【11月23日】ごはんに関わる大切な記念日・新嘗祭以外にも

【11月23日】ごはんに関わる大切な記念日・新嘗祭以外にも

11月23日の新嘗祭(にいなめさい)はごはんに関する重要な祝祭日としてとても有名ですが、実はこの日、他にもいろいろなお米の記念日に制定されているのをご存知でしょうか。今回は11月23日の2つのごはん記念日をご紹介します。


11月23日「新嘗祭(にいなめさい)」って?

11月23日の新嘗祭(にいなめさい)は、ごはんに関する重要な祝祭日の一つ。日本の収穫祭にあたるもので、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、またその年の収穫に感謝する神事として古くから日本中で親しまれてきました。

神社本庁のサイトにも新嘗祭を大切にしたい想いが語られています。

11月23日は「勤労感謝の日」として国民の祝日となっていますが、本来は新穀を供えるお祭りの日です。

宮中の神嘉殿(しんかでん)では、天皇陛下御親(おんみずか)ら新穀を神さまに捧げ、その年の収穫を感謝する新嘗祭(にいなめさい)が執り行われ、全国の神社でも斎行されます。

このように、日本人はお祭りを通して神さまの恵みに感謝をささげてきました。

今日もおいしいお米が頂けることを「あたり前」とは思わずに、常に感謝の気持ちを持ち続けたいものです。

日本のごはん神事まとめ

http://gohan.life/articles/36

日本人が古来から食べ続けてきたお米は、まさに生きるための糧として大切にされてきました。 豊作を祈り、お米が食べられることに感謝する様々な儀式や風習などが全国各地で神事として営まれています。その代表的なものをまとめました。

11月23日を「コメニケーションの日」「オコメールの日」に制定

これが「オコメール」(くりや株式会社)です。

「コメニケーションの日」は、日頃お世話になった方へ感謝の気持ちをコメてお米を贈る日を「コメニケーション(米ニケーション)の日」として制定されました。
新嘗祭の11月23日にお米をコミュニケーションツールとして、年に一度送るという風習を根付かせたいとの願いがコメられています。
さらに気軽にお米を郵便で送れるよう、おしゃれなパッケージにした「オコメール」の日としても登録されました。
制定したのはこのオコメールを発案した、くりや株式会社。香川県さぬき市に本社を構え、お米や玄米の通販・販売などを手がています。

オコメール:スマートコメニケーション くりや株式会社

http://oco-mail.jp/

オコメールは、「おコメに気持ちをコメて贈る」新しいコメニケーションツール。サイズは1合、2合。わずか150gと300gなので、手軽に渡せるサイズです。オコメールを袋に入れて、宛名と切手を貼れば全国の郵便局窓口からお送り頂けるサイズなので、気軽に使えます。「え?おコメなの?」という驚きで送られた人の印象に残り、必ずよろこばれるギフトなのです。

コメニケーションの日「新米お祝いイベント」

ミツハシライス主催、JA全農岩手協賛で開催されたイベントでは、新米の食べ比べで、今、話題の新種ブランドが紹介されました。

「銀河のしずく」「金色の風」「江差ひとめぼれ」 の食べ比べもあり、特に新ブランドの「銀河のしずく」がイベント来場の方からも人気を集めていました。特A評価の銀河のしずくは、お米が白く、もちもちした食感が特徴で、食味のバランスもよいお米です。

岩手新米ブランド 食べ比べ 

イベント当日は、「大切なひとの健康と、ご家族の健康を願って」という思いを込めて、銀河のしずく2合(300g)が配られ、お絵かき教室や、ミツハシライスのキャラクター「ミツハシくん」も登場!
岩手からは、「いわて純情むすめ」の古舘純奈さんのトークショーも開催されて、イベントは大盛況でした。写真はいわて純情むすめ 岩舘純奈さんのトークショーの様子です。

2017年コメニケーションの日(11月23日)イベント開催について | お知らせ | ミツハシライス

http://www.3284rice.com/news/201710003/

ミツハシライスは11月23日(木・祝)にアピタ長津田店様「1階 スナックコート」にて、『コメニケーションの日』のイベントを開催いたします。

11月23日は「お赤飯の日」でもあります

お赤飯の日制定委員会により、11月23日は『お赤飯の日』にも制定されています。古くから、日本人の“ハレの日=お祝い事のある日”の食卓に欠かせなかったお赤飯の食文化を守り、今に伝えることを目的として、お赤飯を通じて日本の食文化とは何かを思い巡らすきっかけになるよう『お赤飯の日』が制定されました。

『お赤飯の日についての記載が全米販のサイトに載っています。

お赤飯のルーツとは?

こちらの記事ではお赤飯のルーツなどもわかりやすく載っていました。

お赤飯のルーツは、今からおよそ2500年前に中国大陸から日本に初めて伝わったお米「赤米」です。お赤飯は神に捧げるお供え物として、赤米を豊作の祈願として捧げる風習に由来する食べ物です。邪馬台国や大和朝廷への献上米も赤米が主であったといわれています。

11月23日は、全国各地の神社で五穀を奉る行事(新嘗祭)が継承されています。新嘗祭の起源は古く、古事記にも天照大御神が新嘗祭を行ったことが記されています。皇居では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉ると共に、御自らも召し上がります。現在では「勤労感謝の日」として、国民の祝日となっていますが、命の糧を神さまからいただくための勤労を尊び、感謝をしあうことに由来しているといわれています。よって、11月23日「勤労感謝の日」が『お赤飯の日』にふさわしいとなったわけです。

冬はどうしても海外からはいってきたイベントが注目されがちですが、日本の古くから伝わる風習を見直す日として、11月23日はとても大切な日。
皆さんも、11月23日にはぜひ、たくさんのお米のイベントを楽しんでみてくださいね!

この記事のライター

関連する投稿


切り口に注目!楽しいお米PRまとめ

切り口に注目!楽しいお米PRまとめ

今回は「日本のおこめディア・gohan」にちなんで、メディアでも取り上げられている、お米PRを効果的に展開している事例をまとめてみました。どれもお米愛あふれるものばかりなので、楽しく見るうちにお腹が空いてくること間違いなしです。


春にみんなで楽しむご飯、まとめ

春にみんなで楽しむご飯、まとめ

寒い冬から暖かい春へ。 旬の食材を使って、見た目も華やかに。桃の節句やお花見など、日本には春を感じる行事があります。 そんな折に、家族や友達と集まって、ウキウキ、ワイワイと、ご飯で春を楽しむアイディアやレシピをまとめてみました。


注目の「新ブランド米」まとめ

注目の「新ブランド米」まとめ

毎年全国からたくさんの新しいブランド米がデビューをしています。食文化の多様性から日本人の米離れと言われている中で、各県は高品質で安全な美味しいお米の開発に力を入れています。今回はこれから市場に流通する新ブランド米から、注目されている新しいブランド米をピックアップしました。


お米の品種

お米の品種

あなたはお米のブランド名、いくつあげることができますか? 最近のお米売り場は、全国各地から届けられたさまざまな銘柄のブランド米が所せましと並んでいます。どれを買おうか、迷っちゃいますね。日本は1年間で30種類以上の新しい銘柄が登場するお米のブランド王国。お米が主食の日本だからこそ、これだけのブランド米が誕生するのです。


お米の買い方・保存法

お米の買い方・保存法

四季を通しておいしいごはんを食べられる工夫、お教えしましょう。 秋の「新米」は、お米が新鮮なのでおいしいごはんが炊けます。 でも新米がない季節はどうしましょう?買う時にパッケージの裏を見て、 お米の種類や鮮度をチェック。買ったあとは、保管の仕方に一工夫。 これで1年じゅう、おいしいごはんが食べられますよ。


最新の投稿


Basement of Department Store in Japan

Basement of Department Store in Japan

”What I Eat Everyday In Japan." I have perhaps written about Japanese department stores. If you haven't been to the basement, please do.


【お米クイズ】第10回:動物を使った除草方法とは?

【お米クイズ】第10回:動物を使った除草方法とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第10回は動物を使った除草方法についてです。


天橋立パワーで"恋実る米"に。丹後米コシヒカリ「つやっ娘」

天橋立パワーで"恋実る米"に。丹後米コシヒカリ「つやっ娘」

日本三景の一つ「天橋立」と鬼伝説で有名な「大江山」をはじめとする山々に囲まれた自然豊かな宮津の大地から、恋実る米・「つやっ娘」が生まれました。学生&メディアとのコラボによる「海の京都お土産商品開発プロジェクト」 で作ったお米でもあるそうですよ!


【お米クイズ】第9回:糠(ぬか)の活用方法は?

【お米クイズ】第9回:糠(ぬか)の活用方法は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第9回は糠の活用方法についてです!


NEGI or Scallion from a friend of mine.......

NEGI or Scallion from a friend of mine.......

”What I Eat Everyday In Japan." When I eat Nabe, I feel grateful being Japanese.