子どもたちに“一生モノの感性と教養”を。「日本和食卓育キッズアンバサダー講座」

子どもたちに“一生モノの感性と教養”を。「日本和食卓育キッズアンバサダー講座」

子どもたちへのさらなる“和食卓文化”伝承を目指す「 日本和食卓育キッズアンバサダー講座」。スタート直後からすぐに定員に達するほど人気の講座が2018年1月13日(土)より土曜クラスも新設されるそうです!


「日本和食卓育キッズアンバサダー講座」とは?

和食卓文化を体験的遊びを交えて「学び」、実際に和食和菓子を「作って食べる」五感を育てる子どもの和食卓育講座。 2008年から二十四節気の季節の移り変わりに合わせ開催してきた、子ども向けの和食卓育教室をベースにした講座です。一般社団法人日本和食卓文化協会が主催しています。

10人までの少人数制で、子どもたちに“安全”かつ“確かな学び”を

「日本和食卓育キッズアンバサダー講座」ではこれまでも、以下の3つの点を軸に、季節ごとに合った講座を開催してきました。
‐【和食卓育】で日本伝統の和食卓文化を、遊びを交えながら五感で学ぶ
‐【味比べ】で味覚を正しく判断できる、舌と脳を育てる
‐【料理実習】で料理の楽しさと、自分で作った料理を味わう体験をする
今回増設した土曜クラスは、安全に楽しく講座をおこなうために10人までの少人数制はそのまま継続。午前授業のある日や遠方に住む子どもたち、女の子だけでなく多くの男の子にも参加してもらえるよう、時間帯を14:00~17:30とし、門戸を広げたそうです。

自然の恵みに“いただきます”と感謝を述べ、箸と器を持って丁寧に食事する素晴らしい「和食卓文化」を、講座を通じてひとりでも多くの方に広まるといいですね。

「日本和食卓育キッズアンバサダー講座」2018年1月~3月のスケジュール

◆2018年1月『小正月と冬の旬』

お正月から小正月までの伝統行事と和食卓文化と冬の旬のお話です。
実習は小正月の繭玉作り、ちりめんほうれん草や蕪の冬野菜料理数種を予定。

開催日:1月13日(土) 14:00~17:30
    1月14日(日) 14:00~17:30

◆2018年2月『節分・立春』

節分・立春の伝統行事と和食卓文化のお話です。
実習は恵方巻と福豆仕立てのおすまし。具もすべて実習で作ります。

開催日:2月3日(土) 14:00~17:30
    2月4日(日) 14:00~17:30

◆2018年3月『桃の節句・ひな祭り』

ひな祭りの伝統行事と和食卓文化のお話。
実習は雛寿司とはまぐり椀、菱餅風三色かんを作ります。

開催日:3月3日(土) 14:00~17:30
    3月4日(日) 14:00~17:30

  • 場所:日本和食卓文化協会(『料理のある風景』内)東京都世田谷区梅丘2-33-30
  • 料金:入会金5,000円(手帳代・2年分年会費込/消費税別
    授業料金1回 4,000円/体験参加 4,000円(1回のみ)(実習材料費・テキスト代込/消費税別)
  • お申込み:公式サイト(https://www.nihonwasyokutakubunka.com/subscription
    もしくは電話(03-6754-5765)にて受付
一般社団法人日本和食卓文化協会 概要
代表理事 槻谷順子
名称 一般社団法人日本和食卓文化協会
設立 2017年2月13日
所在地 東京都世田谷区梅丘2-33-30
連絡先 電話・FAX:03-6754-5765 メール:itadakimasu@nihonwasyokutakubunka.com
HP:https://www.nihonwasyokutakubunka.com

<槻谷順子・プロフィール>
料理を生業とする家に生まれ、「料理のある風景」=「幸せな家族の仕事風景」として育つ。フードスタイリストで現・料理研究家のアシスタントの後、27歳でフリーのフードスタイリストとして独立。雑誌・料理本・広告・カタログ等を中心に仕事をし、最近はスタイリングのみならず盛り付けや料理製作も含めたトータルなコーディネートを行う。
2008年より『フードスタイリング教室』「子供と大人の和食卓育教室」を開始。

一般社団法人 日本和食卓文化協会

https://www.nihonwasyokutakubunka.com/

季節ごとにあしらう器や箸置きを愛でながら、五感すべてで四季を感じる和の心。「いただきます」を未来へつむぐ和食卓育、はじまります。

この記事のライター

最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング