幻のマツタケご飯:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

幻のマツタケご飯:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

今年は国産のマツタケが超不作らしい。それでなくても、庶民には手の届かない贅沢品になってしまったマツタケ。もう死ぬまでにマツタケご飯は食べられないかもしれない。マツタケよ、どこに行ってしまったのだ?


昔は踏みつぶすほど生えていたぞ。

父の実家は京都・丹波の山奥。春にはタケノコ、秋には栗とマツタケが採れる鄙びた田舎だった。僕が小学校の頃は、秋になると蒸気機関車に牽かれた山陰本線の列車に乗って、祖父の家に遊びに行った。お目当ては栗拾いとマツタケ狩り。

竹カゴを腰にぶら下げた祖父が、裏山に連れて行ってくれる。農道から少し山の斜面を登った辺りで、マツタケを探す。小学生の僕でもすぐに見つけられるほど、マツタケはたくさん生えていた。子供の僕は、笠の開いた大きなマツタケばかりを採ろうとする。すると、祖父は「大きいのは踏みつぶしとけ!来年の種まきや」と言う。マツタケを踏みつぶして、菌糸や胞子を山にばらまくわけだ。祖父の竹カゴの中を覗くと、笠が開く前の「ころ」と呼ばれる小さいサイズのマツタケばかりが入っている。ジャンボ・マッシュルームみたいなやつだ。笠が開いていないと、香りが飛んでいないから上等なのだ。一時間も山にいると、竹カゴはマツタケでいっぱいになった。持ち帰ったマツタケは、祖母が庭先で締めた鶏と一緒にすき焼き鍋に放り込まれ、僕らの胃袋に収まった。

たきぎと共に、マツタケは姿を消した。

あれから半世紀、丹波の山にはもうマツタケの姿はない。1961年には全国のマツタケ生産量は2000トンを超えていた。それが2016年にはわずか70トン足らず。京都府の生産量はたった200kgしかなかったという。それでも全国ベスト10に入る生産量なのだ。どうして、マツタケは山から消えてしまったのだろう。

亡くなる前の祖父に聞いた話では、赤松が生える里山の手入れをする人がいなくなって、山が荒れたことが最大の原因だという。昭和30年代の丹波ではまだプロパンガスが普及しておらず、台所にはかまどがあり、ほとんどの家ではお風呂は山で刈り取ったたきぎで沸かしていた。たきぎは里山の木々の下枝を刈り取ったものを使う。わざわざ山の手入れをするまでもなく、毎日の暮らしの中で里山は風通しの良い雑木林として保たれていた。
それがプロパンガスや灯油の普及によって、たきぎが使われなくなり下枝を払わなくなったので、マツタケの菌糸が繁殖するために必要な日当たりや風通しが悪くなって、次第にマツタケが採れなくなったというのだ。化石燃料がマツタケの生育環境を間接的に破壊したと言えるかもしれない。

幻のマツタケご飯よ、いずこ・・・・・。

秋には田舎から送られてきたマツタケが届かなくなったのはいつごろからだろう?
京都を離れ、東京に出てきてからは本場丹波のマツタケに出会う僥倖などまるでなかった。せいぜい築地の市場で中国産と知りつつ「土瓶蒸しじゃなくてマツタケご飯だから外国産でもいいよな」と自分を納得させて買うのが関の山。今年はその中国産すらあまりお目にかかれなかった。最近ではチベットやブータンで採れたマツタケが、姿形も国産に近いので珍重されるとか。空飛ぶマツタケじゃ、高いのも当たり前だ。

焼きマツタケや土瓶蒸しは、なんとなく料亭っぽい気取りが感じられるが、やっぱり一番食べたいのはお茶碗にてんこ盛りになったマツタケご飯だ。シイタケやエノキやシメジはあんなに安く手に入るのに、どうして同じキノコのマツタケだけが人工的に作れないんだろう。どうか、僕が生きている間にマツタケの人工培養に成功してほしい。シイタケ並みのお値段でスーパーにマツタケが並んでいる姿を見たい。そして腹いっぱいになるまで、マツタケご飯を食べるのだ。マツタケの人工培養に成功した人には、ノーベル農学賞をあげよう。幻のマツタケご飯を夢見る2017年の秋である。

この記事のライター

関連する投稿


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

10月はみのりの秋、真っ盛り。お米は新米。山には栗やキノコがいっぱい。 旬の食材を使っての炊き込みごはんが、食欲の秋をますます盛り上げてくれます。なかでも、大きな栗の入った栗ごはん、おいしいですよね。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

9月は敬老の日、お彼岸と休日が続きます。長寿のお祝いの席に欠かせないメニューと言えば、やっぱりお赤飯。 ほんのりと赤いお赤飯の色合いは、いかにもおめでたいですね。 でも、なぜ「おめでたい」=「お赤飯」という習慣ができたんでしょうか?


最新の投稿


【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

下北沢の「イニングプラス」は、かつてヤクルト・西武・日本ハムに在籍されていた元野球選手米野智人さんが引退後にオープンされたグルテンフリーのお店。こだわり食材を使ったお料理がとても美味しいので、グルテンフリーに興味のある方も、そうでない方もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか♪


【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第33回はレジスタントスターチについてです。


【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前は「新嘗祭」という収穫に感謝する神道のお祭りが行われる日だったんです。秋は実りの季節。その中でも収穫を象徴するのはお米。「新嘗祭」のお供え物でも、お米は主役です。


ごはんと比べ、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の無添加食品「TRICE」(トライス)発売

ごはんと比べ、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の無添加食品「TRICE」(トライス)発売

米粉を主原料とし、従来のごはんと比べて糖質77.9%オフ、カロリー40%オフを実現し低糖質なお米型の無添加食品「TRICE」(トライス)が発売です。調味シーズニング3種(とり釜飯、ドライカレー、海鮮)とのセットを専用販売サイトにて取り扱われています。糖質を気にしてごはんを避けてきた方には、注目の商品ですね!


『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

おこめディアにも参加してくれている、五つ星お米マイスター・小池理雄さんがセレクトした全国各地のお米を鰹節の一番出汁で贅沢に味わう『こめの家』目黒店が、10月25日(木)より、新米の提供を開始しました。 お米を食べて育った純和鶏(じゅんわけい)の鶏料理、ライスワインやお米のビールなど、“お米づくし”の『こめの家』で、旬の味覚を使ったおつまみやおかずと共に、全国各地の厳選した「お米」を存分に楽しんではいかがでしょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング