お米の起源

お米の起源

日本人が「ごはん」としていただくお米は、ジャポニカ種と呼ばれるイネです。米つぶがずんぐりしており、炊くと美味しい粘りが出るのが特徴。ではこのお米はどこで生まれて、どうやって日本人の口に入るようになったのでしょうか?


日本のお米は輸入品?

日本のお米のルーツは、中国にあるらしい。

アジアで栽培されるイネの原産地は、現在のインド北東部からラオス・中国南部に及ぶ広い範囲とされてきましたが遺伝子研究が進んだ結果、1990年代には中国の長江中・下流(※1)の野生種がルーツであるという学説が有力になりました。
この地域で古代文明発祥の地としても知られており、約7000年前の稲作遺跡も発見されています。

その後さらにゲノム解析が進められ、最近では長江よりも少し南を流れる珠江(※2)中流に生えていた野生種のうち「モミが落ちにくい」「倒れにくい」といった優れた特徴を持つ種が栽培されて、ジャポニカ種の先祖としてアジア各地に広まったのではないかという学説も唱えられています。

稲作の起源とされている地域

イネの世界ではジャポニカ種よりもメジャーな「インディカ種」という品種のご先祖も、この珠江流域まで遡ることができるそうです。(インディカ種というお米はチャーハンなどに合う「パラパラごはん」になる長粒種として知られていますね。)まだ学説は定まっていませんが、日本人が食べているお米のルーツが中国大陸からやってきたということは間違いなさそうです。

  • ※1:日本では下流域を指す揚子江の名でよく知られています。
  • ※2:沿岸に広州や香港のある中国南部の大河で、中国語ではチュー・チアンと読みます。

お米が海を越えるには、数千年もかかった。

では大陸で生まれた日本のお米のご先祖様は、いつごろ、どうやって日本列島まで渡ってきたのでしょうか?

日本で初めて水田跡の残る遺跡として発掘されたのは、静岡県にある有名な登呂遺跡です。弥生時代後期、今から約2000年前の遺跡とされています。その後も各地で水田跡の遺跡発見が続き、現在では遅くとも2400年ぐらい前には日本でも稲作が行われていたと言われています。つまり大陸でジャポニカ種の栽培が始まってから4000~5000年という気が遠くなるほどの時間をかけて、稲作という技術が日本にやって来たのです。

お米が日本にやってきた3つのルート

海を隔てて数千キロの彼方から、イネはどうやって日本列島に上陸したのでしょうか?
記録があるわけではないのでいろいろな推測が成り立ちますが、有力なのは3つのルートです。

3つの有力な説

  1. 大陸から朝鮮半島経由
    中国南部で生まれたジャポニカ種が大陸沿岸を徐々に北上、朝鮮半島から対馬海峡を渡って九州に伝わったという説です。
  2. 長江河口から東シナ海経由
    ジャポニカ種発祥の地とされる長江河口から黒潮に乗って東シナ海を渡り、九州に伝わったという説です。
  3. 「海の道」経由
    中国南部~台湾~沖縄と島伝いに北上して九州に入るルート。民俗学者の柳田国男が提唱した説です。

いずれのルートで来たにせよ、大きな船や馬車もない時代に数千キロの距離にわたって山を越え海を渡ってモミが運ばれ、そのモミから米が収穫できるようになったのは奇跡に近いことだったでしょう。いくつもの奇跡が積み重ねられ、更に先人たちの工夫や苦労が加えられた末に、私たち日本人は今、世界に誇ることのできるおいしい「ごはん」を食べられる幸せに恵まれているのです。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第63回:農産物検査法

【お米クイズ】第63回:農産物検査法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第63回は「農産物検査法」についてです。


自分だけの「マイブランドおにぎり」を作ろう!ごはん屋便 ノベルティおにぎりサービス「マイブランドおにぎり」

自分だけの「マイブランドおにぎり」を作ろう!ごはん屋便 ノベルティおにぎりサービス「マイブランドおにぎり」

炊飯品の宅配サービス「ごはん屋便」では、「ごはん屋便」で提供するおにぎりラベルをカスタマイズするサービスの提供を開始します。おにぎりラベルを小ロット単位で提供できるサービスは業界初の試みです。マイブランドおにぎりは、企業の販促から、ご家族のお祝いの品、町内会やチームノベルティまで幅広く、活用いただけます!


”今までにないパッケージデザイン”と”誰かにプレゼントしたくなるお米”「MIMA RICE」

”今までにないパッケージデザイン”と”誰かにプレゼントしたくなるお米”「MIMA RICE」

愛媛の酒屋「KOUJIYA」が手がける、四万十川上流の三間町で育った「MIMA RICE(みまライス)」。 綺麗な水、豊かな粘土質の土地愛媛県宇和島市三間町で作られた良品質のおいしいお米です。 「こんなにも美味しいお米なのだから沢山の人たちに届けたい」 その想いから地元の農家さんたちの協力を経てMIMA RICEは誕生しました。 ​ ”今までにないパッケージデザイン”と”誰かにプレゼントしたくなるお米”をコンセプトに見た目にも味にも品質にもこだわり抜いています。


田無神社と武蔵野茶房の香ばしい玄米だんごで雨も満喫!【お米縁起散歩(2)】

田無神社と武蔵野茶房の香ばしい玄米だんごで雨も満喫!【お米縁起散歩(2)】

神聖で縁起が良い食べ物「お米」を使った素敵なメニューを、縁起の良い場所にからめて食べてみませんか?第2回は、龍好きの間で圧倒的人気の田無神社へお参りしました。縁起メニューに選んだのは武蔵野茶房本店・玄米団子。今回も実に「いとうまし!」な旅でした。


【お米クイズ】第62回:畔の雑草について

【お米クイズ】第62回:畔の雑草について

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第62回は畔の雑草についてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第63回:農産物検査法

【お米クイズ】第63回:農産物検査法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第63回は「農産物検査法」についてです。


農研機構とイワイが開発した「NARO Style®おむすび弁当」をおむすび権米衛 農林水産省店にて9月24日(火)より限定販売!

農研機構とイワイが開発した「NARO Style®おむすび弁当」をおむすび権米衛 農林水産省店にて9月24日(火)より限定販売!

農研機構と株式会社イワイは共同で開発した、「NARO Style®おむすび弁当」を9月24日(火)から12月13日(金)までの12週間、おむすび権米衛 農林水産省店において1日10食限定で一般販売します!


御即位礼を寿ぐ、令和元年五月朔日上槽の特別限定酒 『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』 10月8日(火)発売

御即位礼を寿ぐ、令和元年五月朔日上槽の特別限定酒 『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』 10月8日(火)発売

株式会社 福光屋より、御即位礼を寿ぎ、新しき御代の常磐の多幸と繁栄を願う祝意奉表の祝酒『玉葉 南殿の桜』『玉葉 南殿の橘』を10月8日(火)から数量限定発売します。


「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯でおにぎり体験

二子玉川 蔦屋家電 1階 食フロアにて、siroca「とくべつなかまどさん電気」で炊いたご飯で好きな具をのせておにぎりをにぎるイベントが11月2日(土)に開催されます。京の米老舗「⼋代⽬儀兵衛」のお米をぜいたくにつかって、炊き立てのご飯のおいしさや、土鍋炊きのふっくらとしたごはんのうまみを感じてみてください!


【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

熱々のおみそ汁が美味しい季節がやってきました。定番の具材もよいですが、ちょっとボリューム感が欲しいときは、お肉をプラスするとリッチになります。今回は、出汁に旨味が出る「鶏肉」と、冬に美味しい「ごぼう」を組み合わせた「鶏ごぼう」のおみそ汁。栄養価が高いので、育ち盛りの子どもさんにもおすすめです。