【ごはん歳時記 3月】ひな祭りとお米の、切っても切れない関係

【ごはん歳時記 3月】ひな祭りとお米の、切っても切れない関係

ひな祭りには欠かせないメニューがいっぱいありますね。 「ちらし寿司」「ひし餅」「雛あられ」「白酒」、これみんな素材は「お米」。 お米の国ニッポンのお祭りとお米の、切っても切れない深い縁です。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月のメニューは「ひな祭りの食べ物」です。

ちらし寿司で出身地がわかる?

ひな祭りの定番ごはんは「ちらし寿司」というのは、いつごろから定着したんでしょう。あなたが小さいころ食べた「ちらし寿司」はどんなお寿司でしたか?

筆者は京都出身ですが、「ちらし寿司」といえば酢飯に煮たシイタケやレンコン・かんぴょうなどを混ぜて、その上に錦糸玉子や茹でエビ・焼きアナゴなどを散らしたお寿司でした。見た目がきれいで賑やかなお祭りっぽいお寿司でした。


東京で「ちらし寿司」といえば酢飯の上にお刺身や玉子焼きを乗せたお寿司で、握ってない握り寿司みたいな感じですよね。
江戸前の新鮮な魚が美味しい東京と、鮮魚が手に入りにくい京都では、ちらし寿司に使える素材も調理の仕方も変わるんですね。

他にも「五目寿司」とか「バラ寿司」とか呼び名は違いますが、お祝い事に食べるお寿司は各地の特産物や風習を反映してさまざまなバリエーションがあるようです。お雑煮同様、ちらし寿司の中身で出身地がわかるかもしれませんよ。

色にも意味がある「ひし餅」と「雛あられ」

ひし餅は普通の鏡餅などと同じようにもち米をついて作ります。重ねる時は上からピンク・白・緑の順に重ねます。色はくちなし(ピンク)・ひしの実(白)・よもぎ(緑)でつけていますが、いずれも健康に良いとされる食物です。ピンクは「魔除け」や「桃の花」、白は「清浄」や「白雪」、緑は「長寿」や「春の芽生え」を意味すると言われます。

ひし餅の色の意味

着色意味・言われ
ピンクくちなし魔除け・桃の花
ひしの実清浄・白雪
よもぎ長寿・春の芽生え

雛あられはひし餅を小さく砕いた物が原形とも言われますが、もち米を油で揚げて作ったものもあります。色はひし餅と同じ3色の場合と黄色を加えた4色の場合があり、それぞれ意味が違うらしいですよ。

雛あられの色の意味

意味・言われ
3色の場合白=大地 緑=木々 ピンク=命
4色の場合白=冬 緑=春 ピンク=夏 黄=秋

雛あられも関東と関西では味付けが違っており、関東風は砂糖をまぶした甘い味、関西は醤油や塩味が主流だそうです。
同じもち米から作っても、食感が違うので違った味が楽しめますね。素材としてのお米の幅広い力です。

「白酒」と「甘酒」はまるで別物。

記憶の中でひな祭りに飲んだ白くて甘い飲み物は何ですか。白酒?甘酒?
それは甘酒のはずです。白酒というのは蒸したもち米にみりんや焼酎を加え、熟成させた後にすりつぶした「お酒」で、甘みは強いですがアルコール分も9%ほどあります。つまり本当の「白酒」は子供が飲んではいけないものです。

甘酒のほうは、ごはんやおかゆに米麹を加えて加熱熟成したもの。でんぷんの甘みはたっぷりありますがアルコール分はほとんどありませんから、お子さんが飲んでも安心です。家庭では酒粕に甘味料を加えて甘酒にすることが多いですが、これは少しアルコール分が含まれますから、小さい子供さんは要注意ですね。

ひし餅やあられとは姿形はずいぶん違いますが、白酒も甘酒も原料として使われているのはお米。ひな祭りを賑やかに盛り上げてくれる美味しいメニューは、応用力に優れた食材、ニッポンのお米が風味豊かに演出してくれるのです。

この記事のライター

関連する投稿


【ごはん歳時記 5月】五月晴れに似合う「かやくご飯」の「かやく」は何?

