楽しくて美味しい!『第二の故郷づくりプロジェクト』

楽しくて美味しい!『第二の故郷づくりプロジェクト』

「第二のふるさと」を持てる、楽しくて美味しいプロジェクトを発見しました。故郷のなり手にふさわしい理解のある農家さんと繋がって、農家さんがいつも食べているお米を直接送ってもらって、会いにも行ける。そんな温かい試みです。


『第二の故郷づくりプロジェクト』って?

株式会社ALLER.1(アレルワン)が企画する『第二の故郷づくりプロジェクト』は、第二・第三の故郷を持つことで、地方に住む人も都会に住む人も、元気になれる仕組みを作ろうと始まったプロジェクト。

故郷のなり手に相応しい理解のある農家さんと繋がって、農家さんがいつも食べているお米を直接送ってもらって、会いにも行けるのです。
・ふるさとのなり手に相応しい農家さんなので、「初めてなのに懐かしい」。
・農家さんがいつも自分たちが食べているお米をお裾分けいただくので、「食の安全を手に入れられる」。
・農家さんに会いに行けるので、「知らない人なのに温かい」。
「お米を買うんだけど、お米を買うわけではない」、人生を安心して豊かに過ごすための「ご縁」と「帰れる場所」を手に入れていく。

それが、「第二のふるさと作り」なのです。

お米を通して第二の故郷をつくる

毎回農家さんの自家栽培100%の新米が届きます。

さらにこの企画の面白いところは、2ヵ月毎に希望したエリアの中から毎回異なる農家さんからお米が送られてくるので、まるで全国の農家さん巡りをしているかのような楽しみと出逢いが待っている点。
お米好きには、『出逢い』も楽しめる「第二のふるさと米」はとても魅力的です。

会いにも行ける・体験できる

さらに、第二のふるさと米で繋がった農家さんに会いに行ける(中には泊めてもらえる)というのもこのプロジェクトのうれしい特徴。
第二の故郷のなり手として理解のある親しみやすい農家さんばかりなのだそうです。

都会を離れることで、大人にも様々な気付きが得られるとの声が絶えないそう。

初めて見るカブトエビに、大人も子供も大はしゃぎ!カブトエビが悠々と泳ぐ田んぼは低農薬の証拠。

まるで故郷の原風景が広がります。

概要とお問い合わせ

概要

・2017年度米は、限定100家族分
・2017年度年会費(2018年1月~2018年10月)

◆エリア:兵庫県南あわじ市、富山県南砺市 他
◆ぷらん:
〈2017年度年会費がリーズナブルになりました!〉
・『都会の娘・息子に仕送り』ぷらん
(2ヵ月毎にお米5kgのお米が翌10月までに5回届きます   送料込み22,000円(税別)
※月々払いをご希望の場合: 月々2,500円(税別)
・『都会のファミリーに仕送り』ぷらん
(2ヵ月毎にお米10kgのお米が翌10月までに5回届きます 送料込み43,000円(税別)
※月々払いをご希望の場合: 月々4,800円(税別)
◆玄米か精米かを選択

【資料請求・申し込み】
order@aller-one.com  第二の故郷づくりプロジェクト宛にメールにて送付。

お問合せ

「第二の故郷づくりプロジェクト」(株式会社ALLER.1(アレルワン)内)
メール:contact@aller-one.com
電話:03-4405-9253(平日9:30-17:30 不在の場合は留守番電話対応)

この記事のライター

関連するキーワード


お米 ふるさと 農家

関連する投稿


ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える、日本を代表する収穫祭・東京ハーヴェスト。今年は10月11日(木)から13日(土)の3日間開催します。たくさんのワークショップから編集部が注目するのは「47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!」です。


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第31回は収穫後に使う器具の変遷についてです。


【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第30回は産地と品種についてです。


【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第29回はお米の価格についてです。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング