幻のマツタケご飯:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

幻のマツタケご飯:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

今年は国産のマツタケが超不作らしい。それでなくても、庶民には手の届かない贅沢品になってしまったマツタケ。もう死ぬまでにマツタケご飯は食べられないかもしれない。マツタケよ、どこに行ってしまったのだ?


昔は踏みつぶすほど生えていたぞ。

父の実家は京都・丹波の山奥。春にはタケノコ、秋には栗とマツタケが採れる鄙びた田舎だった。僕が小学校の頃は、秋になると蒸気機関車に牽かれた山陰本線の列車に乗って、祖父の家に遊びに行った。お目当ては栗拾いとマツタケ狩り。

竹カゴを腰にぶら下げた祖父が、裏山に連れて行ってくれる。農道から少し山の斜面を登った辺りで、マツタケを探す。小学生の僕でもすぐに見つけられるほど、マツタケはたくさん生えていた。子供の僕は、笠の開いた大きなマツタケばかりを採ろうとする。すると、祖父は「大きいのは踏みつぶしとけ!来年の種まきや」と言う。マツタケを踏みつぶして、菌糸や胞子を山にばらまくわけだ。祖父の竹カゴの中を覗くと、笠が開く前の「ころ」と呼ばれる小さいサイズのマツタケばかりが入っている。ジャンボ・マッシュルームみたいなやつだ。笠が開いていないと、香りが飛んでいないから上等なのだ。一時間も山にいると、竹カゴはマツタケでいっぱいになった。持ち帰ったマツタケは、祖母が庭先で締めた鶏と一緒にすき焼き鍋に放り込まれ、僕らの胃袋に収まった。

たきぎと共に、マツタケは姿を消した。

あれから半世紀、丹波の山にはもうマツタケの姿はない。1961年には全国のマツタケ生産量は2000トンを超えていた。それが2016年にはわずか70トン足らず。京都府の生産量はたった200kgしかなかったという。それでも全国ベスト10に入る生産量なのだ。どうして、マツタケは山から消えてしまったのだろう。

亡くなる前の祖父に聞いた話では、赤松が生える里山の手入れをする人がいなくなって、山が荒れたことが最大の原因だという。昭和30年代の丹波ではまだプロパンガスが普及しておらず、台所にはかまどがあり、ほとんどの家ではお風呂は山で刈り取ったたきぎで沸かしていた。たきぎは里山の木々の下枝を刈り取ったものを使う。わざわざ山の手入れをするまでもなく、毎日の暮らしの中で里山は風通しの良い雑木林として保たれていた。
それがプロパンガスや灯油の普及によって、たきぎが使われなくなり下枝を払わなくなったので、マツタケの菌糸が繁殖するために必要な日当たりや風通しが悪くなって、次第にマツタケが採れなくなったというのだ。化石燃料がマツタケの生育環境を間接的に破壊したと言えるかもしれない。

幻のマツタケご飯よ、いずこ・・・・・。

秋には田舎から送られてきたマツタケが届かなくなったのはいつごろからだろう?
京都を離れ、東京に出てきてからは本場丹波のマツタケに出会う僥倖などまるでなかった。せいぜい築地の市場で中国産と知りつつ「土瓶蒸しじゃなくてマツタケご飯だから外国産でもいいよな」と自分を納得させて買うのが関の山。今年はその中国産すらあまりお目にかかれなかった。最近ではチベットやブータンで採れたマツタケが、姿形も国産に近いので珍重されるとか。空飛ぶマツタケじゃ、高いのも当たり前だ。

焼きマツタケや土瓶蒸しは、なんとなく料亭っぽい気取りが感じられるが、やっぱり一番食べたいのはお茶碗にてんこ盛りになったマツタケご飯だ。シイタケやエノキやシメジはあんなに安く手に入るのに、どうして同じキノコのマツタケだけが人工的に作れないんだろう。どうか、僕が生きている間にマツタケの人工培養に成功してほしい。シイタケ並みのお値段でスーパーにマツタケが並んでいる姿を見たい。そして腹いっぱいになるまで、マツタケご飯を食べるのだ。マツタケの人工培養に成功した人には、ノーベル農学賞をあげよう。幻のマツタケご飯を夢見る2017年の秋である。

この記事のライター

関連する投稿


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

10月はみのりの秋、真っ盛り。お米は新米。山には栗やキノコがいっぱい。 旬の食材を使っての炊き込みごはんが、食欲の秋をますます盛り上げてくれます。なかでも、大きな栗の入った栗ごはん、おいしいですよね。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

9月は敬老の日、お彼岸と休日が続きます。長寿のお祝いの席に欠かせないメニューと言えば、やっぱりお赤飯。 ほんのりと赤いお赤飯の色合いは、いかにもおめでたいですね。 でも、なぜ「おめでたい」=「お赤飯」という習慣ができたんでしょうか?


最新の投稿


【CHAKAS 渋谷本店】こだわりの日本茶と手作りおにぎりが幸せな気持ちにしてくれる

【CHAKAS 渋谷本店】こだわりの日本茶と手作りおにぎりが幸せな気持ちにしてくれる

渋谷駅から少し離れた静かな場所にあるCHAKAS渋谷本店。都内ではここでしか味わえない、ぬくもりのある日替わりの手作りおにぎりとそれに合わせたこだわり抜かれた日本茶を堪能することができるカフェです。 ちょっと一息つきたい時、小腹が減った時、一人でも訪れやすいCHAKAS(チャカス)渋谷本店は、都会で頑張る忙しい人たちに知っておいて欲しいおすすめのお店。どんなお茶とおにぎりが楽しめるのか、ご紹介します。


『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』の研究結果発表!

『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』の研究結果発表!

ハナマルキ株式会社は、AuB株式会社、慶應義塾大学SFC研究所ランニングデザイン・ラボとの共同で、塩こうじの腸内環境への効果およびスポーツパフォーマンスへの効果を研究する『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』を発足。研究の結果、液体塩こうじの摂取によって、免疫力の向上に貢献すると多数報告されている、酪酸、乳酸、酢酸などの短鎖脂肪酸を作る腸内細菌が増加し、腸内に対して有効に作用したことが示唆された研究結果を得たことを発表しました!


毎日のご飯を低糖質に変える!糖質33%OFF炊飯器より新色発売!

毎日のご飯を低糖質に変える!糖質33%OFF炊飯器より新色発売!

ヒロ・コーポレーションから、あなたの健康を保つ、糖質OFFのご飯がいつものお米で簡単に炊ける。自宅で簡単にできる糖質33%OFF炊飯器のブラックが新たに発売されます!


国産米由来の米発酵液配合「プレミアムプレサ スキンコンディショニングマスク」新発売

国産米由来の米発酵液配合「プレミアムプレサ スキンコンディショニングマスク」新発売

株式会社ウテナの、ワンランク上のシートマスクブランド「プレミアムプレサ」から、2019年1月21日に「スキンコンディショニングマスク」2アイテムが新発売です!豊富なアミノ酸を含む国産米由来の「米発酵液(保湿成分)」を配合し、忙しい女性の肌環境を整えます。


奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良市は、東部地域を対象に地域振興の観点から、構造改革特別区域計画「奈良市東部地域どぶろく特区」(通称:「どぶろく特区」を申請し、平成30年12月20日に内閣総理大臣により認定されました。