見た目も味も栄養も。進化し続けるお米たち

見た目も味も栄養も。進化し続けるお米たち

炊飯器で炊ける玄米や低グルテリン米、米粉パン。お米は銘柄や味だけではなく、食べやすさや栄養面でもさまざま形で進化を続けています。


食べやすく進化!栄養価の高い玄米が人気上昇中

日経MJ10月23日版に興味深い記事を発見しました。

玄米がじわりとブームになってきた。昔は「硬くてパサパサだ」と敬遠する人もいたが、技術改良によって柔らかく炊ける玄米が増えた。皮が残っている分だけ白米より栄養分が多い。健康志向で女性や若い世代を中心に買う人が広がってきた。
-日経MJ 2017年10月23日版 より

玄米好きにとっては「とっくに知ってた」という声が上がりそうな内容ですが、玄米や雑穀米の人気が高まってきているニュースは、お米好きとしては素直に嬉しくて、誇らしい気持ちになります。

こちらの記事によると、最近の玄米は品種改良や加工技術の発達で、美味しく手間なく食べることができるようになっているとのこと。
たとえば宮城県が開発した「宮城県産玄米・金のいぶき」は炊くと米粒が玄米の皮を破ってふくらむので白米に近い感触になるのだそうです。以前gohanでも取り上げた、白米と同じように炊けて食べやすく加工した「美食玄米」も紹介されていました。
栄養価の高い玄米だけど、なかなか手が出ない理由に「食感が良くない」という点がありますが、これからはどんどん玄米が身近になりそうです。

金のいぶき ホームページ
http://www.kin-ibuki.jp/concept.html


玄米 --- 噛めば噛むほど、いい味を出してくれるすぐれもの。

http://gohan.life/articles/59

玄米と聞くと、「ボソボソして食べにくい」というイメージを持っておられる方が多いかもしれませんね。でも玄米はとても栄養豊富なすぐれものなんです。噛めば噛むほど、いいことあるお米です。

これは便利!毎日食べられる玄米あれこれ

http://gohan.life/articles/56

玄米は身体に良い完全栄養食と言われていますね。 興味あるものの、玄米の炊き方って?玄米って白米と炊き方が違うの? 等など、二の足を踏んでいる方もいるかもしれませんね。 そこで、玄米を気軽に美味しく食べられるアイテムをご紹介します。 これで、玄米も毎日の食卓にぐっと近づくはずです。 玄米ライフ、気軽にスタートしませんか?

逆に栄養を制限しなくてはいけない人のためのお米も

栄養が高いほどありがたい人がいる一方で、制限をかけなければならない人もいます。

低グルテリン米という、タンパク質の吸収を通常のお米より抑えることができるお米があるのをご存知でしょうか。腎臓疾患等で食事(タンパク質)制限を受けている方のために開発されたお米なのです。低グルテリン米品種「エルジーシー1」の開発から様々な銘柄が誕生しました。
医師への相談は必要ですが、持病があっても食べられるごはんがあるのは嬉しいですよね。
銘柄は
・LGCソフト
・ゆめかなえ
・春陽
などがあります。
こちらのページに低グルテリン米・ゆめかなえについての説明が載っています。

低グルテリン米(かっては低タンパク米と呼称)『ゆめかなえ』(千葉県鈴木さん)の通販

http://www.107heaven-earth.com/rice2/yumekanae.html

千葉県鈴木さんの作る低グルテリン米(かっては低タンパク米と呼称)ゆめかなえ通販(東京都府中市『てんち米店』

お米とパンのいいとこ取り。可能性を広げた米粉パン

人気が高まり続けているのが米粉パン。これもお米の進化の形のひとつかもしれません。
特に小麦アレルギーの人やヴィーガンでも安心して食べられる、100%グルテンフリーのパンは人気です。
魅力はグルテンフリーのヘルシーさとパンならではの味のバリエーション。
もっちりした食感や食べやすさがくせになってつい食べ過ぎてしまうのが悩みどころです…。

米粉を使ったパン屋さん厳選5店

http://gohan.life/articles/68

米粉を使ったパン屋さん特集。米粉専門の美味しいパン屋さんが増えています。今回は東京に出店している米粉パン専門店とオンラインショップを中心にセレクトしました。

ギフト対応のお米もおしゃれに進化中!

味はもちろん、ギフト対応のお米のパッケージもどんどん素敵に進化していますよね。流行りは複数の銘柄を少しずつ詰め合わせたパッケージ。鮮度を考えても、今後ますます小分けタイプが増えていくでしょう。最近の小分けパッケージは本当に素敵なものが多く、「目にも美味しい」のです。今回は特にお気に入りのお米ギフトを2つほどご紹介します。

三代目小池精米店「あさひまつ光」

メディアやイベントでも精力的に活動し、お米の魅力を伝えているお米マイスター・小池さんが営む三代目小池精米店。こちらで販売している「あさひまつ光」は、東北の農家さんと直接話し合って作った、おいしい東北米の食べ比べギフトセット。グラデーションが美しいパッケージに詰められたお米たちは、まさに光り輝いているよう。盛りすぎないデザインがとても上品です。

あさひまつ光|三代目小池精米店

http://asahimatsuhikari.com/

原宿・表参道の唯一の米屋、お米マイスター五ッ星のいる米屋、小池精米店です。厳選されたお米をネットから注文することができます。精米サービスやオリジナルブレンドなど種類も豊富。

越後俵「全国二合米 えにしちゃん」

日本全国の様々な産地のお米を少しずつ可愛くて個性的なパッケージに入れて販売している、「全国二合米 えにしちゃん」。えにしちゃんは銘柄ごとにパッケージのデザインが違うので、好みの顔で選ぶのも楽しいと思います。甘すぎないデザインのパッケージがイマドキな感じで素敵です。

商品紹介 | 越後俵:全国二合米えにしちゃん

http://echigotawara.com/products.html

二合米「えにしちゃん」をきっかけに、すこしお米に興味をもっていただけれたらうれしいです。

これからもお米はどんどん工夫や進化をしながら、私たちの食卓を彩ってくれるはず。今後もお米のちょっとした進化から目が離せません!

この記事のライター

関連する投稿


【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

夏の子どもたちの食事、気になりませんか?栄養的バランスを考えて日々のメニューを考えるのも一苦労。そんな時、玄米さえ炊いていれば簡単で栄養満点なお丼ぶりができますよ。夏でも子どもが嫌がらないお味噌汁とあわせて、簡単に。短時間でできるから、夏休みのお昼ご飯におすすめです!


【和良自由が丘工房】岡山県産コシヒカリ米粉で作る米粉パン専門店

【和良自由が丘工房】岡山県産コシヒカリ米粉で作る米粉パン専門店

私たちが毎日食べるお米(うるち米)は、粉砕し米粉としても多く利用されています。 今回ご紹介する「和良自由が丘工房」は、岡山県吉備中央町産コシヒカリで作られた吉備しあわせ米粉を8割使用した米粉パン専門店です。米粉で作るモチモチ食感のパンは、アミノ酸を多く含み健康にも優れ、腹持ちも良いですよ。


玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を開催

玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を開催

玄米食育連盟は「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を2018年5月19日(土)に開催します。便秘にお悩みの方や玄米の栄養・医学的な側面からの疑問をお持ちの方は、この機会にどうぞご参加ください!医師の佐野正行先生が講義と質問への回答をいたします。


最新の投稿


【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。