訪日外国人に日本のお正月体験を!外国人向け「おせち料理体験クラス」

訪日外国人に日本のお正月体験を!外国人向け「おせち料理体験クラス」

年始にしか味わう事のできない「おせち」料理体験を、訪日外国人に向けて開催するお料理教室を発見しました。このクラスで外国人の方たちのほうが私たち日本人よりおせちに詳しくなってしまうかもしれません!?


日本の伝統を体感!訪日外国人向けのおせち料理教室がオープン。

いまや訪日外国人のニーズは単なる観光にとどまらず、日本の伝統文化や日本人のリアルな生活を体感したいという「体験型」へとシフトしています。

外国人向け和食料理教室を運営しているわしょクック株式会社は、日本の伝統食である「おせち料理教室」をオープン。(2017年11月より)
ふつうは年始にしか味わうことのできない「おせち」ですが、こちらの教室は訪日外国人のために年中開催。「いつでもお正月 おせち料理教室」です。

和食文化がギュッととつまった「おせち料理」とお正月のセレモニーは毎年大人気で、年末は多くの外国人が参加するそう。
昨年までは年末のみ在日外国人向けの期間限定クラスでしたが、今般一年中訪れる訪日外国人向けに「いつでもお正月 おせち料理教室」をオープンしたそうです。

英語版のサイト。

メニューは代表的おせち料理に加え、お雑煮をご紹介。ダシの取り方から丁寧にレッスンします。お重に詰める工程は「beautiful」と歓声があがります。
お正月恒例の「おとそ」「おみくじ」「お年玉」なども紹介し、日本のお正月文化を深く知ることができるそうです。

日本の和食・家庭料理を教える事のできる認定講師の育成も。

さらにこちらでは、日本の和食・家庭料理を教える事のできる認定講師の育成事業にも取り組んでいるそうです。

おせちや日本の伝統に詳しい外国人の方がたくさん増えるのは、日本人としてとても誇らしい気分になりますね!

訪日外国人向け「おせち料理教室」に興味のある人はわしょクック株式会社のホームページからお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。


この記事のライター

関連する投稿


【GOHANYA’ GOHAN みなとみらい】五つ星お米マイスター厳選のお米と発酵食品で夏ごはん

【GOHANYA’ GOHAN みなとみらい】五つ星お米マイスター厳選のお米と発酵食品で夏ごはん

GOHANYA’ GOHAN みなとみらいは、五つ星お米マイスターが選んだお米を、四日市萬古焼の土鍋を使用し、ガス火で炊くこだわりごはんを提供する和食レストランです。 最適な水加減、火加減で調整して炊いたごはんと、ごはんに合う発酵調味料、発酵食品を使ったお料理は、夏バテ気味の体にも染み入る味わいですよ。


【お米の基礎講座】グルテンフリー

【お米の基礎講座】グルテンフリー

「グルテンフリー」というフレーズ、聞いたことありませんか? アレルギー体質の人やダイエットを気にしている人たちの注目を集めている 健康を意識した食生活メニューのことです。 和食、それもお米を食材にしたメニューは、実はグルテンフリーのようですよ。


【2017年夏】日本のお米を楽しむスポットまとめin東京

【2017年夏】日本のお米を楽しむスポットまとめin東京

日本のお米をもっと知りたい!味わいたい!そんな方のためにこの夏東京で楽しめるイベントやおすすめスポットをまとめました。いつものごはんもいいけれど、違った視点でおいしいお米を楽しんでみるのはいかがでしょうか。予定やお休みが変わることもあるので事前に確認の上、お出かけくださいね。


Osechi - New Year's Feast. Not so big, but still Enjoyed Ritual

Osechi - New Year's Feast. Not so big, but still Enjoyed Ritual

"What I Eat Everyday In Japan." Wishing you a happy 2017 and food-full year ( !) !


最新の投稿


【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。