お米の起源

お米の起源

日本人が「ごはん」としていただくお米は、ジャポニカ種と呼ばれるイネです。米つぶがずんぐりしており、炊くと美味しい粘りが出るのが特徴。ではこのお米はどこで生まれて、どうやって日本人の口に入るようになったのでしょうか?


日本のお米は輸入品?

日本のお米のルーツは、中国にあるらしい。

アジアで栽培されるイネの原産地は、現在のインド北東部からラオス・中国南部に及ぶ広い範囲とされてきましたが遺伝子研究が進んだ結果、1990年代には中国の長江中・下流(※1)の野生種がルーツであるという学説が有力になりました。
この地域で古代文明発祥の地としても知られており、約7000年前の稲作遺跡も発見されています。

その後さらにゲノム解析が進められ、最近では長江よりも少し南を流れる珠江(※2)中流に生えていた野生種のうち「モミが落ちにくい」「倒れにくい」といった優れた特徴を持つ種が栽培されて、ジャポニカ種の先祖としてアジア各地に広まったのではないかという学説も唱えられています。

稲作の起源とされている地域

イネの世界ではジャポニカ種よりもメジャーな「インディカ種」という品種のご先祖も、この珠江流域まで遡ることができるそうです。(インディカ種というお米はチャーハンなどに合う「パラパラごはん」になる長粒種として知られていますね。)まだ学説は定まっていませんが、日本人が食べているお米のルーツが中国大陸からやってきたということは間違いなさそうです。

  • ※1:日本では下流域を指す揚子江の名でよく知られています。
  • ※2:沿岸に広州や香港のある中国南部の大河で、中国語ではチュー・チアンと読みます。

お米が海を越えるには、数千年もかかった。

では大陸で生まれた日本のお米のご先祖様は、いつごろ、どうやって日本列島まで渡ってきたのでしょうか?

日本で初めて水田跡の残る遺跡として発掘されたのは、静岡県にある有名な登呂遺跡です。弥生時代後期、今から約2000年前の遺跡とされています。その後も各地で水田跡の遺跡発見が続き、現在では遅くとも2400年ぐらい前には日本でも稲作が行われていたと言われています。つまり大陸でジャポニカ種の栽培が始まってから4000~5000年という気が遠くなるほどの時間をかけて、稲作という技術が日本にやって来たのです。

お米が日本にやってきた3つのルート

海を隔てて数千キロの彼方から、イネはどうやって日本列島に上陸したのでしょうか?
記録があるわけではないのでいろいろな推測が成り立ちますが、有力なのは3つのルートです。

3つの有力な説

  1. 大陸から朝鮮半島経由
    中国南部で生まれたジャポニカ種が大陸沿岸を徐々に北上、朝鮮半島から対馬海峡を渡って九州に伝わったという説です。
  2. 長江河口から東シナ海経由
    ジャポニカ種発祥の地とされる長江河口から黒潮に乗って東シナ海を渡り、九州に伝わったという説です。
  3. 「海の道」経由
    中国南部~台湾~沖縄と島伝いに北上して九州に入るルート。民俗学者の柳田国男が提唱した説です。

いずれのルートで来たにせよ、大きな船や馬車もない時代に数千キロの距離にわたって山を越え海を渡ってモミが運ばれ、そのモミから米が収穫できるようになったのは奇跡に近いことだったでしょう。いくつもの奇跡が積み重ねられ、更に先人たちの工夫や苦労が加えられた末に、私たち日本人は今、世界に誇ることのできるおいしい「ごはん」を食べられる幸せに恵まれているのです。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

【お米クイズ】第31回:収穫後に使う器具の変遷

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第31回は収穫後に使う器具の変遷についてです。


【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

【お米クイズ】第30回:品種によって異なる栽培地域とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第30回は産地と品種についてです。


【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

【お米クイズ】第29回:お米の価格の決め方は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第29回はお米の価格についてです。


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング