日本のおいしいお米を世界に - ごはんグルメトレンド[2]

日本のおいしいお米を世界に - ごはんグルメトレンド[2]

農林水産省によると、日本人1人当たりのお米の消費量は年々減少し、2015年度には、ピーク時の約半分になりました。ところがその一方で、世界中に日本食レストランが増えています。今や日本のお米は海外で人気が高まっているのです。今回は、日本のお米の輸出事情について調べてみました。


お米の輸出は年々増えている

国内でお米離れが叫ばれる一方で、外国への輸出は増えています。

農林水産省の「米に関するマンスリーレポート(平成29年11月)」に、お米の輸出についての記載がありました。

・「農林水産物・食品の国別・品目別輸出戦略」(平成25年8月決定)の中で、コメ・ コメ加工品の輸出額を2020年(平成32年)までに600億円とすることが決定。
・2020年(平成32年)の輸出額1兆円目標について、「未来への投資を実現する経 済対策」(平成28年8月決定)において、平成31年に1年前倒しすることとされ、 オールジャパンでの輸出拡大を推進。
・2016年の輸出額は、221億円(前年比9.9%増)。

資料:財務省「貿易統計」(政府による食料援助を除く)
コメ・コメ加工品の輸出状況

どうやってお米の輸出をさらに増やそうとしているの?

それでは、政府はお米・お米関連食品の輸出額を増やすために、実際にどんな取り組みをしているのでしょうか?

輸出拡大に向けて--スナック菓子やお酒もターゲット

見ると、精米だけでなく、包装米飯・日本酒・米菓も含めた加工品の輸出に力を入れているようです。

たしかに、日本の酒やお菓子が海外で人気だというニュースをよく耳にしますよね。
日本食レストランも世界中で増えています。

世界的に日本食レストランが急増しています。平成18年には全世界で約2万4,000店で
したが、平成25年には約5万5,000店へと増加。さらに平成27年には約8万9,000店に
達しました。このような新たな市場に、戦略的に日本の農林水産物を売り込んでいくことが
求められています。

コメ(包装米飯含む)重点国
現地での精米の取組や炊飯ロボットと合わせた外食への販売など、日本米のプレゼンスを高める取組を推進。 新興市場:台湾、豪州、EU、ロシア、中国、米国等
安定市場:香港、シンガポール
米菓重点国
相手国のニーズに合った商品の開発、手軽なスナックとしてのプロモーション強化。新興市場:中東、中国、EU
安定市場:台湾、香港、シンガポール、米国
日本酒重点国
発信力の高い都市や重点市場でのイベント・事業を実施するほか、セミナー等を通 じて、日本酒の良さについて普及。日本酒の生産増に対応した酒造好適米の増産が可能となるよう措置。 新興市場:EU、台湾、中国、ブラジル、 ロシア、韓国
安定市場:米国、香港

資料:米に関するマンスリーレポート

実に様々な国に日本のお米を売り込もうとしています。
また、ごはんのキモである「炊き方」対策としてロボットを起用するなど、日本らしい作戦も。

日本のお米輸出拡大に向けた団体もできています

さらに、お米・お米関連食品の輸出拡大のため、他の品目に先がけて、オールジャパンで輸出を促進する全国団体 J.R.E(一般社団法人全日本コメ・コメ関連食品輸出促進協議会)が2014年に立ち上がりました。統一ロゴマークの開発・発表、海外でのPRイベント等を開催しています。

一般社団法人 全日本コメ・コメ関連食品輸出促進協議会*JRE

http://zenbeiyu.com/jp/

一般社団法人 全日本コメ・コメ関連食品輸出促進協議会*JRE オフィシャルサイト

海外の人がひと目で日本産である事を確認できるロゴマークがこちら。富士山・桜・太陽のモチーフは、「日本らしさ」をストレートに伝えていますね。

日本産米・米関連食品輸出促進統一ロゴマーク

J.R.Eのサイトでは、外国人向けに日本産のお米のあれこれを英語で紹介している動画が見られますよ。

ごはんの炊き方も英語で紹介しています。

今回の気づき

今回調べてみてわかったのは、思った以上に日本のお米は海外で人気があるということでした。
日本のお米に関わるたくさんの人が努力した積み重ねの結果だと思います。

世界中に美味しい日本のお米の魅力が伝わるよう、願ってやみません。
そしてそれが逆に国内のお米人気アップにつながればもっとうれしいです。

これからも、この取り組みの動向を見守っていきたいと思います!

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第31回は収穫後に使う器具の変遷についてです。


【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第30回は産地と品種についてです。


【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第29回はお米の価格についてです。


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング