【お米クイズ】第2回:コシヒカリの「祖先」は?

【お米クイズ】第2回:コシヒカリの「祖先」は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第2回はコシヒカリの「祖先」についてです!


【第2回】問題:コシヒカリの「祖先」にあてはまる品種は?

さてお米に関するあれこれ… 今回も「品種編」です。お米に関心のある人だと「このお米はコシヒカリ系列なのだろうか!?」と気になりますよね。「コシヒカリ系列」とは「その品種はコシヒカリを祖先に持つかどうか」ということです。

「コシヒカリ系列」の代表例としては、「あきたこまち」「ひとめぼれ」「ヒノヒカリ」などがあります。良食味米として日本各地で栽培されている「コシヒカリ」。日本で生産されるお米(うるち米)の30%以上をコシヒカリが占めています。
トップランナーとしての地位は当分、揺るぎそうにもありませんね。「たまにはコシヒカリ以外のお米を食べてみたい」…という方もいらっしゃるかと思います。

問題
次に挙げるア~エのうち、コシヒカリの子や孫ではなく、「祖先」にあてはまる品種はどれでしょうか?

ア.亀の尾
イ.日本晴
ウ.はえぬき
エ.ササニシキ


さあ、どれか一つ、選びましたか?
答えは、ページをスクロールしてくださいね!











正解

正解は…
アの「亀の尾」でした!

亀の尾は明治時代に山形県で阿部亀治により育成された品種です。今の時代に広まっているコシヒカリやササニシキ、ひとめぼれ、あきたこまちといった「良食味なお米」のほとんどがこの「亀の尾」の血を引いています。亀の尾はその味もさることながら、病気や寒さにも強いという点も大きな特徴です。「収穫が安定して味も良い!」ということで全国に広まっていきました。イの「日本晴」は1970年代に最も多く栽培されたお米です。

いかがでしたか?
まだまだクイズは続きますので、お楽しみに!

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第31回は収穫後に使う器具の変遷についてです。


【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第30回は産地と品種についてです。


【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第29回はお米の価格についてです。


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第31回は収穫後に使う器具の変遷についてです。


【Amazon限定】海苔とあられを好きなだけ追加できる永谷園お茶漬け 新発売!

【Amazon限定】海苔とあられを好きなだけ追加できる永谷園お茶漬け 新発売!

お茶漬けの中のあられのファンに朗報です!永谷園は、きざみのりとあられを好きな量だけ追加できる「海苔・あられ増し増し お茶づけ海苔」を、2018年9月5日(水)よりAmazon限定で発売。世界で一つのお茶づけも夢じゃない!?


子ども主体の自宅料理体験サービス「かぞくごはん」でハロウィンパーティを

子ども主体の自宅料理体験サービス「かぞくごはん」でハロウィンパーティを

「かぞくごはん」は、子どもの右脳と心の成長を目的とした“キッチン学”を自宅で体験できる「料理の家庭教師派遣サービス」。普段忙しくてゆっくりと料理を教えてあげられないパパ・ママに代わり、料理を子どもと楽しみながら教えます。期間限定でお得なハロウィンキャンペーンも開催中!


「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を!

「おにぎりアクション2018」おにぎり写真でアフリカに100万食の給食を!

日本の食「おにぎり」をシンボルとし、おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も開始します。今年のテーマは“おにぎり持って、最高のおでかけしよう!”。たくさんのおいしい笑顔が世界を救う一助になります。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング