麹が楽しめるおしゃれなカフェまとめ

麹が楽しめるおしゃれなカフェまとめ

発酵調味料としてすっかりおなじみの麹(糀)。ヘルシーで栄養たっぷりの麹を使った、おしゃれなカフェが最近増えています。昔から親しまれているおなじみの味から、おしゃれに進化した料理まで。様々な形で麹を楽しめるカフェをご紹介します。


「麹」と「糀」の違い

味噌や醤油・塩麹など、発酵調味料の原料となる麹は、さかのぼると紀元前から使われていたそうです!歴史や酵素の働きなどについてはここでは割愛しますが、「こうじ」の漢字表記には2種類あることをご存知でしょうか。

「麹」
中国から来た漢字。
穀物を蒸して麹菌(コウジカビ)を繁殖させたもの。

「糀」
日本で作られた国字。
米にコウジカビが「花が咲くように生える様子」から生まれた漢字。

穀物(米、麦、豆など)から作られた、こうじ全般を表すのは「麹」、お米で作られたこうじが「糀」なのですね。
そんな麹を使ったお料理やスイーツを楽しめる、おしゃれなカフェをご紹介します。

発酵デリカテッセンカフェテリア Kouji & ko(コウジアンドコー)

「ヌーベル ハッコー(Nouvelle Hakkou)」をコンセプトにスタイリッシュな商品を展開

一見発酵食品とはわからない、おしゃれなデリの数々。
「Kouji&ko(コウジアンドコー)」は、日本の伝統的な発酵文化を大切にするとともに、既存のイメージにとらわれず、よりスタイリッシュに、豊かなおいしさを生み出していく、新しいスタイル「ヌーベル ハッコー(Nouvelle Hakkou)」をコンセプトに、新しい発酵スタイルを国内外へ提案するブランドです。
商品開発は、発酵学者である小泉武夫氏によるアドバイスの下、有名レストランで料理長を歴任した大島今日シェフが担当。カフェテリアでは、Kouji&koオリジナルの「塩麹」「甘麹」「醤油麹」を使った色鮮やかなサラダやデリプレートセット・スウィーツセットの他、ビネガーや甘酒を使ったドリンクメニューも豊富です。
テイクアウト専門の惣菜店も新宿高島屋・玉川高島屋にありますよ。

発酵デリカテッセンカフェテリア Kouji&ko
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号 新宿高島屋 8F
TEL:03-5361-1111
営業時間:10:00~20:00(月~木・日)
     10:00~20:30(金・土)
     (ラストオーダー 閉店の30分前)

Kouji&ko|コウジアンドコー

http://foodandpartners.co.jp/koujiandko/

「Kouji&ko」は、伝統的な発酵を文化ととらえ、敬意を示しながら、同時に既存のイメージにとらわれず、よりスタイリッシュに、豊かなおいしさを生み出していく、新たなスタイル「ヌーベル ハッコー(Nouvelle Hakkou)」をコンセプトにしています。

くらかふぇ糀's(こうじいず)by七賢

歴史ある酒蔵の中で「糀糖」を使ったスイーツを楽しむ

山梨県北杜市白州町に蔵を構える日本酒の七賢が開発した、米糀と米粉の自然食材だけで出来た栄養豊富な自然の甘味料「糀糖」を使ったスイーツが食べられるカフェです。

糀の味と甘さがダイレクトに伝わってくる「糀糖アイス」や、お猪口に入った糀糖にディップして食べる「糀トースト」、ブルーベリー、桃、トマトを使って糀糖で甘みをプラスしたスムージードリンク「コウジー」などなど、歴史ある蔵の中でゆっくりと糀糖を味わってみてはいかがでしょうか。

※「糀糖」は山梨銘醸株式会社の所有する商標権です。

くらかふぇ糀's(こうじいず)by七賢
山梨県北杜市白州町台ヶ原2283
TEL 0551-35-2236(代)
営業時間:10:00〜16:00
定休日 :水曜日

糀's(こうじいず)by七賢

https://www.koujis.com/

日本酒の七賢が提案する、糀を取り入れた食生活を提案する糀'sです。

糀カフェ Biotopos

一般的な調味料は使用せず、老舗糀屋「雨風」の塩糀・甘酒・醤油糀を使用

創業元禄2年の老舗、大阪堺「糀屋雨風」の塩糀、甘酒、醤油糀を使用した糀カフェ。
一般的な調味料・砂糖・醤油は一切使用せず、素材と調味料にこだわっています。

こだわりのお米は、有機栽培の伊賀米を玄米炊飯専用圧力鍋でモチモチの玄米ご飯に炊き上げています。産み立ての新鮮な卵の卵白をメレンゲにして卵黄をのせ、雨風の醤油糀を使った卵かけ玄米ごはんは、至高の一品。現地農園と直接契約した焙煎風味豊かなコーヒーも楽しめます。

昔の醤油を絞るための1枚板で作ったカウンター、ミッドセンチュリーの代表的なデザイナー・イームズのチェア、信楽焼窯元の珈琲カップなど、老舗醤油屋さんのカフェはインテリアもこだわりの空間です。

糀カフェ Biotopos
堺市西区津久野町3丁32-11コージー・コートアメカゼ102号
TEL 072-247-8988
営業時間:10:00~18:00
     ランチタイム 11:00~13:30/スイーツタイム 14:00~
定休日 :日・月曜日

糀カフェ|ビオトポス|TOP

http://www.cafe-biotopos.com/

糀カフェ・糀屋が運営するカフェです

発酵するカフェ 麹中-Koujichu-

発酵を味わい、発酵を育む“まちのぬか床”のような場所でありたい。

写真/木内和美

江戸時代「麹の名産地」であった文京区本郷。
2017年11月にオープンした「発酵するカフェ 麹中 –Kojichu-」は、推定樹齢600 年の「本郷弓町のクスノキ」の前にある、天井の高い落ち着いた空間のカフェです。

一汁一菜をベースに発酵を利用したランチ「85(発酵)定食」\850は、好きなお茶碗を選び、おひつから自分でご飯をよそいます。オーガニック食材を使い、ボリュームたっぷりの具沢山なお味噌汁とお惣菜で、からだに優しいランチを頂けます。

木曜日、金曜日のみ21時まで、「麹中木金バー」として夜営業し、なめこみそやぬか漬けとともにアルコールを楽しめますよ。
また、カフェスペースを、レンタルスペースとして使用することもできるそうです。

発酵するカフェ 麹中-Koujichu-
東京都文京区本郷2丁目35 本郷2ー35ー10 本郷瀬川ビル1F
TEL 03-5615-8540
営業時間:月曜から水曜:11時から17時まで
     木曜・金曜:11時から21時まで
定休日 :土曜・日曜・祝日

GOHANYA' GOHAN(ごはんやごはん)

本格和カフェのスイーツは無加糖・無殺菌の「生甘酒」アイス

[左]生甘酒アイス [右]お味噌入り 手作りプリン

五ツ星お米マイスターが選定したお米を土鍋で炊き上げたごはんと、発酵調味料を使用した月替わりの副菜や具沢山お味噌汁が楽しめる、明るく開放的な和風カフェ「GOHANYA' GOHAN(ごはんやごはん)」。
以前おこめディアgohanでご紹介しましたが、カフェメニューでも麹を使ったスイーツが楽しめます。
山形県つや姫を100%使用した無加糖、無殺菌の酵素が活きている「生甘酒」のアイスは、甘酒をミルクで自分で溶かしてなめらかにしてから頂きます。また、優しい甘さの手作りプリンは、隠し味に白味噌を使う事で、コクとなめらかさがアップ!

