-酒造見学ツアー参加者募集!-クラウドファンディング風酒米作り便り[2]

-酒造見学ツアー参加者募集!-クラウドファンディング風酒米作り便り[2]

編集部も応援している「クラウドファンディング風酒米作り」。いよいよ最終工程、お酒造りの酒蔵見学ができる貴重なツアーの参加者を募集します!


クラウドファンディング風酒米、立派に実りました。

昨年、大嶋農場さんが主催した「クラウドファンディング風酒米づくり」は、酒米「愛山」を田植えから稲刈りまで自分たちで育て、自分だけのお酒を楽しむプロジェクトです。
こちらのまとめ記事で紹介させていただきました。

愛山 クラウドファンディング風 酒米作り=おいしい日本酒をつくる”酒米”まとめ=

http://gohan.life/articles/40#outline33

茨城県にある大嶋農場では「クラウドファンディング風酒米作り」というユニークな米作り企画があります。酒米の「愛山」を自ら育てて、茨城県の磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しめるという体験型のプロジェクトです。

百笑米 大嶋農場 ホームページ

http://www.hyakusyoumai.com/

有機栽培の生産者によるお米の直販サイトです。有機農法でお米を栽培することによって、安全なお米を消費者の皆様へ直接お届けしています。

田植えの様子

クラウドファンディング風酒米作り便り[1] -田植え後の田んぼ-

http://gohan.life/articles/64

gohanも応援している「クラウドファンディング風酒米作り」。酒米の「愛山」を自ら育てて、茨城県の磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しめるという体験型のプロジェクトです。田植え後、順調にすくすく育っている稲の様子が届きました!

酒米「愛山」は立派に実りました。

思わず笑顔に。

育てた酒米がいよいよ日本酒に!酒蔵見学を実施します

いよいよ最終工程。磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しむ企画、お酒造りの酒蔵見学を実施します。

昨年のクラウドファンディング参加者はもちろん、酒蔵見学のみを希望する方もOK。幅広く参加者を募っているそうですよ。
愛山からつくったお酒を味わいたい、クラウドファンディング参加者の声を聞いてみたいという方、ぜひ、お気軽に大嶋農場へお問合せしてくださいね!

磯蔵酒造見学ツアー情報

●日時:2018年3月18日(日)
●場所:磯蔵酒造(現地集合・現地解散)
●HP:http://isokura.jp/home.html
●住所:〒309-1635 茨城県笠間市稲田2281-1
●TEL:0296-74-2002
●アクセス:
電車をご利用の方:JR水戸線稲田駅下車、徒歩3分
お車をご利用の方:北関東道笠間西ICから約10分
:常磐道水戸ICから約20分
※試飲をされる方はお車の運転はご遠慮ください。
●時間:13時現地集合〜15時頃(予定)

お申しこみ・お問合せ先
お問合せは、「3月18日 磯蔵酒造見学ツアー」とお伝えください。
百 笑 米 株式会社 大嶋農場
TEL:0296-57-3774
メール:info@hyakusyoumai.com
HP:http://www.hyakusyoumai.com

磯蔵酒造とは

緑あふれる山々に囲まれた「笠間市」は古くから稲作が盛んでした。
なかでもスサノオノミコトの奥さん「稲田姫」に縁ある「好井」と「御神田」を有する「稲田神社」から名付けられた稲田地区は古くから「稲の郷(里)」と呼ばれ、日本最大の御影石の大地から湧き出る良質の地下水(磯蔵ではこの水を「石透水・せきとうすい」と命名)とともに、酒造りには絶好の地域でした。
その稲田にある当蔵は、石が幾らでもある場所だから磯と名乗り、古くから米作りをしていましたが、その良質の水と米に着目した酒蔵初代「磯 良右衛門」が江戸末期より酒造りを開始、やがて明治時代には「稲の里」から「稲里」を酒名に「磯酒造店」を開業、敷地内、数々の酒蔵、米蔵に因んで屋号「磯蔵」と呼ばれるようになりました。
「稲里」は地元笠間をはじめ茨城県内に“定番の地酒”として広く親しまれています。

磯蔵酒造ホームページ
http://isokura.jp/home.html

この記事のライター

関連する投稿


クラウドファンディング風酒米作り2018 参加者募集中!

クラウドファンディング風酒米作り2018 参加者募集中!

おこめディア編集部も応援している「クラウドファンディング風酒米作り」。酒米の「愛山」を自ら育てて、茨城県の磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しめるという体験型のプロジェクトが、好評につき、2018年も参加者を募集しています!


日本の米の作り手に聞く[1] - 小田原 志村屋米穀店 志村成則さん -

日本の米の作り手に聞く[1] - 小田原 志村屋米穀店 志村成則さん -

自らが生まれ育った小田原で、明治から続く米穀店を盛り立てながら、米作りに取り組む人がいます。 その人の目には、米づくりをめぐる環境や地域のこと、田んぼのこれからはどのように映っているのでしょうか。


【夏のこだわりギフト】日本酒・酒粕・麹で作った大人アイス7選

【夏のこだわりギフト】日本酒・酒粕・麹で作った大人アイス7選

銘柄や素材にこだわったお米を原料としたスイーツが人気です。今回gohanでまとめたのは、オンラインで購入できる日本酒や酒粕、麹を使ったアイスたち。今年の夏ギフトはちょっと大人味のひんやりスイーツはいかがでしょうか。


クラウドファンディング風酒米作り便り[1] -田植え後の田んぼ-

クラウドファンディング風酒米作り便り[1] -田植え後の田んぼ-

gohanも応援している「クラウドファンディング風酒米作り」。酒米の「愛山」を自ら育てて、茨城県の磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しめるという体験型のプロジェクトです。田植え後、順調にすくすく育っている稲の様子が届きました!


おいしい日本酒をつくる”酒米”まとめ

おいしい日本酒をつくる”酒米”まとめ

”酒米”という言葉をご存知ですか?一般的には日本酒の原料として使われているお米のことを酒米と称しています。その中でも、大粒で心白(しんぱく)というお米の中心に白色透明の部分があるお米を「酒造好適米」といい、昔から日本酒造りに適した特別な酒米として好まれています。酒造好適米の品種から美味しい日本酒を選ぶのも楽しいですよ!


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング