日本のお米・世界のお米

日本のお米・世界のお米

地球上のイネはまず「アジアイネ」と「アフリカイネ」に分かれますが、現在世界中で栽培されているイネの大半は「アジアイネ」の仲間です。その「アジアイネ」を区分すると、「ジャポニカ米」「インディカ米」「ジャバニカ米」の3つに分けられます。


お米ファミリーの家系図

お米ファミリーは国際的。

「ジャポニカ米」は名前の通り、日本や中国東北部・朝鮮半島などを中心に栽培されているお米の仲間です。「インディカ米」は中国南部から東南アジア・インドやアメリカなどで栽培されているお米。そして「ジャバニカ米」はインドネシアやヨーロッパで栽培されています。
日本ではほとんどジャポニカ米しか生産されていませんが、世界的な生産量でみるとインディカ米が80%と圧倒的にメジャーで、ジャポニカ米のシェアは約20%です(※1)。

「ジャポニカ米」「インディカ米」「ジャバニカ米」の栽培分布

小麦やトウモロコシなどの主要穀物に比べて、お米の栽培地はアジアに偏っていますが、それでもアメリカやオーストラリアまで広い地域で栽培されているインターナショナルな穀物といえるでしょう。最近ではアジアイネとアフリカイネの優れた特性を兼ね備えた新品種が開発され、アフリカの食糧危機解消の切り札として期待されています。

  • ※1:ジャバニカ米はインドネシアを中心に栽培されていますが、生産量は多くありません。「熱帯ジャポニカ」と呼ばれてジャポニカ米の一部に分類されることもあります。

お米は見かけも中身も千差万別。

日本人が見慣れたジャポニカ米も、他の品種と比べるとかなり特徴があります。まず米つぶがずんぐりとラグビーボールのような形をしているので短粒種と呼ばれます。これに対してインディカ米はもっと細長い形なので長粒種と呼ばれます。ジャバニカ米はさらに大きいので中粒種と言われます。

見かけだけでなく調理した時の味にも品種によって大きな違いがあります。ジャポニカ米は炊いたり蒸したりすると、粘り気が出てふっくらとおいしく食べられます。日本人が大好きな白い「ごはん」はジャポニカ米の特徴を生かした食べ方です。インディカ米はよく知られているようにチャーハンやカレーに合うパラパラした食感が特徴です。炊くよりは煮るほうがおいしく食べられるようです。

お米の種類と適した料理

参考:食糧庁「着検手帖(農産物規格規程(抄))」

ジャバニカ米も熱を加えると粘り気が出ますが、ジャポニカ米ほどではありません。そのためリゾットやパエリアにするとおいしいお米といえます。
粘り気とパラパラ感に差が出るのは、品種によって米つぶに含まれるでんぷん成分に違いがあるからです。
粘りを出すアミロペクチンとパラパラ感を出すアミロースという2種のデンプンの含有量によって熱を加えた後の食感がかわります。
日本人が多く口にするジャポニカ米のうるち米ではアミロペクチン約80%に対してアミロースは約20%です。粘り気が持ち味のもち米ではアミロペクチンが100%です。これに対してインディカ米のアミロース含有量は22~28%ですから、ジャポニカ米よりもパラパラ感が強くなるわけです。
栽培される土地の気候や土壌によってお米の品種ごとの特徴が形作られ、やがて食べる人たちの好みや料理に大きな差が生まれてくる。お米という穀物はとても奥深い食べ物と言えるかもしれませんね。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


8月5日は「ハッコーの日」!愛知県犬山市で開催する発酵サミットってなんだ!?

8月5日は「ハッコーの日」!愛知県犬山市で開催する発酵サミットってなんだ!?

ここ数年ブームになっている発酵食品。米糀やお味噌などお米を使った発酵食品も多く、お米好きには馴染みの深い食材で、8月5日がハッコーの日として定められているのはご存知ですか?このハッコーの日に合わせ、愛知県犬山市で開催される「発酵サミット2018」の情報をキャッチ。発酵サミット2018とはなにか?サミット実行委員会にお話を伺いました。


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


【お米クイズ】第26回:稲の病気ってなに?

【お米クイズ】第26回:稲の病気ってなに?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第26回は稲の病気についてです。


最新の投稿


【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。