旅好きヴィーガンおすすめ・癒しごはんが味わえる宿4選

旅好きヴィーガンおすすめ・癒しごはんが味わえる宿4選

農家民宿・里宿は、自然と癒しをテーマにした宿泊施設。今回ご紹介するのは旅好きヴィーガン・Hitodeが実際利用した中から、場所・ごはん・宿の方の人柄、すべての面でおススメしたい宿の選りすぐりです。一般のホテルとは一味違った旅を堪能してみてくださいね。


予約時に確認したいこと

静かに自然の恵みや身体に優しいごはんを味わいたい。体の不調を癒すヒントが欲しい。農業を体験したり、お話を聞いてみたい…。
そんな旅をしたいときには、農家民宿や里宿がおススメです。

ただし、通常のホテルとは違うので、料金やシステムだけではなく、こんなこともあらかじめ確認しておくとよいかもしれません。

・食事の内容(ベジタリアン対応や苦手なモノなどの相談)
・そのお宿独自のルール
・アメニティはどこまで準備していけばよいか(たいていは自分で用意することになります)
・こども、外国語対応についての相談
・農業体験やワークショップについて(せっかくなら体験を…)
・部屋についての確認(一人旅の場合のお部屋や夜の冷え具合など)
・必要に応じてwi-fiなどの設備の確認

予約前に気になることは何でも相談して楽しい旅にしてくださいね!

農家民宿 つじ屋(三重県多気郡)

つじ屋は築180年の町家を在来工法で改修した、農家民宿です。伊勢、熊野、吉野への観光の拠点にも利用できるので、スピリチュアル旅をしたい方たちにもオススメかもしれません。

神奈川県で先祖代々農業を営んできたご主人と東京育ちの女将が、持続可能な暮らしを実践しようと三重県に移り住んで始めた民宿だそう。
いるだけでほんわか心が癒される空間。お二人の笑顔もとても素敵なのです。

宿泊・施設

お部屋は畳の8畳間で、隣り合わせて2部屋あります。
お風呂は、なんと薪釜炊きの五右衛門風呂です。これはなかなかできない体験ではないでしょうか。身体の温まり方が全然違う、とお客様に好評なのだそうです。

2017年10月現在、このお風呂の修理改装資金をクラウドファンディングで募っています。薪風呂は通常の改装に比べ、どうしても費用がかかってしまうのですが、つじ屋さんはなんとかしてこの薪風呂でこれからもお客様に温まってほしいそうです。
https://readyfor.jp/projects/tsujiya-furo2017

※追記:10月25日、ついに目標金額達成したようです!良かったです!完成は2017年12月中旬くらいとのこと。

自給したお米と野菜に地元産の調味料が中心の食事

つじ屋のごはんは、自給したお米と野菜を中心とした、県内産の肉、魚、獣肉、果物を使った創作料理です。自給農産物は無農薬・無化学肥料での栽培、調味料は化学的に処理されずに昔ながらの製法で作られたものを使っています。

アレルギーや食べることができない素材にも対応してくれるので、予約をするときに相談してみると良いです。伊勢名物の伊勢うどんも動物性の材料を使わず、自家製のタレで出しています。

農家民宿つじ屋
【住所】〒519-2216 三重県 多気郡多気町古江1282
【TEL】0598-49-4667
【ご予約】 >Airbnb
※ご予約はお電話か上記Airbnbからお願いします。
【ホームページ】農家民宿つじ屋 公式ホームページ
農家民宿つじ屋 公式Facebook

小さいお宿 ぼっかって(京都府綾部市)

「ぼっかって」は笑顔がとても素敵なご夫婦が営んでいる、小さな農家民宿です。
まずは、ぼっかってさんからのコメントをご紹介します。思わず「行ってみたい!」と声が出る文章ですよ。

自然農をしながら自給的な暮らしを目指して 加工品を作ったり絵を描いたりしながら田畑につながる小さな暮らしをしています。

お宿は駅から離れていてバスも一日数本しか止まらない田舎にあり移動手段にはご不便をおかけしますが、緑いっぱい、生き物が沢山住む空気の綺麗な自然溢れる里山です。
何もない所ですが田畑や景観、空気や夜空を楽しんで頂けたら嬉しく思います。
----ぼっかってさんからのコメントより

宿泊・施設

お宿はこじんまりした中にセンスが光ります。こちらは玄関の内側。ちょっとした和小物がいい温度でかわいく並んでいるあたり、やはり京都だなあ〜としみじみ感じます。

さらに自然農の畑仕事 田植え(写真)、稲刈り、薪割り、草木染め体験(要予約/有料)なども体験できるので、タイミングが合えばぜひ体験を。思いっきり自然のエネルギーをチャージしてしまいましょう♪

「自然農」で育てたお米や野菜が味わえる

ぼっかってでは、基本的に肉・魚を使わない野菜中心のお料理がいただけます。自然農の作物はとても美味しく、ご夫婦の丹精が滲み出ているのです。
お客様に確認の上、カツオだしや卵、チーズ等は使う場合もありますので、ヴィーガン対応して欲しい場合はあらかじめ相談してみてくださいね。

ごはんだけではなく、奥様の作る卵・乳製品不使用の「ぼっかって」クッキーは卸先のお店でも大人気だそう。こちらも要チェックです。

2名以上の宿泊だと、こちらの釜戸ごはんが味わえるそうです。美味しそうです。

ご主人はアーティストでもあります。愛らしい絵と手描き文字が印象的な「百姓カルタ」もご主人の作品。宿のFacebookでは他の作品も見ることができるので、ぜひのぞいてみてください。
ちなみに、「ぼっかって」の由来は、ご主人の口癖で「僕かって〜したいわー。」「僕かって〜行きたいわー。」というところからきているそうです。(笑)

ご夫婦や宿については、下記の記事にとてもわかりやすく素敵に書かれているので、ぜひ参考にしてください。

「スコップ・アンド・ホー」 | おいしい人々| vol.3 小さなお宿 ぼっかって

http://www.chilchinbito-hiroba.jp/column/schophoe/?p=68

京都市左京区のオーガニック八百屋カフェ「スコップ・アンド・ホー」のオーナー・井崎敦子さんのご縁のある人たちについて書いたサイト

小さいお宿 ぼっかって
【住所】〒623-0344 京都府綾部市西方町貝尻10-1
【TEL】090-4491-3290
【ホームページ】ぼっかって公式Facebook

KAJIYA(長野県松本市)

gohanでは2度めの登場のKAJIYAさん。前回はカフェと食事中心にフォーカスしましたが、農的ゲストハウスとしてもとても魅力的な場所なのです。築130年の古民家を改装した、居心地の良い空間には細部にわたって宿を営むご夫婦の優しい人柄が表れています。子ども連れのお客様にも人気の宿です。

ヴィーガンおすすめ・美味しい癒しごはんどころまとめ

http://gohan.life/articles/90

今、ベジタリアンでなくてもベジフード店が大好きな人がたくさんいます。人気の理由は素材にこだわったヘルシーさと自然な美味しさ。今回は旅好きヴィーガン・Hitodeが実際に訪れた中から選りすぐってgohanに教えてくれた、美味しくて身体を優しいエネルギーで満たしてくれるおすすめ店をご紹介します。

宿泊・施設

KAJIYAさんではプラス1,000円でキッチンがつかえるプランがあるので、素泊まりで自分で食材を持ち込みたい方におススメです。チェックアウト後も庭、畑、CAFEでのんびりしていけますよ。

お手製のひょうたんランプも取り扱っています。夏の間に大きく育った無農薬ひょうたんを乾かし、一つひとつ丁寧に穴をあけているそう。優しい光と、同じものがない独特のデザインが評判です。

KAJIYAさんの素敵な日々は下記のInstagramから見ることができます。
https://www.instagram.com/kajiya_matumoto/

宿の畑で取れた食材と酵素玄米で自然を味わう

食事は基本的に玄米菜食。なるべく自分たちの畑や田んぼで収穫したオーガニックな野菜やお米を使い、ごはんは長岡式酵素玄米が用意されています。自然の中で噛みしめる食材そのものの味が何よりのごちそうになることは間違いありません。

農的ゲストハウス KAJIYA
【住所】〒399‐7401 長野県松本市五常6437(旧四賀村)
【TEL】0263-64-3387
【ご予約】 ※お電話か下記メールでお願いいたします。
【お問い合わせ】kajiyahyoutan@yahoo.co.jp
【ホームページ】KAJIYA公式ホームページ

穂高養生園(長野県安曇野市)

穂高養生園は、「体に優しい食事・ヨーガや散歩などの適度な運動・心身の深いリラックス」の3つのアプローチにより、誰にでも本来そなわっている自然治癒力を高めることを目的とした宿泊施設。信州・穂高の豊かな自然の中、自分自身をケアする特別な時間を過ごすことができます。

宿泊・施設

※11月下旬〜4月上旬の間冬期休園となります。

※2018年のご予約開始とワークショップの告知開始は2018年1月10日頃を予定しています。

宿泊には、ヨーガや森林散歩などの適度な運動を目的としたデイリープログラムが含まれています。さらに天然温泉や森林浴で深くリラックス。身体も心も芯から癒されていきますよ。

穂高養生園は下記の3つの方法で宿泊可能です。
●里の家の通常宿泊(1泊からどなたでも。一番歴史ある宿泊棟です)
●新棟パーソナルリトリート(2泊から、1人でのリトリートにおすすめです。新しい宿泊棟です。)
●ワークショップ(デトックスプログラムなど、毎月さまざまなワークショップを企画しています。)

一日二食の玄米菜食

宿ではマクロビオテックをベースとした玄米菜食のお食事がいただけます。朝食は10時半、夕食は17時半からの一日二食。養生園の自然菜園や地元の農家さんの畑でとれた新鮮野菜を丸ごと使っています。

自然の家・新棟のパーソナルリトリート

さらに新棟では、パーソナルリトリートの様々なプログラムが用意されています。クッキングスクールや五感が研ぎ澄まされそうな養生食の提供プログラムもあるので、時期を合わせて参加してみてはいかがでしょうか。一人でも気軽に参加できるよう、個室利用もできるのも魅力です。

パーソナル・リトリート
http://www.yojoen.com/pr/index.html

穂高養生園
※11月下旬〜4月上旬の間冬期休園となります。

※2018年のご予約開始とワークショップの告知開始は2018年1月10日頃を予定しています。

【住所】〒399‐8301 長野県安曇野市穂高有明7258‐20
【TEL】0263-83-5260(8時~19時)
【ご予約】 >宿泊予約について
>ご宿泊予約フォームはこちら
※ご希望の宿泊日まで3日をきっている場合にはお電話でのご予約をお願いいたします。
【ホームページ】穂高養生園公式ホームページ

この記事のライター

関連する投稿


玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を開催

玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を開催

玄米食育連盟は「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を2018年5月19日(土)に開催します。便秘にお悩みの方や玄米の栄養・医学的な側面からの疑問をお持ちの方は、この機会にどうぞご参加ください!医師の佐野正行先生が講義と質問への回答をいたします。


【ごはん歳時記 5月】五月晴れに似合う「かやくご飯」の「かやく」は何?

【ごはん歳時記 5月】五月晴れに似合う「かやくご飯」の「かやく」は何?

気持ちいい晴れの日が続く五月は、食欲も旺盛。白いごはんにいろいろな具材を加えると、ますますご飯が進みます。炊き込みご飯、お赤飯、チャーハン、ピラフ、おかゆ・・・・。ところで「炊き込みご飯」と「かやくご飯」、何が違うんでしょう?


ヘルシー郷土料理で健康まちおこし「ご当地タニタごはんコンテスト」開催 !

ヘルシー郷土料理で健康まちおこし「ご当地タニタごはんコンテスト」開催 !

ご当地タニタごはんコンテスト実行委員会が、日本全国に点在する郷土料理にフォーカスし、地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、健康的な食事の目安に則ってアレンジしたレシピを募集しています。優勝者にはなんと賞金50万円が授与されるそうですよ!


【玄米マイスターになるには?】玄米マイスター資格養成講座

【玄米マイスターになるには?】玄米マイスター資格養成講座

今、玄米の健康や美容効果に注目する人たちが取得を目指す、認定資格「玄米マイスター」をご存知でしょうか。玄米の基礎知識や、食生活への上手な取り入れ方を学ぶことができる人気の講座です。さらに、食の大切さ、日本食文化や地域の料理を伝える、食育リーダーの育成までを視野にいれています。玄米に興味のある人はぜひご覧くださいね!


国産米粉使用。ヴィーガン対応「ヴィーガンホットケーキ」登場

国産米粉使用。ヴィーガン対応「ヴィーガンホットケーキ」登場

ヴィーガンの人やアレルギーが気になる人にスイーツ朗報です!米粉を使い、動物性原料不使用・グルテンフリー・アレルギー特定原材料等27品目不使用を実現したホットケーキ 「ヴィーガンホットケーキ」が販売開始しました。


最新の投稿


【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

【お米クイズ】第22回:稲作と連作障害とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第22回は稲作と連作障害についてです。


【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

佐賀県の株式会社峰松酒造場は、2018年5月26日(土)より『幻の米「龍の瞳」で40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒』をコンセプトに、九州初となる佐賀県産「龍の瞳」100%使用の日本酒『肥前浜宿 龍の瞳 純米吟醸 無濾過原酒』を数量限定各1000本で同時販売開始します。


グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

グルテンフリー!国内産100%のお米でつくった「ライスグラノーラ」がリニューアル

国内産米でグルテンフリーに。お米の精米・卸売事業を手掛ける株式会社むらせが「メープル味」「きなこ味」「和風だし味」の3種類の「ライスグラノーラ」をリニューアル。2018年6月5日(火)より全国で新発売します。


Tempura Lunch Box @ Tempura Yamanoue on 13F of Ginza Six

Tempura Lunch Box @ Tempura Yamanoue on 13F of Ginza Six

”What I Eat Everyday In Japan. Yes, this lunch box is a bit luxury for me, but this was special lunch gathering with some friends from the states.


「おいしい、かっこいい」せんべいが、米菓業界異例の大ヒット!

「おいしい、かっこいい」せんべいが、米菓業界異例の大ヒット!

倒産寸前の老舗せんべい工場が日本で一番入手困難な人気せんべいメーカーに生まれ変わるまでを、ヒットを仕掛けた兄弟が語る『センベイブラザーズのキセキ ~赤字を1年で黒字化 金、時間、経験なし 町工場の奮闘記~』。2018年5月21日、大和書房より発刊します。煎餅を新しい形で仕掛ける二人の情熱に触れてみてはいかがでしょうか。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング