【ごはん歳時記 3月】ひな祭りとお米の、切っても切れない関係

【ごはん歳時記 3月】ひな祭りとお米の、切っても切れない関係

ひな祭りには欠かせないメニューがいっぱいありますね。 「ちらし寿司」「ひし餅」「雛あられ」「白酒」、これみんな素材は「お米」。 お米の国ニッポンのお祭りとお米の、切っても切れない深い縁です。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月のメニューは「ひな祭りの食べ物」です。

ちらし寿司で出身地がわかる?

ひな祭りの定番ごはんは「ちらし寿司」というのは、いつごろから定着したんでしょう。あなたが小さいころ食べた「ちらし寿司」はどんなお寿司でしたか?

筆者は京都出身ですが、「ちらし寿司」といえば酢飯に煮たシイタケやレンコン・かんぴょうなどを混ぜて、その上に錦糸玉子や茹でエビ・焼きアナゴなどを散らしたお寿司でした。見た目がきれいで賑やかなお祭りっぽいお寿司でした。


東京で「ちらし寿司」といえば酢飯の上にお刺身や玉子焼きを乗せたお寿司で、握ってない握り寿司みたいな感じですよね。
江戸前の新鮮な魚が美味しい東京と、鮮魚が手に入りにくい京都では、ちらし寿司に使える素材も調理の仕方も変わるんですね。

他にも「五目寿司」とか「バラ寿司」とか呼び名は違いますが、お祝い事に食べるお寿司は各地の特産物や風習を反映してさまざまなバリエーションがあるようです。お雑煮同様、ちらし寿司の中身で出身地がわかるかもしれませんよ。

色にも意味がある「ひし餅」と「雛あられ」

ひし餅は普通の鏡餅などと同じようにもち米をついて作ります。重ねる時は上からピンク・白・緑の順に重ねます。色はくちなし(ピンク)・ひしの実(白)・よもぎ(緑)でつけていますが、いずれも健康に良いとされる食物です。ピンクは「魔除け」や「桃の花」、白は「清浄」や「白雪」、緑は「長寿」や「春の芽生え」を意味すると言われます。

ひし餅の色の意味

着色意味・言われ
ピンクくちなし魔除け・桃の花
ひしの実清浄・白雪
よもぎ長寿・春の芽生え

雛あられはひし餅を小さく砕いた物が原形とも言われますが、もち米を油で揚げて作ったものもあります。色はひし餅と同じ3色の場合と黄色を加えた4色の場合があり、それぞれ意味が違うらしいですよ。

雛あられの色の意味

意味・言われ
3色の場合白=大地 緑=木々 ピンク=命
4色の場合白=冬 緑=春 ピンク=夏 黄=秋

雛あられも関東と関西では味付けが違っており、関東風は砂糖をまぶした甘い味、関西は醤油や塩味が主流だそうです。
同じもち米から作っても、食感が違うので違った味が楽しめますね。素材としてのお米の幅広い力です。

「白酒」と「甘酒」はまるで別物。

記憶の中でひな祭りに飲んだ白くて甘い飲み物は何ですか。白酒?甘酒?
それは甘酒のはずです。白酒というのは蒸したもち米にみりんや焼酎を加え、熟成させた後にすりつぶした「お酒」で、甘みは強いですがアルコール分も9%ほどあります。つまり本当の「白酒」は子供が飲んではいけないものです。

甘酒のほうは、ごはんやおかゆに米麹を加えて加熱熟成したもの。でんぷんの甘みはたっぷりありますがアルコール分はほとんどありませんから、お子さんが飲んでも安心です。家庭では酒粕に甘味料を加えて甘酒にすることが多いですが、これは少しアルコール分が含まれますから、小さい子供さんは要注意ですね。

ひし餅やあられとは姿形はずいぶん違いますが、白酒も甘酒も原料として使われているのはお米。ひな祭りを賑やかに盛り上げてくれる美味しいメニューは、応用力に優れた食材、ニッポンのお米が風味豊かに演出してくれるのです。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第33回はレジスタントスターチについてです。


【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

象印の最上位モデルの炊飯ジャー『炎舞炊き』。このジャーで炊き上げた甘み豊かなごはん(白米・玄米)を堪能できる『炎舞炊き 象印食堂』が表参道に期間限定でオープンしたので早速レポートしましたよ!ごはんが美味しくて、ついお代わりしちゃいます。お腹をすかせて行ってくださいね♪


砂糖不使用なのに、チョコレートスイーツのよう!オーガニックな甘酒美容ドリンクが限定販売

砂糖不使用なのに、チョコレートスイーツのよう!オーガニックな甘酒美容ドリンクが限定販売

“11種類の雑穀”と“自然栽培米”を、「天然麹菌」で発酵させる日本古来の製法にこだわった、アムリターラの美容ドリンク甘酒にプレミアムなカカオをプラスした<玄米・雑穀 美養甘酒 カカオ>が期間・数量限定で発売中!そのままで味わい深いチョコレートスイーツを食べているかのような味わいです。


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

9月は敬老の日、お彼岸と休日が続きます。長寿のお祝いの席に欠かせないメニューと言えば、やっぱりお赤飯。 ほんのりと赤いお赤飯の色合いは、いかにもおめでたいですね。 でも、なぜ「おめでたい」=「お赤飯」という習慣ができたんでしょうか?


最新の投稿


お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社は、「ライスジュレ」によって主食米の需要低迷など全国の米生産者、農業団体が抱える課題を解決する取り組みとして、「JAぎふ」とコラボレーションし、岐阜県産の米粉を使用したオリジナルのグルテンフリーフィナンシェ「お米でできたフィナンシェ」を発売しました!


「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

本場スペインの技術と、和の要素を取り入れた、日本人好みのパエリア専門店「PAEZO(パエゾー)」にて、2018年クリスマスディナーの予約受付スタート! 銀座の極上の夜景を楽しみながら至福のひとときを過ごすことができる、毎年大好評の特別プランでクリスマスの夜をお楽しみください。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?