平日11時~はお弁当も販売中。お米の発酵調味料三五八を使ったおかずと、白米・玄米の2種類が選べますよ。

GOHANYA' GOHAN(ごはんやごはん みなとみらい店)
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-6-2 グランドセントラルテラス 1F
TEL 045-228-8998
営業時間:11:00~21:00(L.O20:15)
     カフェタイム 14:30~16:30
定休日 :施設に準ずる

GOHANYA' GOHAN みなとみらい店 (新高島/和食(その他))

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140103/14068519/

★★★☆☆3.05 ■五ツ星お米マイスターが選定したお米を土鍋で炊き上げました。 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

おしゃれごはんカフェ「GOHANYA GOHAN」でごはんもスイーツも楽しむ

http://gohan.life/articles/97

みなとみらいのオフィスビルの入り口にあるごはんカフェ。今年8月にオープンした「GOHANYA GOHAN」は、かわいいインテリア内装がうれしい、気軽に入れる本格ごはん定食のお店です。

この記事のライター

関連する投稿


日本茶ごはん×選べるギフトタグ 遊び心あふれる新しい日本茶ギフト

日本茶ごはん×選べるギフトタグ 遊び心あふれる新しい日本茶ギフト

おいしい日本茶研究所では、新しいかたちの日本茶ギフトとして、日本茶ごはんをたのしめる「日本茶ノ米」をリリースしました。ユニークな選べるギフトタグで贈る楽しみをプラスした、遊び心あふれる贈り物です。


思わず贈りたくなる、かわいいお米ギフトまとめ

思わず贈りたくなる、かわいいお米ギフトまとめ

今、お米関連のギフトがとてもおしゃれで素敵になっています。そこで今回は、贈る人それぞれのキャラクターを考えてギフトを選んでみました。見た目も味も喜んでいただけること間違いなしですよ。


グルテンフリーの米粉パン屋さん厳選5店【全国編】

グルテンフリーの米粉パン屋さん厳選5店【全国編】

米粉を使ったパン屋さん特集。今回は東京以外のグルテンフリーの米粉パン専門店をセレクトしました。オンラインショップでのお取り寄せもできるので、気になるお店をチェックしてみてください♪


日本酒素人の女子がターゲット。ワイングラスで愉しむおしゃれ日本酒バル

日本酒素人の女子がターゲット。ワイングラスで愉しむおしゃれ日本酒バル

日本酒を飲む人を増やそうじゃないか!おしゃれなバルと日本酒を融合した「KATSUO -カツオ-」が2018年2月15日(木)に東京・立川にオープンしました。日本酒60種以上をワイングラスで愉しむ新しいタイプの日本酒バル。日本酒女子会や合コン・デートなどにいかがでしょうか♪


見た目も美味しい、素敵なふりかけまとめ

見た目も美味しい、素敵なふりかけまとめ

ごはんのお供の代表選手・ふりかけ。栄養補助の役目もかねた、日本の食卓に欠かせないアイテムです。今回は見た目も素敵でキッチンやテーブルを盛り上げてくれそうなふりかけをまとめました。


最新の投稿


【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第22回は稲作と連作障害についてです。


【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

佐賀県の株式会社峰松酒造場は、2018年5月26日(土)より『幻の米「龍の瞳」で40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒』をコンセプトに、九州初となる佐賀県産「龍の瞳」100%使用の日本酒『肥前浜宿 龍の瞳 純米吟醸 無濾過原酒』を数量限定各1000本で同時販売開始します。


グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

国内産米でグルテンフリーに。お米の精米・卸売事業を手掛ける株式会社むらせが「メープル味」「きなこ味」「和風だし味」の3種類の「ライスグラノーラ」をリニューアル。2018年6月5日(火)より全国で新発売します。


Tempura Lunch Box @ Tempura Yamanoue on 13F of Ginza Six

Tempura Lunch Box @ Tempura Yamanoue on 13F of Ginza Six

”What I Eat Everyday In Japan. Yes, this lunch box is a bit luxury for me, but this was special lunch gathering with some friends from the states.


「おいしい、かっこいい」せんべいが、米菓業界異例の大ヒット!

「おいしい、かっこいい」せんべいが、米菓業界異例の大ヒット!

倒産寸前の老舗せんべい工場が日本で一番入手困難な人気せんべいメーカーに生まれ変わるまでを、ヒットを仕掛けた兄弟が語る『センベイブラザーズのキセキ ~赤字を1年で黒字化 金、時間、経験なし 町工場の奮闘記~』。2018年5月21日、大和書房より発刊します。煎餅を新しい形で仕掛ける二人の情熱に触れてみてはいかがでしょうか。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング