楽しくて美味しい!『第二の故郷づくりプロジェクト』

楽しくて美味しい!『第二の故郷づくりプロジェクト』

「第二のふるさと」を持てる、楽しくて美味しいプロジェクトを発見しました。故郷のなり手にふさわしい理解のある農家さんと繋がって、農家さんがいつも食べているお米を直接送ってもらって、会いにも行ける。そんな温かい試みです。


『第二の故郷づくりプロジェクト』って?

株式会社ALLER.1(アレルワン)が企画する『第二の故郷づくりプロジェクト』は、第二・第三の故郷を持つことで、地方に住む人も都会に住む人も、元気になれる仕組みを作ろうと始まったプロジェクト。

故郷のなり手に相応しい理解のある農家さんと繋がって、農家さんがいつも食べているお米を直接送ってもらって、会いにも行けるのです。
・ふるさとのなり手に相応しい農家さんなので、「初めてなのに懐かしい」。
・農家さんがいつも自分たちが食べているお米をお裾分けいただくので、「食の安全を手に入れられる」。
・農家さんに会いに行けるので、「知らない人なのに温かい」。
「お米を買うんだけど、お米を買うわけではない」、人生を安心して豊かに過ごすための「ご縁」と「帰れる場所」を手に入れていく。

それが、「第二のふるさと作り」なのです。

お米を通して第二の故郷をつくる

毎回農家さんの自家栽培100%の新米が届きます。

さらにこの企画の面白いところは、2ヵ月毎に希望したエリアの中から毎回異なる農家さんからお米が送られてくるので、まるで全国の農家さん巡りをしているかのような楽しみと出逢いが待っている点。
お米好きには、『出逢い』も楽しめる「第二のふるさと米」はとても魅力的です。

会いにも行ける・体験できる

さらに、第二のふるさと米で繋がった農家さんに会いに行ける(中には泊めてもらえる)というのもこのプロジェクトのうれしい特徴。
第二の故郷のなり手として理解のある親しみやすい農家さんばかりなのだそうです。

都会を離れることで、大人にも様々な気付きが得られるとの声が絶えないそう。

初めて見るカブトエビに、大人も子供も大はしゃぎ!カブトエビが悠々と泳ぐ田んぼは低農薬の証拠。

まるで故郷の原風景が広がります。

概要とお問い合わせ

概要

・2017年度米は、限定100家族分
・2017年度年会費(2018年1月~2018年10月)

◆エリア:兵庫県南あわじ市、富山県南砺市 他
◆ぷらん:
〈2017年度年会費がリーズナブルになりました!〉
・『都会の娘・息子に仕送り』ぷらん
(2ヵ月毎にお米5kgのお米が翌10月までに5回届きます   送料込み22,000円(税別)
※月々払いをご希望の場合: 月々2,500円(税別)
・『都会のファミリーに仕送り』ぷらん
(2ヵ月毎にお米10kgのお米が翌10月までに5回届きます 送料込み43,000円(税別)
※月々払いをご希望の場合: 月々4,800円(税別)
◆玄米か精米かを選択

【資料請求・申し込み】
order@aller-one.com  第二の故郷づくりプロジェクト宛にメールにて送付。

お問合せ

「第二の故郷づくりプロジェクト」(株式会社ALLER.1(アレルワン)内)
メール:contact@aller-one.com
電話:03-4405-9253(平日9:30-17:30 不在の場合は留守番電話対応)

この記事のライター

関連するキーワード


お米 ふるさと 農家

関連する投稿


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。


【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第22回は稲作と連作障害についてです。


グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

国内産米でグルテンフリーに。お米の精米・卸売事業を手掛ける株式会社むらせが「メープル味」「きなこ味」「和風だし味」の3種類の「ライスグラノーラ」をリニューアル。2018年6月5日(火)より全国で新発売します。


【お米クイズ】第21回:お米の輸出はいつ頃からされている?

【お米クイズ】第21回:お米の輸出はいつ頃からされている?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第21回はお米の輸出についてです。


【お米クイズ】第20回:お米にまつわる資格とは?

【お米クイズ】第20回:お米にまつわる資格とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第20回はお米にまつわる資格についてです。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。