【AKOMEYA厨房】特別なお昼を楽しみたい 大人の銀座贅沢ランチ。

【AKOMEYA厨房】特別なお昼を楽しみたい 大人の銀座贅沢ランチ。

今話題のお米のライフスタイルショップ・AKOMEYA(アコメヤ)銀座。その奥にある「AKOMEYA厨房」はおいしい炊き立てのごはんを中心に、独自の目利きが選んだ調味料がふんだんに使われたランチメニューで行列ができる人気店です。 


ライフスタイルショップの厨房でいただくこだわりのごはんと旬つくしの小鉢料理

2013年にオープンした銀座のAKOMEYAは、お米業界では注目のコンセプトショップです。
そのショップの奥に知る人ぞ知るごはんにこだわった厨房を見つけました。
お昼のランチには長蛇の列ができるそのお店は、シンプルながら居心地のよい空間が広がり、一人でも、友達同士でもゆったり、こだわり料理を楽しめます。お盆の上に盛られた小鉢料理は、一口ずつ味わいながらごはんと交互に食べていくうちに、あっという間に料理を平らげてしまいました。

シンプルで落ち着く店内

「美味しいものを少しづつ、たくさんの種類を食べたい」そんな気持ちに答えてくれる小鉢料理

当日食べたのは、AKOMEYA人気のランチ定食小鉢膳。
「美味しいものを少しづつ、たくさん食べたい」そんなワガママな気持に小鉢8品はまさにうってつけです。炊き立て土鍋ごはんと交互に口に運ぶことで、あっという間に完食。2,030円とランチにしてはちょっとお高めですが、食材の豊富さとごはん(当日は鳥取県産きぬむすめ)のおいしさを考えると納得のランチです。

調味料とごはんのお供へのこだわりに料理への探求心が目を覚ます

小鉢8品は、もちろん秋の旬の食材が使われています。
柿、きのこ、サーモンといった秋の食材をふんだんに使った料理には、それぞれ異なる調味料が使われており、飽きることなく箸が進みます。この小鉢膳に使われている調味料すべてがAKOMEYAの中で購入できるので、ついつい、この料理には何が使われているのか、思わず店員さんに聞いてしまいました。
お勧めはこの3つ。
「梅の実ひじき」…梅のこりこりとした食感がたまらない。
「エゴマスタード」…料理に新鮮な味の変化をつけます。初めて食べました。
「五本松の醤油」…少し甘口ですが和え物を引き立てます。
料理を楽しんでいるつもりが、いつの間にかお料理への探求心がむくむくと湧いてきました。調味料の力恐るべしです。

白いごはんがこんなにおいしいなんて!

和定食の魅力は、白いごはんとお味噌汁を基本に旬の食材をいただくことだと、AKOMEYA厨房で気づかされました。
順番に登場するコース料理もいいけれど、日本人には、やっぱり白いごはんとおかずでしょと言いたくなります。当日食べた鳥取県産「きぬむすめ」はバランスのよいお米で、もっちりはしていないけれど、後にしっかり甘さを備えた主張しすぎないおいしいごはんでした。
これからの新米シーズン、今年は新米を意識して食べてみたくなりました。 

やっぱり土鍋炊きのごはんは美味しい。ショップでついつい土鍋を購入

AKOMEYA厨房 銀座本店
【住所】〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-6)
【TEL】03-6758-0271 (AKOMEYA厨房)
【OPEN】11:30〜22:00
お昼の時間 11:30〜14:00
お茶の時間 14:00〜17:00
夜の時間  17:00〜22:00
(ラストオーダー お食事 21:00/お飲み物 21:30)

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


8月5日は「ハッコーの日」!愛知県犬山市で開催する発酵サミットってなんだ!?

8月5日は「ハッコーの日」!愛知県犬山市で開催する発酵サミットってなんだ!?

ここ数年ブームになっている発酵食品。米糀やお味噌などお米を使った発酵食品も多く、お米好きには馴染みの深い食材で、8月5日がハッコーの日として定められているのはご存知ですか?このハッコーの日に合わせ、愛知県犬山市で開催される「発酵サミット2018」の情報をキャッチ。発酵サミット2018とはなにか?サミット実行委員会にお話を伺いました。


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

代々木八幡の「リトルバード」は外国人観光客に圧倒的な支持を得ているグルテンフリーカフェ。メインだけでなくスープや副菜もグルテンフリーという徹底ぶりがその人気の秘密です。今回Daisyはリトルバードで食事を楽しみながら、改めてグルテンフリーと米粉について考えてみました。


最新の投稿


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。


【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

三重県伊勢市にある伊勢神宮のおひざ元に位置する、創業江戸文化13年という老舗の「糀屋」。醤油や味噌の醸造をしていた糀屋さんが作る糀を使ったこだわりのプリンはお取り寄せしてでも食べておきたいおすすめ糀スイーツです。 甘いものが苦手な方でも食べやすい甘さで、まるで和菓子のようなプリンです。手土産にも、自分へのご褒美にもおすすめの糀ぷりんをご紹介します。