品は環境への負荷をできる限りへらした農業から生まれます。

出典:農林水産省 くらしにいかそうJASマーク

自然農法でお米を作る

アイガモを田んぼに放して雑草や害虫を食べてもらうアイガモ農法や、農薬を使わずにカエルやトンボに害虫駆除を任せるといった試みも以前から各地で行われていました。最近では国の特別天然記念物であるトキが生息できる自然環境を維持するため、冬でも田んぼに水を入れて多くの生物が生きていけるようにしてトキのえさ場も確保する自然農法が佐渡で始められています。

アイガモ農法

日本にはきれいな川の流れや緑豊かな里山がまだまだ残っています。美しく豊かな自然の力によってイネは健康に育ち、安全でおいしいお米を実らせてくれます。自然の力を守り、自然の力を借りることができれば、日本のお米が世界で最も安全で、一番おいしいお米になることも夢ではないのです。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。


日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

earth grace株式会社は、書道家の武田双雲氏が結成した「TEAM地球」がプロデュースする創作おみそ汁専門店「MISOJYU」(ミソジュウ)を2018年6月5日、浅草にオープンしました。おしゃれなお店で美味しいおにぎりと味噌汁が楽しめます。


【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第22回は稲作と連作障害についてです。


グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

国内産米でグルテンフリーに。お米の精米・卸売事業を手掛ける株式会社むらせが「メープル味」「きなこ味」「和風だし味」の3種類の「ライスグラノーラ」をリニューアル。2018年6月5日(火)より全国で新発売します。


【お米クイズ】第21回:お米の輸出はいつ頃からされている?

【お米クイズ】第21回:お米の輸出はいつ頃からされている?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第21回はお米の輸出についてです。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。