【AKOMEYA厨房】特別なお昼を楽しみたい 大人の銀座贅沢ランチ。

【AKOMEYA厨房】特別なお昼を楽しみたい 大人の銀座贅沢ランチ。

今話題のお米のライフスタイルショップ・AKOMEYA(アコメヤ)銀座。その奥にある「AKOMEYA厨房」はおいしい炊き立てのごはんを中心に、独自の目利きが選んだ調味料がふんだんに使われたランチメニューで行列ができる人気店です。 


ライフスタイルショップの厨房でいただくこだわりのごはんと旬つくしの小鉢料理

2013年にオープンした銀座のAKOMEYAは、お米業界では注目のコンセプトショップです。
そのショップの奥に知る人ぞ知るごはんにこだわった厨房を見つけました。
お昼のランチには長蛇の列ができるそのお店は、シンプルながら居心地のよい空間が広がり、一人でも、友達同士でもゆったり、こだわり料理を楽しめます。お盆の上に盛られた小鉢料理は、一口ずつ味わいながらごはんと交互に食べていくうちに、あっという間に料理を平らげてしまいました。

シンプルで落ち着く店内

「美味しいものを少しづつ、たくさんの種類を食べたい」そんな気持ちに答えてくれる小鉢料理

当日食べたのは、AKOMEYA人気のランチ定食小鉢膳。
「美味しいものを少しづつ、たくさん食べたい」そんなワガママな気持に小鉢8品はまさにうってつけです。炊き立て土鍋ごはんと交互に口に運ぶことで、あっという間に完食。2,030円とランチにしてはちょっとお高めですが、食材の豊富さとごはん(当日は鳥取県産きぬむすめ)のおいしさを考えると納得のランチです。

調味料とごはんのお供へのこだわりに料理への探求心が目を覚ます

小鉢8品は、もちろん秋の旬の食材が使われています。
柿、きのこ、サーモンといった秋の食材をふんだんに使った料理には、それぞれ異なる調味料が使われており、飽きることなく箸が進みます。この小鉢膳に使われている調味料すべてがAKOMEYAの中で購入できるので、ついつい、この料理には何が使われているのか、思わず店員さんに聞いてしまいました。
お勧めはこの3つ。
「梅の実ひじき」…梅のこりこりとした食感がたまらない。
「エゴマスタード」…料理に新鮮な味の変化をつけます。初めて食べました。
「五本松の醤油」…少し甘口ですが和え物を引き立てます。
料理を楽しんでいるつもりが、いつの間にかお料理への探求心がむくむくと湧いてきました。調味料の力恐るべしです。

白いごはんがこんなにおいしいなんて!

和定食の魅力は、白いごはんとお味噌汁を基本に旬の食材をいただくことだと、AKOMEYA厨房で気づかされました。
順番に登場するコース料理もいいけれど、日本人には、やっぱり白いごはんとおかずでしょと言いたくなります。当日食べた鳥取県産「きぬむすめ」はバランスのよいお米で、もっちりはしていないけれど、後にしっかり甘さを備えた主張しすぎないおいしいごはんでした。
これからの新米シーズン、今年は新米を意識して食べてみたくなりました。 

やっぱり土鍋炊きのごはんは美味しい。ショップでついつい土鍋を購入

AKOMEYA厨房 銀座本店
【住所】〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-6)
【TEL】03-6758-0271 (AKOMEYA厨房)
【OPEN】11:30〜22:00
お昼の時間 11:30〜14:00
お茶の時間 14:00〜17:00
夜の時間  17:00〜22:00
(ラストオーダー お食事 21:00/お飲み物 21:30)

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第31回は収穫後に使う器具の変遷についてです。


【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第30回は産地と品種についてです。


【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第29回はお米の価格についてです。


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング