日本のお米・世界のお米

日本のお米・世界のお米

地球上のイネはまず「アジアイネ」と「アフリカイネ」に分かれますが、現在世界中で栽培されているイネの大半は「アジアイネ」の仲間です。その「アジアイネ」を区分すると、「ジャポニカ米」「インディカ米」「ジャバニカ米」の3つに分けられます。


お米ファミリーの家系図

お米ファミリーは国際的。

「ジャポニカ米」は名前の通り、日本や中国東北部・朝鮮半島などを中心に栽培されているお米の仲間です。「インディカ米」は中国南部から東南アジア・インドやアメリカなどで栽培されているお米。そして「ジャバニカ米」はインドネシアやヨーロッパで栽培されています。
日本ではほとんどジャポニカ米しか生産されていませんが、世界的な生産量でみるとインディカ米が80%と圧倒的にメジャーで、ジャポニカ米のシェアは約20%です(※1)。

「ジャポニカ米」「インディカ米」「ジャバニカ米」の栽培分布

小麦やトウモロコシなどの主要穀物に比べて、お米の栽培地はアジアに偏っていますが、それでもアメリカやオーストラリアまで広い地域で栽培されているインターナショナルな穀物といえるでしょう。最近ではアジアイネとアフリカイネの優れた特性を兼ね備えた新品種が開発され、アフリカの食糧危機解消の切り札として期待されています。

  • ※1:ジャバニカ米はインドネシアを中心に栽培されていますが、生産量は多くありません。「熱帯ジャポニカ」と呼ばれてジャポニカ米の一部に分類されることもあります。

お米は見かけも中身も千差万別。

日本人が見慣れたジャポニカ米も、他の品種と比べるとかなり特徴があります。まず米つぶがずんぐりとラグビーボールのような形をしているので短粒種と呼ばれます。これに対してインディカ米はもっと細長い形なので長粒種と呼ばれます。ジャバニカ米はさらに大きいので中粒種と言われます。

見かけだけでなく調理した時の味にも品種によって大きな違いがあります。ジャポニカ米は炊いたり蒸したりすると、粘り気が出てふっくらとおいしく食べられます。日本人が大好きな白い「ごはん」はジャポニカ米の特徴を生かした食べ方です。インディカ米はよく知られているようにチャーハンやカレーに合うパラパラした食感が特徴です。炊くよりは煮るほうがおいしく食べられるようです。

お米の種類と適した料理

参考:食糧庁「着検手帖(農産物規格規程(抄))」

ジャバニカ米も熱を加えると粘り気が出ますが、ジャポニカ米ほどではありません。そのためリゾットやパエリアにするとおいしいお米といえます。
粘り気とパラパラ感に差が出るのは、品種によって米つぶに含まれるでんぷん成分に違いがあるからです。
粘りを出すアミロペクチンとパラパラ感を出すアミロースという2種のデンプンの含有量によって熱を加えた後の食感がかわります。
日本人が多く口にするジャポニカ米のうるち米ではアミロペクチン約80%に対してアミロースは約20%です。粘り気が持ち味のもち米ではアミロペクチンが100%です。これに対してインディカ米のアミロース含有量は22~28%ですから、ジャポニカ米よりもパラパラ感が強くなるわけです。
栽培される土地の気候や土壌によってお米の品種ごとの特徴が形作られ、やがて食べる人たちの好みや料理に大きな差が生まれてくる。お米という穀物はとても奥深い食べ物と言えるかもしれませんね。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第61回:早生品種とは?

【お米クイズ】第61回:早生品種とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第61回は「早生(わせ)品種」についてです。


ふっくらして粒感が良い、硬めのごはんがおいしく炊ける 米から生まれた「ごはんのための米油(炊飯用)」新発売

ふっくらして粒感が良い、硬めのごはんがおいしく炊ける 米から生まれた「ごはんのための米油(炊飯用)」新発売

株式会社J-オイルミルズは、業務用油脂製品「ごはんのための米油(炊飯用)」を2019年9月より順次全国で発売します。米を精米したときにできる米ぬかと米胚芽から作られる「米油」を使用しているためとの相性が良く、米本来の甘みや旨みを引き出せます。また、米同士がくっつきにくく、釜離れしやすくなり、食品ロスの低減と作業効率が向上します。


液体塩こうじを使用したオリジナル駅弁「塩こうじ 旨み弁当」東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ店」にて、8月8日(木)より期間限定発売

液体塩こうじを使用したオリジナル駅弁「塩こうじ 旨み弁当」東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ店」にて、8月8日(木)より期間限定発売

ハナマルキ株式会社と株式会社大船軒は、8月8日(木)「こうじの日」に向けて「液体塩こうじ」を使用したオリジナル駅弁「塩こうじ 旨み弁当」を共同開発、東京駅内の「駅弁屋 祭 グランスタ店」含む2店舗にて、2019年8月8日(木)より1ヶ月間の期間限定で発売します。8月8日(木)「こうじの日」には液体塩こうじがもらえるキャンペーンもありますので、お見逃しなく!


手軽に美味しく続けられる!「低温製法米のおいしいごはん®発芽玄米ごはん」新発売

手軽に美味しく続けられる!「低温製法米のおいしいごはん®発芽玄米ごはん」新発売

アイリスグループのアイリスフーズ株式会社は、栄養豊富な発芽玄米入りのパックごはん「低温製法米のおいしいごはん® 発芽玄米ごはん」を2019年7月26日より発売しました。発芽玄米に苦手意識のある方でも食べやすい配合で、忙しい毎日でも手軽に続けることができます。


【お米クイズ】第60回:お米の新たな販売方法

【お米クイズ】第60回:お米の新たな販売方法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第60回はお米の新たな販売方法についてです。


最新の投稿


キャラクタの着ぐるみがデリバリーする炊飯品宅配サービス「ごはん屋便」

キャラクタの着ぐるみがデリバリーする炊飯品宅配サービス「ごはん屋便」

株式会社ミツハシが運営する炊飯品の宅配サービス「ごはん屋便」では、自社マスコットのオリジナルキャラクタ “ミツハシくん” が出張サービスとして期間限定で炊き立てごはんをお届けすると共にイベントを無料でお手伝いします!


【お米クイズ】第61回:早生品種とは?

【お米クイズ】第61回:早生品種とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第61回は「早生(わせ)品種」についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第15回】ボリューム満点「冬瓜と豚肉」のおみそ汁

【ご馳走!おみそ汁レシピ第15回】ボリューム満点「冬瓜と豚肉」のおみそ汁

暦の上では秋といっても、まだまだ暑さは本番。ぐったり元気の出ない方も多いのではないでしょうか。そんな時のお助けメニューが「ピリ辛」。今回は煮込み具合で様々な食感が楽しめる「冬瓜」と、ビタミンの宝庫「豚肉」で、ピリ辛のボリュームおみそ汁に仕上げました。ごはんにも相性ぴったりです。ぜひエネルギーをチャージして、残暑に負けないパワーを養ってください。


『チキンパエリア ごはん付き』新発売!ビビンバ、五穀ごはん<3種のチーズリゾット>・<完熟トマト>もリニューアル

『チキンパエリア ごはん付き』新発売!ビビンバ、五穀ごはん<3種のチーズリゾット>・<完熟トマト>もリニューアル

丸美屋食品は、電子レンジで温めるだけで簡単に食べられる「ごはん付きシリーズ」より、「チキンパエリア ごはん付き」を2019年8月22日(木)から新発売。また、同シリーズの「ビビンバ ごはん付き」「五穀ごはん<3種のチーズリゾット>」「五穀ごはん<完熟トマトリゾット>」を、2019年9月からリニューアル発売します!


ふっくらして粒感が良い、硬めのごはんがおいしく炊ける 米から生まれた「ごはんのための米油(炊飯用)」新発売

ふっくらして粒感が良い、硬めのごはんがおいしく炊ける 米から生まれた「ごはんのための米油(炊飯用)」新発売

株式会社J-オイルミルズは、業務用油脂製品「ごはんのための米油(炊飯用)」を2019年9月より順次全国で発売します。米を精米したときにできる米ぬかと米胚芽から作られる「米油」を使用しているためとの相性が良く、米本来の甘みや旨みを引き出せます。また、米同士がくっつきにくく、釜離れしやすくなり、食品ロスの低減と作業効率が向上します。