【ごはん歳時記 2月】恵方巻き

【ごはん歳時記 2月】恵方巻き

そろそろ節分が近づいてきましたね。昔は「節分」といえば「豆まき」しかありませんでしたけど、最近では「恵方巻き」が人気のようです。コンビニのおかげですっかり全国区になった感のある「恵方巻き」の正体、ごぞんじですか?


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月のメニューは「恵方巻き」です。

そもそも「恵方」ってなに?

小学生の頃は京都に住んでいた。お正月が近くなると、駅には初詣のポスターが貼りだされ、そこには「新年の恵方、初詣は○○神社へ」という文字があり、子供心に「恵方」ってなんや?と疑問に思ったことを憶えている。

東京に引っ越してからは「恵方」にお目にかかることもなかった。しかし近年コンビニで「恵方巻き」が売られるようになり、それをある方角を向いて無言で食べると福が来ると語られるようになって、古い記憶の中から「恵方」が蘇ってきた。

恵方の方位(wikipediaより)

「恵方」はその年の年神様(歳徳神)がいらっしゃる方角だそうで、十干十二支の十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)で決まる方角。例えば「戊戌」(つちのえ・いぬ)の年なら「戊」の示す方角つまり「南南東のちょっと南」というのが恵方になるらしい。どうやら関西方面に伝わっていた風習のようである。でも僕が知る限りにおいてはお正月に関する話であって、節分のことではなかった。

※記事は2018年のものです。2019年は己亥なので恵方は東北東です。

なぜ今、恵方巻きなんだ?

「恵方巻き」の元祖は大阪の街で食べられていた巻き寿司だと言われているが、京都にいた僕はそんな風習は聞いたことがなかった。もちろん節分の豆まきは盛んだったが、豆まきをする寺社が「恵方」をアピールすることはなかったようだ。それほど認知度の高い風習ではなかったのではないかと思われる。節分と「恵方」を結びつけたのは「恵方巻き」を全国区に押し上げたコンビニ戦略だろう。

クリスマスにはケーキ、バレンタインにはチョコ、ひな祭りにはあられ、季節の祝い事には食べ物がつきものだが、「鬼+豆」の節分は少々地味だったかもしれない。そこで家族みんなが喜んで頬張る巻き寿司に脚光を浴びせたコンビニの慧眼は見事といえるだろう。

信じる者は救われる。

「恵方巻き」は「恵方を向いて・切らずに丸ごと・無言で食べる」のが掟らしい。
「福を巻き込み」「年神様との縁を切らず」「福を口から逃がさないように」いただくという意味らしい。巻き込む具材に決まりはないようだが、縁起のいい七福神にあやかって、7種の具材を巻く豪華版もあるようだ。

オトナでも巻き寿司1本を丸々食べるのは少々too muchかもしれないが、春の到来を祝って、野菜でも魚でも玉子焼きでも何を巻き込んでもいい巻き寿司にしてごはんをいただくということは、節分そして立春を迎えるにはふさわしい縁起のいい風習かもしれない。

四季のある日本では季節を迎える風習が数多く存在する。古からの風習も時代や暮らしとともに、少しずつ姿を変えていくのだろう。
「家族そろって黙々&もぐもぐと恵方巻きをいただく風習は平成のころから広まった」と22世紀のWikipediaは語るだろうか。

この記事のライター

関連する投稿


【恵方巻】鬼ってる!?今年の恵方は“東北東”。大丸梅田店でバリエ豊富な恵方巻がずらり

【恵方巻】鬼ってる!?今年の恵方は“東北東”。大丸梅田店でバリエ豊富な恵方巻がずらり

2月3日(日)節分の日、今年の恵方は“東北東”です! 大丸梅田店では、神様頼みのパワスポ系や、なんとも豪華なセレブ系や、健康を意識したヘルシーな草食系など欲張りなセレクションで、個性豊かな節分恵方巻きを“鬼(おに)いさん”たちがご紹介します!


日本の国菌「オリゼー」って? 和食をささえるふしぎなカビを探る児童向けノンフィクション、発売!

日本の国菌「オリゼー」って? 和食をささえるふしぎなカビを探る児童向けノンフィクション、発売!

「オリゼー」をご存じでしょうか?私たち日本人の暮らしにとても大切な「カビ」なのです。そんな楽しい児童向けノンフィクション『ふしぎなカビ オリゼー 千年の物語-和食をささえる微生物』が、株式会社岩崎書店から2018年10月26日に発売されました。


【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

9月は敬老の日、お彼岸と休日が続きます。長寿のお祝いの席に欠かせないメニューと言えば、やっぱりお赤飯。 ほんのりと赤いお赤飯の色合いは、いかにもおめでたいですね。 でも、なぜ「おめでたい」=「お赤飯」という習慣ができたんでしょうか?


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

earth grace株式会社は、書道家の武田双雲氏が結成した「TEAM地球」がプロデュースする創作おみそ汁専門店「MISOJYU」(ミソジュウ)を2018年6月5日、浅草にオープンしました。おしゃれなお店で美味しいおにぎりと味噌汁が楽しめます。


最新の投稿


【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第40回はお米由来の工業製品についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第1回】いつもの「お出汁」をワンランクアップ

【ご馳走!おみそ汁レシピ第1回】いつもの「お出汁」をワンランクアップ

おいしいお出汁(だし)をマスターしたら、毎日のおみそ汁とごはんがご馳走に。今回はおみそ汁の基本となる、いりこ出汁の超かんたんレシピや、かつお、昆布、しいたけなど、それぞれのお出汁の特徴をご紹介します。お出汁は冷凍保存も可能なので、1回分ずつ分けて冷凍すれば忙しい朝も手間いらずですよ。


Natto & Kimchi Japanese & Korean Combination @ Sendai-ya

Natto & Kimchi Japanese & Korean Combination @ Sendai-ya

”What I Eat Everyday In Japan." I love natto and kimchi. Yes, they are both smelly, fermented foods, which is supposed to be good for you in many ways, for your beauty, for cleansing your blood vessels.....


【カフェコメコ 上石神井店】米粉使用の満腹ヘルシーランチ。まったりできる雰囲気も魅力

【カフェコメコ 上石神井店】米粉使用の満腹ヘルシーランチ。まったりできる雰囲気も魅力

西武新宿線の上石神井駅から徒歩3分程の場所にある「カフェコメコ」は、米粉を使用した豊富なメニューを楽しむことができます。ヘルシーでおいしくてボリュームも満点なランチメニュー、米粉スイーツ、キッズメニューや女子会向けのコース料理など、ランチ・カフェ・ディナーと色々な楽しみ方ができるのは魅力的。米粉料理を堪能しに、訪れてみませんか?


nakato「麻布十番シリーズ」から『北海道産かみふらの地養豚のカレー』『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を新発売

nakato「麻布十番シリーズ」から『北海道産かみふらの地養豚のカレー』『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を新発売

手間を惜しまずつくった本格的な味わいが特長の一人前洋食シリーズ「麻布十番シリーズ」から、春の新商品として『北海道産かみふらの地養豚のカレー』が2019年2月25日(月)に、また、春季限定品として『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を2019年2月1日(金)に発売されます!