【ごはん歳時記 5月】五月晴れに似合う「かやくご飯」の「かやく」は何?

気持ちいい晴れの日が続く五月は、食欲も旺盛。白いごはんにいろいろな具材を加えると、ますますご飯が進みます。炊き込みご飯、お赤飯、チャーハン、ピラフ、おかゆ・・・・。ところで「炊き込みご飯」と「かやくご飯」、何が違うんでしょう?


ヘルシー郷土料理で健康まちおこし「ご当地タニタごはんコンテスト」開催 !

ヘルシー郷土料理で健康まちおこし「ご当地タニタごはんコンテスト」開催 !

ご当地タニタごはんコンテスト実行委員会が、日本全国に点在する郷土料理にフォーカスし、地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、健康的な食事の目安に則ってアレンジしたレシピを募集しています。優勝者にはなんと賞金50万円が授与されるそうですよ!


日本初!創業330年の老舗酒蔵が朝食専用のあま酒『あさあま』を発売開始

日本初!創業330年の老舗酒蔵が朝食専用のあま酒『あさあま』を発売開始

元禄元年創業、佐賀県の合資会社光武酒造場が、4月3日(火)より、佐賀県のもち米を使用した朝専用あま酒『あさあま』を新発売します。『あさあま』は、「時間がない朝、朝食代わりに!!~コップ一杯のあさあまを~」をコンセプトに、今までになかった朝に飲む専用の甘酒です。


甘酒にセラミドをプラス。養命酒製造から美容系の甘酒が登場。

甘酒にセラミドをプラス。養命酒製造から美容系の甘酒が登場。

養命酒製造株式会社から、セラミドを配合した「甘酒」が2018年3月26日(月)より発売されます。健康にも美容にも嬉しいちょっと新しい甘酒です。


【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

そろそろお花見の季節ですね。桜を愛でながらの一献も粋ですが、「花より団子」とおっしゃる方も多いことでしょう。桜といえば「桜餅」。今月はごはんからちょっと寄り道をして和菓子の世界へ。


最新の投稿


【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第22回は稲作と連作障害についてです。


【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

佐賀県の株式会社峰松酒造場は、2018年5月26日(土)より『幻の米「龍の瞳」で40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒』をコンセプトに、九州初となる佐賀県産「龍の瞳」100%使用の日本酒『肥前浜宿 龍の瞳 純米吟醸 無濾過原酒』を数量限定各1000本で同時販売開始します。


グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

国内産米でグルテンフリーに。お米の精米・卸売事業を手掛ける株式会社むらせが「メープル味」「きなこ味」「和風だし味」の3種類の「ライスグラノーラ」をリニューアル。2018年6月5日(火)より全国で新発売します。


Tempura Lunch Box @ Tempura Yamanoue on 13F of Ginza Six

Tempura Lunch Box @ Tempura Yamanoue on 13F of Ginza Six

”What I Eat Everyday In Japan. Yes, this lunch box is a bit luxury for me, but this was special lunch gathering with some friends from the states.


「おいしい、かっこいい」せんべいが、米菓業界異例の大ヒット!

「おいしい、かっこいい」せんべいが、米菓業界異例の大ヒット!

倒産寸前の老舗せんべい工場が日本で一番入手困難な人気せんべいメーカーに生まれ変わるまでを、ヒットを仕掛けた兄弟が語る『センベイブラザーズのキセキ ~赤字を1年で黒字化 金、時間、経験なし 町工場の奮闘記~』。2018年5月21日、大和書房より発刊します。煎餅を新しい形で仕掛ける二人の情熱に触れてみてはいかがでしょうか。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング